スキップしてメイン コンテンツに移動

娘のタイムにびっくり

小学5年生の娘が駅伝大会に出るというので(別に陸上部とかなんとかスポーツクラブとかそんなたいそうなものに入っているわけではない)、放課後に学校のグランドでちょこちょこ練習をしている(らしい)。

聞いているとわりと本格的な練習のようで(とはいってもナニが本格的なのかは素人の僕にはわからんが)、シャトルランだのインターバルだの、その他聞いたこともないような練習とか、とにかくいろいろやっているのだ。

そんなワケで親が(タイムが伸びないのをシューズのせいにして)金に糸目をつけず(ずいぶん金持ちっぽく聞こえて恐縮だが、もちろん金はない)シューズを買いあさっているのを横目で見ている娘は、スカイセンサーなんぞが欲しいなどとのたまわってたりする。親もバカだから走るという共通の趣味というか価値観を共有できているうれしさから、つい甘やかしでスカイセンサーを買い与えてしまった。(たまたまそれまでのシューズに穴が開いてしまったというのもあるのだが)

ま、スカイセンサーは軽いことは軽いのだが所詮小学生がグランドをチョロチョロ回るくらいならオーバースペック...というか必要ないだろうと思ってた。駅伝で走るといっても最長でも2km程度のようだし、それならばいっそ勝負靴にソーティでも買った方がよっぽどマシじゃないかと妄想してみたり...。いずれにせよ所詮小学生の走力、どんだけすごいシューズを履こうがスピード自体たいしたことないのでナニを履いても一緒だろうとナメていた。

そしたら...

昨日のタイム測定があったようなのでタイムを聞いてみると1.2kmを、5'08" 4'17"/kmで走ったらしい。4'17"/kmといえばいやしくもほぼサブスリーペース!じゃないか!

これには正直驚いた。うかうかしてると小五の女の子に負けそうである。ちなみに6年生の男の子でイチバン速い子は4'07"で1.2kmを走るそうだ。 つまり3'26"/kmということになる。

うーん、これでタイムで負けたら「速くないのにシューズがもったいない」なんていわれかねない。戦々恐々だな。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。