スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2009の投稿を表示しています

いよいよ明日は丸亀ハーフ

はじめて出場したマラソン大会、それが去年の丸亀ハーフ。いままで何度かハーフマラソンの大会にも出場したけれど同じ大会を走るのは明日の丸亀が初となる。この1年間で自分がどれだけ成長したか同じコースを走ることによって試すことが出来るので楽しみな半面、あんまりタイムが変わらなかったらテンション下がりまくるわなー、なんて弱気のムシがでたり。
去年のタイムがたしか1時間48分台、そして去年のハーフマラソンの自己ベストが1時間38分、さらに自己計測で行ったハーフ走でのタイムが1時間31分。目標として自己新でかつ1時間30分切りというのはあるにはあるのだが、腰の状態や丸亀の参加者数の多さ(混雑ぶり)などを考えると、とりあえず公式の自己ベスト1時間38分を更新して1時間35分くらいが妥当な目標なのかもしれない。
まぁ、混雑ぐあいとその日の体調次第でそのあたりは当日次第ということで。
体調はというと、一昨日の14kmRUNの筋肉痛が出てだるい状態。ちょっと1日走っただけで筋肉痛とは情けない限りではあるが、これは走り込みをしてこなかった自分が悪い。あと腰痛は若干痛みが和らいできた。走っているぶんには気にならないだろう。
気になっているのは足底の痛み。秋口からずっとある痛みだが一時ゲルカヤノで走っていた時期は治まっていたがMR966で走り出してからまた痛みがぶり返している感じがする。以前痛めたときは朝起きてベッドから立ち上がったときに痛みがでるという足底筋膜炎そのものの症状だったが、今は朝はそれほど痛まないが日常の歩行時にチクチクとたまに痛むかんじ。それほどひどい痛みはないのだけれど距離を走れば痛みだすかもしれない。MR966、とても走りやすくて気に入っているのだけど足底の緩和にはあまり効果がないのかもしれない。
明日はたぶんターサーで出陣の予定。

ゲルカヤノ14

娘のゲルカヤノを購入した。これが娘とはスカイセンサー、ゲルカヤノ14と2足お揃いになった。でも下駄箱はランシューズばっかり。

ゆったり14km

丸亀ハーフ前の最後のRUNになるかもしれないのでちょっと長めに14kmを走ってきた。ペースは6'00"/km前後とゆったり。
この日は一緒に丸亀ハーフに出場する妻と二人でRUN.彼女は夏の神鍋以来10km以上の距離を走ってないので脚慣らしの意味も含めて長めのRUNにした。距離を走ることでどこかが痛くなったりすることはなかったようだが、10kmを過ぎたあたりからペースがガクッと落ちてきて7'00"/km台近くのペースになってしまっていた。まぁ、走り込み不足だから仕方あるまい。本人もそのあたりはよくわかっていて丸亀でのゴールタイムを2時間半あたりに設定しているようだ。
今朝起きると少しだけ脚が重かった。自分も走り込み不足だな、これは。さてさて丸亀の目標タイムをどのくらいに設定しようか?

今日は腰がちょっとだけマシ

昨夜、湯たんぽに靴下と下半身を冷やさないようにしてベッドに潜り込んだのだが朝起きると起きっぱなからやっぱり腰が痛む。ちょっと失望感があったのだが、1時間ほどすると痛みが楽になってきて今は座っていても歩いていても不思議と痛みがない。たまたまかもしれないが痛みのないのはありがたい。結果のでた方法は継続するべきなので今夜も湯たんぽ&靴下で寝てみることにする。
さてちょっと長めの距離を走るならば今日あたりがラストチャンス。夜はゆったりペースで14、5kmほど走ることにしよう。

鍼治療

昨日、再び鍼治療に行ってきた。
前回とは別の鍼灸院にいったのだが、ここがとても丁寧で好印象。初回ということもあって問診と鍼の説明だけで40分ほどかけて行ってくれた。

そのご触診をしてから鍼、灸をする場所を決めていくのだけれど、診てもらったところ下半身全体にに張りが強くあるとのこと。あと体が固い、と。

腰痛の症状自体は急性期を過ぎて慢性期のステージに入っているので、患部に直接深く鍼を刺して痛みを緩和するような処置ではなく、腰痛の原因となっているその他の部位、下半身の張りをとっていくように周辺の筋肉へ鍼を打っていくとのこと。

鍼を打つことによって副交感神経を刺激して筋肉の緊張を弱めるらしいのだが、なぜ鍼を打つことによって交感神経でなく副交感神経のほうに作用するのかはイマイチわからんかった。

