スキップしてメイン コンテンツに移動

キロ5分で8時間20分といっても・・・

さてウルトラのゴール目標タイムを単純にキロ5分ペースで8時間20分といっても、いかんせん8時間20分なのだ。この間、エイドも利用すればトイレも行きたくなる。さらに山越えだって何カ所もある。
それを考えるととうていキロ5分ペースではこのタイムで帰ってくることはおぼつかないのは間違いない。
たとえば、全28カ所のエイド&レストのうち、
すべてのエイド 21カ所で 水分補給&塩&糖分補給などを行うとして
21カ所 × 20秒 = 420秒 = 7分
さらにレスト7カ所でトイレや食事休憩で平均2分とったとして
7カ所 ×2分 = 14分
と合計で20分強を使ってしまう計算。
さらに山区間。
5kmで150mの登りが2カ所、10kmで400m超の登りが1カ所。
この区間をキロ5分ペースより大幅に落ち込んでキロ8分程度のペースになったとして
両登りの合計20kmで160分かかることになり、
キロ5分のペースで走った場合より60分多く時間がかかってしまう。
先ほどのエイド&レストのロス20分と合計するとあわせて80分のロス。
8時間20分でゴールしようと思えば、この80分のロスをあらかじめ考慮して7時間で100kmを走らなければいけない計算となる。
つまり、
7時間(25200秒) ÷ 100km = 252秒
4’12”/km のペースで走りきらなければいけないのだ!この計算上は。
4’12”/kmで100km…
4’12”/kmで100km…  ムリ
4’12”/kmで100km… 絶対ムリ(--;)
それよりもうちっと登りに強くなれってことかもしれないが、いずれにせよ少なくとも登りを除くすべての区間をサブスリーペースを維持しながら100kmもの果てしない距離を走りきるスタミナと脚筋力、スピードと精神力が必要…なんだろうな、きっと。(^_^;)
あまりにも目標が遠すぎて、登り始めるにしてもとっかかりというものが見えてこないが、とりあえずはスタミナと筋持久力を向上させることから始めてみる。結局それがなければ始まらないんだよな、きっと。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。