スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

土佐乃国横断遠足に出場するボクの6つの不安

今年。ひさびさに走ったフルマラソン2本はどちらも後半売り切れの撃沈レース。なのになにも振り返らず前向きな努力もせず、今までどおりのゆる~い生活を送っている。
最近の投稿

リカバリージョグではなくリカバリースイム

昨日の「浮腫」の話の続きです。

むくみの原因が血行不良ならば、下肢にたまった血液をしっかりと流してやればいいはずです。

血行不良は血液の流れが悪い状態ですからまずは流れやすい状態を作ってあげることが大切です。

いわゆる象足…足のむくみの原因

よく超長距離ランをしたあとに足が浮腫…いわゆる象足になる方がいます。ボクは今まで
超長距離を走っても象足になったことはなかったのですが、先日トレイルを走ったよくじつにふくらはぎがパンパンに固くなりました。

食べることと走ることについてボクの思うこと

食べることと運動すること(走ること)はとても似ている、と思う。

食べすぎることも食べなさすぎることもカラダによくない。それと同じように運動しすぎることも運動をしなさすぎることもカラダにはよくない。勝手なイメージ付けなのだけれどボクはこんな風にとらえている。

インターバル走についての考察

インターバル走について考えてみます。

・乳酸性作業閾値向上
・最大酸素摂取量向上
・ランニングエコノミー向上

マラソン走力向上のポイントとなるこの3つの要素のうちインターバル走の目的は一般的に「最大酸素摂取量向上」といわれています。では最大酸素摂取量って身体のどの部分を強化しどんな能力を引き上げたら向上するんでしょう? これはボクの想像なので間違っているかもしれません。ですがこう考えるとインターバル走の効果について納得できたので、あえてボクの解釈をここに書いてみます。

とくしまマラソンまでの5週間でボクが取り組む練習について

高知龍馬マラソン、3.5hでした。タイム的には予定どおりです。ただ途中失速もありけっしてイーブンペースではしれたわけではありません。その失速の分析と今後の対策を考えてみることにしました。龍馬で失速したのは27km付近からでしたが、自分なりに考えた原因は筋持久力不足と補給の失敗です。

ママチャリツーリングのすすめ

ママチャリツーリングがアツいです。
先月ママチャリでアワイチ…自称ママイチをやり、先週ママチャリで鳴門一周…自称ナルイチをやりました。ママチャリ、たのしーです。
一応自転車はロードとミニベロももっているんですが、それらよりもママチャリでツーリングに出かけた時がいちばんワクワクできました。なぜママチャリがたのしいか、そのあたりをジブンなりに分析してみたいと思います。