肝心の効果はというと・・・急性期の治療のように痛みを緩和させる鍼ではないこともあり、はっきり自覚できるほど軽快するということはない。正直あまりわからない。

ただ、下半身の張りや固さが腰痛の原因となっているという所見は自分自身の所見と一致するので、副交感神経云々はともかく、まずは筋肉の緊張を解いてストレッチで柔軟性を取り戻すという方向性は確認できたのでよしとしよう。

丸亀ハーフに向けて、本来ならば昨日今日の遅番の間にある程度追い込んだロングを1回こなしておきたかったのだけれど、腰の状態のこともあるのでRUNは見送った。はじめてマラソン大会に出場下野が去年の丸亀ハーフ。ちょうど1年で思い入れもあるし、去年から自分がどれだけ成長したか試してもみたかったけれど、カラダの状態を考えれば今回はあまり焦らずに楽しむ気持ちで走るのがよいかもしれない。

あまり自分に過大な期待はせずに走ることにしよう。

最低最悪な調子

昨夜、丸亀に向けて最終チェックのつもりでハーフを実走してみようと走ってみたがこれが最悪。これでは目標タイムを設定するどころか、完走すら危うい感じ。

具体的になにが最悪なのかというと・・・

まずペースコントロールができない。

心拍をうまくコントロールして走ることができず、どうしてもHR160代後半から170まで上がってしまう。そのため最近では5kmどころか3kmくらいでたまらず歩いてしまうようになってしまった。

原因は走り方を変えたこと。12月くらいから大きな筋肉・・・つまり尻の筋肉を使って走るようにフォームを変えてみたのだけれど、このフォームのせいで自分のペースというものが全くわからなくなってしまった。今のフォームが理にかなっているのか(つまりストライド走法として正しいフォームなのか)は自分でわからないのだけれど、このフォームにしてふくらはぎの筋肉が疲れることはなくなったし、実際尻で押し出している感じはある。筋疲労を感じることはないので自分としてはこのフォームで固めていきたいと思っていたのだが、ストライドが大きい分どうしてもピッチ数が落ちてしまう。ピッチを上げて走ればいいわけだし、筋疲労もそれほどないわけだから筋力としてはまだまだあげられるハズだが心肺がついてこない。脚はまだまだイケるといっているのに心肺がついてこないのだ。この筋力と心肺の限界のズレがペースをわからなくしてしまっている感じ。体が軽く前に出て行くからそれに併せて走っているとあっというまにスタミナが切れてしまうというパターンを繰り返し、走るたびに3km付近でつぶれてしまっているのだ。

これに加えて走り込み不足もある。

12月、1月は仕事や所用で時間がとれず結局月間150km程度しか走れてない。しかもロングで走ってなくペースも家族で走った利が多くて追い込んだ走りはできてない。本当はHR160あたりで90分間程度のRUNを数多くこなすべきなのだが、この2ヶ月間は上記のとおりバーッと走ってツブれるか、家族でJOGするかの両極端で実のある走り込みができていない。

以前の走り方に戻そうにも走り方を忘れてしまった。

昨日の夜走ったときにさすがにこのままで丸亀ハーフはまずいと思い、以前の走り方に戻そうと試みたがすっかりきれいさっぱり忘れてしまっていた。ホント、どうやって走っていたんだろう?

以前はピッチで走っていたはずで、それをちょ…

散策ジョグ

今日は日中の外気温が5℃くらい。とても寒い一日だった。午前中に手早く用事を済ませ、午後一番で娘のシューズを買いに行った。

最近走ると足底、拇指球、膝まわりに若干痛みが出たりすることがあるらしく、学校の駅伝練習も休みがちなので、ちょっと過保護すぎるかと思いつつも、クッションのよいシューズを練習のときや、足の痛むときの普段履きに使えるように一足買い与えてもいいかなと思ったのだ。

自分がRUNに興味がなかったらこのくらいのことでランニングシューズなんか買ってあげたりはしないと思うのだが、自分自身が走ってひととおり足の痛みも経験し、シューズもいろいろ試してみたりしているのでシューズ購入に対する理解?というか財布のひもが緩いワケだ。

今回のお目当てはゲルカヤノ。ゲルカヤノ15がでたので一つ前の型、ゲルカヤノ14が割引されているのでちょうどよいかなと思って足を合わせに行った。GT-2130もあったのだがムスメ的には足入れ感がゲルカヤノのほうがよかったみたいでゲルカヤノを希望。ほかにもアディダスやニューバランスも一応足入れはしてみたのだがムスメはアシックス派なのでほかのメーカーは眼中になし。そんなワケでゲルカヤノに決定したのだが販売価格がネットの方が2000円ほど安いようなので、結局足入れだけして帰ってきてしまった。イヤらしい客だ。

