スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

あたらしい相棒プロトレックPRW-7000

時計を買った。プロトレックPRW-7000。
いまさらながら気づいたのだけれど家には時計がゴロゴロある。といっても高級品ではなくチープカシオの類いの時計だ。いやチープカシオ、デザインもそこそこいいしなにより実用的だ。時間をを知るといった時計本来の目的には十分だといえる。
スマートウォッチも2本ある。pebbleとzenWatch。まぁ使っているとそれなりに便利ではある。いろいろな機能もあるし、アプリを入れることによってさらに新しい機能を取り入れることができる。ランニングアプリを入れればランニング用GPSウォッチの真似事のようなこともできる。けれどやはり専用ウォッチにはかなわない。だからSNSの通知が手元で確認できることが最大の魅力なのかもしれない。でもとにかくスマートウォッチはバッテリーに依存しすぎるのが欠点だ。あとモデルサイクルがはやく陳腐化がひどい。 ランニング用GPSウォッチも現役として稼働しているものが2本ある。エプソンのMZ-500とSUUNTOのAMBIT2。もっともこの2本はランニング用というよりは用途としてはトレッキング、トレランをメインに作られた商品のようだ。どちらも気温、標高、気圧、方位を測定することができ、稼働時間も40時間を超える長時間仕様が可能だ。ちなみにANBIT2が50時間稼働、M-500が46時間稼働を謳っている。もともとは250km程度の超ウルトラでの制限時間いっぱいスタミナが持つGPSウォッチを、と購入したものだけれど最近はトレイルに興味が出てきたのでこれらの時計は今のボクの用途にはピッタリだといえる。
でもプロトレックPRW-7000を買った。
プロトレックはご存じのとおりカシオが制作するトレッキング用の時計だ。G-SHOCKを生み出したカシオがその堅牢な作りの上にトレッキングに必要な各センサーを組み込んだシリーズとなる。気温、標高、気圧、方位は当然測ることができるがGPSを使用したログ録りはできない。まぁそんな機能はわりとどうでもいい。欲しかったのは別の理由だ。
同じ時間をともに刻む自分の分身のような、相棒のようなそんなモノが欲しかったのだ。
たとえば手帳に日々あったことを書き綴ったり、何処かに言ったときの写真を貼り付けたりする感覚…日々を過ごした思い出の台紙となるそんな時計が欲しかった。仕事のときもオフのときも、トレイルを走りに行っても…
最近の投稿

PRO TREK smartを1ヶ月間使ってみた感想

カシオ様からPRO TREK smartをお借りすることができたので、約1ヶ月間使用してみました。PRO TREK smart、どういった特徴があるのかちょっとわかりづらいかもしれません。この時計はいわゆるスマートウォッチとよばれるジャンルの製品で、Apple watchのような時計だと思ってください。Apple watchはAppleの製品でiphoneとの連携でしか使えませんが、PRO TREK smartはgoogleのandroid wearというOSを使っていてandroidスマホともiPhoneとも連携できるのが特徴です。

以前のandroid wearを搭載したスマートウォッチはなにをするにも母艦となるスマホとbluetoothでつながっている必要があったのですが、今回PRO TREK smartに採用されている最新のandroid wear2.0では、母艦と連携していなくても単体で使うことができる機能もあり、なかでも注目はGPS測位による計測です。 android wearのスマートウォッチは各社から発売されていて、いろいろ特徴のある時計がラインアップされていますがカシオから発売されたこのPRO TREK smartは同社のヘビーデューティな「山」用のPRO TREKシリーズを一員となっておりPRO TREKらしく堅牢さや、「山」やアウトドアで使える機能を多く盛り込んでいるのが特徴です。もちろんGPS測位を利用した魅力的な機能も盛り込まれています。PRO TREK smartに標準搭載されているアプリ「アクティビティ」ではトレッキング、フィッシング、サイクリング、パドル、スノーなど、各スポーツのでの行動中の測位をしてくれます。各スポーツのモードでの画面表示も大変見やすく美しく作り込まれています。アプリの設定もいろいろな項目があり、お借りしている期間にすべてをためてしてみることはできませんでした。ボクが主に使用したのはトレッキングの計測です。さっと使っただけなので機能としてすべてを見たわけではありませんが、測位終了後のログの取り出し方法がわかりませんでした。計測終了後、スマホとつながると同時に専用サイトにログがアップロードされるような機能があればとても便利だと思います。それがちょっと残念。あともう一点惜しいところでいえば、トレッキングもサイクリングもあ…

意外と体重が増えてなかった、というお話

龍馬脱藩の道で無残なぐらい足裏に肉刺をつくり、土佐乃国横断遠足でまたまた肉刺で足裏の皮を広範囲に剥き、さらに爪を2枚持っていかれる。上勝遠足で膝を痛めまともに歩けなくなる。

土佐乃国横断遠足完踏…超ウルトラを走るということ

今年の土佐乃国横断遠足が終わりました。たのしい時間だったといえばいいのか、くるしい時間だったといえばいいのか…超ウルトラを走るという体験をどう伝えればうまく伝わるのだろう。

土佐乃国、とにかくゆっくり大作戦

今回の土佐乃国、すこしアプローチを変えてみようと思う。今回はゆっくり行く、と決めた。もちろんそれにかわりはない。その上ですこし時間について考えてみたいと思う。

いよいよ今週は土佐乃国横断遠足

さぁそろそろ今年も土佐乃国横断遠足。今週の金曜日にスタート。目下の心配のタネは右膝裏の痛み。GWに行った龍馬脱藩のときに傷めて、まだ治ってない。これといった対策もないので金曜日の本番まではノーランで足を休めることにする。

いよいよ明日、龍馬脱藩の道を走ります。

明日いよいよ、龍馬脱藩の道を走ります。全行程166km。ブログの記事を振り返ってみてみると、このコースを走りたいと最初に考えたのは2011年5月でした。いろいろな環境が整わずスタートまでにずいぶんと長い時間かかってしまったけれど、6年越しの夢の道存分に味わってきます。