スキップしてメイン コンテンツに移動

ピッチとストライド

秋頃まではピッチを上げることによってスピードアップを図ろうとしていて少ないときで180程度、多いときには195あたりまでピッチを上げて走っていた。ピッチ走法で走ろうと思った理由はピッチを数多く刻むことによって一歩一歩の歩幅が小さくなり、その結果カラダの上下動が減って無駄のない走りが出来るだろうと考えたからだ。

走るという行為は結局のところ、一定の重量物(つまり身体だ)を目的の場所まで運ぶ行為なわけで、そう考えると、いたずらに上下動を繰り返して重量物を持ち上げる行為が増えてしまいその分余分に力が必要になってしまうこと、また、上下動を繰り返すよりは一直線に目的地まで進んだほうがトータルの移動距離が少なくなること、そう考えると出来るだけ身体を水平に運ぶことが効率のよい走り方だと考えたからだ。

でもこの走り方には欠点があって(あくまでもボクの場合だが)、どうしてもちょこちょこと走ってしまうのでストライドが伸びないこと、また重心が余り前にいかないので尻を使って走ることが出来ず、結果ふくらはぎなどの小さい筋肉の仕事量が増えてしまうこと、これらの問題によってスピードアップ(つまりタイム短縮だ)がしづらいことがボクの感じるピッチ走法の欠点というかジレンマだ。

このあたりを疑問に思っていたので最近ではストライド量を出来るだけ大きくして走るように心掛けている。目標は身長の80%である140cmのストライドを確保しつつピッチを上げていくことだが、両方を求めるとボクの心臓はあっという間に悲鳴を上げてしまうので、とりあえずは170bpmあたりを目安にバランスをとってみようかと思う。

とりあえずハーフ90分切りのイメージでペース配分したものをメモしておく。もちろんあくまでも机上の空論だ。(^_^;)

~1km 170bpm 130cm 4'31"/km 4'31"
~2km 170bpm 135cm 4'21"/km 8'52"
~3km 170bpm 135cm 4'21"/km 13'13"
~4.1km 170bpm 135cm 4'21"/km 18'00"
~7.3km 170bpm 135cm 4'21"/km 31'55"
~中間点 170bpm 140cm 4'21"/km 45'34"
~14.6km 170bpm 140cm 4'21"/km 62'34"
~17km 172bpm 140cm 4'09"/km 72'31"
~GOAL 172bpm 140cm 4'09"/km 89'31"

とまぁ、こんな感じでハーフ90分切りをすることが当面の目標だ。できれば1/10あたりまでに狙ってみたいと思う。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。