帰ってきてネットでシューズをオーダーしてから、親子3人でご近所を散策ジョグにでかけた。寒かったのでしっかり厚着をしていったのだが、着ぶくれて動きづらく6'30"/kmペースぐらいでダラダラと11kmほど走ってきた。

そろそろ丸亀ハーフに向けてちょっと体に刺激を入れておきたいところでもあったのだが、いっこうに治らない腰痛と、この寒さのせいで今日はペースアップは一切なし。

明日は、雨さえ降らなければ本番の90%程度のペースでできるだけハーフに近い距離を踏む予定。最近ずっとゆったりペースで走ってばっかりだったので、途中でちょっとペースを上げて追い込んで走ったりもしとかないと。

明日は腰の痛みが和らいでいますように。

右肩下がり

10月 279.51km
11月 209.59km
12月 154.30km
01月 115.48km

ケチ臭いことを言えば今月は8.2kmの記録漏れがあるのだが、それにしても見事に右肩下がりな走行距離である。当初の計画では2月の丸亀、海部にむけて月間300kmを走り込もうと勢い込んでいたのだが、計画倒れとはよくいったものだ。

あと丸亀ハーフまでわずか9日間。直前の3日間はある程度距離を押さえて足を休めたいので走り込めるのは残り6日。天気次第だがせめて180kmは越えておきたい。

今日は風速11mを超える強風。外気温も2℃だったので体感温度はかなり低かった。それでもニューバランスジャパンから届いた交換のMR966で試し走りがしたくって約20kmのRUN。ペースは5'00"/kmと上がらなかったがけっこう気持ちよく走れた。

体重が増えた

丸亀に向けて減量をするつもりが逆に体重が増えてしまった。64kgから65.8kg。正月から食うばっかりで走ってないもんなー。せめて64kgには戻して丸亀をむかえんと。(-_-;)先日ニューバランスジャパンに送ったMR966だが商品を交換送付してもらえるとのこと。今日あたり届くだろうからそれを履いてハーフぐらい走ってみるか。減量目的で。(^_^;)

丸亀ハーフのナンバー

昨日、丸亀ハーフの参加証が届きました。ナンバーはキリがよく3300番!
いやー、いいタイムで走れそうな気がするな。

苦手の朝RUN

遅番出勤の日には珍しく7:30に起きたので8:30から走ってきた。

腰に不安があるので20分ほどストレッチをしてから走り始めたのだがやはり体が重い。朝走ったときに体が重く感じるのは睡眠不足や体の使いすぎで疲れがとれてないのが原因だと思っていたのだが、昨日一昨日の状況を考えるに原因になりそうな事が思い浮かばない。

となれば、この朝RUNの体の重さは披露以外のところに原因があると考えなければならない。で、思いつくのが起床から運動開始までの時間が短くからだが活動モードに入ってないのが原因ではないだろうかということ。

とすれば、HR130くらいに押さえて走り出し、3~4km走って体が温まって動くようになってきてからペースを上げるようにいけるのかもしれない。僕はどうにもペースを押さえるのが苦手で走り始めてすぐにHR150オーバーまでもっていってしまうクセがある。朝RUNに限らず走り始めは少し抑えめで毛細血管が拡張してからペースアップがセオリーなんだろうが、なかなかできないんだな、これが。

ただ朝RUN時の「体の動かなさ」は格別なので次回朝RUN時にはしっかり押さえて走ってみようと思う。

問題は丸亀ハーフ。大会の日に朝が苦手とかいってられないから、そのぶん早起きして早く体を活動状態に持っていくしかないか。

せめて今月150kmは越えたい.

昨日は普段より1時間ほど早く仕事を終わる事ができたので、RUN仲間にメールして一緒に夕方走る事にした。コースは彼のホームコース。17km強を5'00"/kmペースでゆったりと話をしながらJOG。最近は4kmも走れば一休みして歩いてしまう事が多かった、というか走る機会自体も少なかったので最後まで走り通せるか不安だったけれど、一緒に走る仲間がいたおかげでなんとか最後まで走りきることができた。最近の走り込み量では丸亀ハーフを乾燥することが出きるかどうかすら不安だったので、17km強を走りきれたのは大きな収穫だった。

走り終えた時間が早かったので、あとでもう一度妻と8.2kmのジョグに出かけようかなぞと思いもしたのだけれど、走り終わって1時間も経つとだんだんと足腰が重くなってきて筋肉痛もしっかり出てきたので2本目は取りやめ。走り込んでないときに欲張ったらいかんね。

本日は朝8.2kmだけジョグ。こちらはNike+の履歴を誤って消してしまったので距離は積算されず。ま、走ったことは事実だからよし。

温湿布とコルセット

土曜日の夜、新年会があって長い時間(8時間)、板間に姿勢悪く座ってたものだからよけいに腰が痛くなってしまった。日曜日はどうにも腰が落ち着かなくってとうとう朝から温湿布とコルセットの世話になるハメに。

腰痛に陥った状況、原罪の症状から察するにたぶん筋拘縮を原因とする筋筋膜性腰痛なのではないかと思う。すでに腰痛の発生、つまり原因となった事があった日より1カ月ほど経っているのでひどい炎症とかはないはずだ。そうすると筋拘縮あたりが原因としか考えられない。

温湿布だけでは筋拘縮が治まるとは思えないがとりあえずは温めて筋肉をほぐれやすくしておこう。あとはコルセットで固定することでよぶんな負荷を患部にかけないこと。さらにこわばりを鍼で刺激してほぐしてもらい、さらにストレッチでしっかり伸ばしていく・・・とりあえずこんな方法しか思いつかないが、あまり間違ってはいないんじゃないだろうか。

大腰筋をほぐすんであれば、RUNは問題ないハズだな。
今日は走ってみよう。

心配の種がとりあえず解決

昨夜、走りに出かけようといつものようにMR966を履こうとしたら、なんとシューレス(という呼び方でよかったのかどうか)部分が大きく拡がって変形している。この部分はニューバランスのマークを兼ねていて、紐の通し部分がそのままマークを形成しシューズ内部でなんらかの方法で止めてあるのだが、ジツはシューズ購入時よりちょっと強度的に心配ではあった。こんな言い方はあとだしジャンケンみたいでイヤラシイけれど。

で、その心配していた部分が昨日履こうと思ったときに見たら外れていた。うーん・・・いくらなんでも弱すぎないかい?まだ10回履いたかどうかなのに。

さすがに諦めてしまうのには惜しいので、本日ニューバランスのお客様相談室に電話してみた。とりあえず現物を着払いで送ってくださいとのことだったので、おそらく修理か交換で対応いただけるんじゃないかと期待している。ちなみにニューバランスの対応はとてもよかった。さすがだ。

これともう一点、心配していたのが「丸亀ハーフ」の参加証というかハガキが来ないので、ひょっとしたらなんらかの郵便トラブルじゃないかと思ってこちらも事務局に電話してみた。だってブログを見ていたらみんなずいぶん前にハガキが届いているようだったので。

こちらはハガキ送付が期分けされているようで、12月受付分は1月16日発送となるらしい。申し込みをしたのが12月7日だったので、あと2、3日もすれば届くようなのでこちらも一安心。

鍼に行ってきた

腰痛が一向に直る気配がないので、昨日鍼を打ってもらいに行ってきた。ちなみに鍼は初体験。はじめての鍼はおっかなびっくりだったが、患部に直接グッグッと鍼が触れる感覚はなかなか新鮮。直接刺激することによって、血流をよくしたりこわばりをほぐしたりするんだと思うがけっこう効果があるんじゃなかろうか、と思った。ただ肝心の効果は、残念ながら昨日の今日ではまだ感じられない。あいかわらず今日も痛い。

ところで昨夜は鍼を打ったので(気分的に走れそうな気がして)ちょっと走ってみた。自分で12km、妻と8km。ペースは自分で走ったときが4'30"/km前後、妻とは6'20"/km前後。ひさしぶりに距離を踏んだので体力的にはいっぱいいっぱい。こんな調子で丸亀ハーフを走れるのかいささか心配になってしまった。

MR966はなかなかよい

最近ずっと履いているMR966だが、なかなか調子がよい。

最初は違和感を感じた踵部のクッションの感覚にもなれてきて今ではほどよい柔らかさに感じる。写真に写っているのは自分のMR966と妻のWR966(こんな名前だったかな?)。 彼女も靴で悩んでいた方だが、今のところ特に違和感なく履けているようだ。

ちなみに彼女の今までのトラブルというと、ワイズがあってないせいか小指と親指の外側部分(つまりシューズに触れる側)が擦れてマメができる。彼女はワイズが細いのでシューズ内で足が動いてしまって擦れるようだ。

そのほかには、親指と人差し指の爪がシューズの前に詰んでしまって爪が死んでしまう。これもいまのところ問題ないようだ。彼女は左右の足のサイズが若干違うことと、サイズが22.5cmくらいなので選べる靴が少ないこと、こういったことが原因でなかなかフィットしたシューズが見つからないらしい。なんにせよ今のところWR966はノントラブルのようなのでけっこうなことだ。

この写真で撮った2足のニューバランス、フラッシュに反射してシューズ前後の反射板が光っている。これだけ光ってくれると夜道も安心かもしれない。

ところでランニングシューズだが・・・トラブルを抱えるたびにシューズを購入して試してしまうものだから下駄箱の中はランニングシューズだらけになってしまった。僕は6足、妻は4足、娘が2足・・・。普通の下駄箱は開けると革靴とかが入ってそうなものだが、うちの下駄箱を開けるとアシックスとアディダス、ミズノばかりで笑ってしまう。

シューズコレクションが趣味なのかもしれない。



サボり気味

新年になって走ったのは1/4 と1/5と今日。つまりたったの3日だ。
そしてどれも通しで走ったわけでなく途中で歩いたり休んだりとかなりいいかげん。

走り込めない理由は、年末からずっと続いている腰痛のせいで気力が減退しているのが理由の一つ。なんせここまで長い間痛みが続いたことがなかったので、このままだと一生ずっと痛いんじゃないかと思ってしまったり。・・・鬱だ。

あと、新年に入っての気ぜわしさ。
一気に冷え込んだ景気のせいで(といってもその前までよかったわけじゃないが、いっそう悪くなってしまったという意味で、だ)サラリーマンとしては業績維持のために身を粉にして神経をすり減らしつつ働かざるを得ない環境に拍車がかかってしまった。忙しいというか、気が休まらずに落ち着かないような感じ。これも気力が萎えてしまう原因だな。

あともろもろの所用が重なって結果としてラントレをする環境を用意できないのが現状。本来ならば今月は2月のハーフ、フルでのベスト更新を目標に走り込みたい時期ではあるのだが致し方ない。

そんなわけで今はラントレではなく、まったりと家族3人で軽くジョグをしている。確かに記録更新は目標であり励みではあるのだけれど、「走る」のは本業ではなくあくまでも趣味?なのだから、体を痛めているときにムリをしたり、仕事が忙しければ二の次になってしまうのはアタリマエ。

今はムリをする時じゃないってことだな。
丸亀ハーフまでに時間がとれれば一度ハーフのタイム取りをしてみて、結果が悪ければ当日はファンレースにすることにしよう。

初詣で、

ミニだるまを買った。七転び八起きで頑張るぞー!

年末年始

今日になってやっと初走りをしてきた。年末年始はバタバタと忙しく、また腰痛があってとても走るどころじゃなかった。腰痛のほうは、ぎっくり腰とかではないんだけれど立っているとどうにも痛い。同じ姿勢で居ると痛くなるし動き始めのときにも痛い。もともと腰痛持ちではなかったのだが、2年前の正月に60kgくらいの石臼を一人で3階までの階段を何度も運び上げ下ろしをしてしまったときから傷めてしまったのだ。今では30kg程度のちょいと重たいものを運んだりするとその腰痛がぶり返してくるようになってしまった。

今回の腰痛はけっこうしつこいようで、12月下旬になって以来いまだ一向に収まる気配がない。実は今も結構痛くてホントはやる気モードが減退中なのだが、今日は妻の靴おろしもあったので家族3人でちょいと初走りをしてみることにしてみた。

距離はいつもの8.2kmコース。この距離を僕と娘と妻の3人で仲良くジョグ。妻は最近めっきり走ってないのでスピード的にはキツイのでなるべくゆったりペースで行くことにする。途中吉野川大橋上の1156m部分だけタイムを計測することにする。娘が今学校の駅伝練習でやっているタイム計測が1.2kmなのでこの橋部分の距離が近く模擬タイムトライアルにぴったりなのだ。

現在の娘の1.2kmの記録は5'08"。それよりもちょっと早いペースでひっぱってあげるからなんて父の威厳を見せつつえらそーな事をいいながらスタート。

スタートから200mくらいまでは後方10mに妻、娘ともについてきていたがそのあたりで早々に妻が脱落。その後娘も徐々に離されていくもけっこう粘ってついてくる。

1156mのタイムは

僕 4'27" 3'51"/km
娘 4'50" 4''11"/km

娘のタイムは1.2kmに換算すると5'01"で走れるペースでした。いやぁ、けっこう手強い。よくよく考えたら8.2kmのジョグをこなせるってこともけっこうスゴいのかもしれない。自分が小学5年生のときにその距離を走った事なんかなかったもんなぁ。