スキップしてメイン コンテンツに移動

とくしまマラソンレポート 1

手元時計で、

3:17’42”

これが今回のとくしまマラソンの結果。


今日はHR160、ピッチ180、ストライド130でイーブンに4'16"/kmを刻んでいくのが作戦。

起床は朝4時。本当は5時までしっかりと寝たかったのだけれど、強風で窓が鳴く音と大会前のテンションの高さからすぐに目が覚める。睡眠時間は実質5時間くらいか。

一応ゴール時刻を12時前後と想定して食事を6時に摂ろうと考えていた。ツナパスタとあんこ餅が2個、バナナ1本に、シスコーンに牛乳をぶっかけたものを1人前。ちょっと食べ過ぎかもしれないがスタートまで3時間あるので胃の中には残らないだろう。

食後、トイレに。あんまりきれいな話ではないが便秘気味。気になって体重計に乗ってみると66kg。2月までは64kgを下回ることもあったのでちょっとショック。これに直前までに水分補給をすると66.5kgくらいになるんじゃなかろうかと心配になる。

家を7時に出て自転車で会場に向かった。吉野川大橋の上の風速計は風速9m。モロ進行方向に対して完全な向かい風。頭で前回強風の中、周回コースでタイム計測をしたときのことを思い出して風のなかったときとの差からタイムに対する影響を計算してみた。おそらくキロあたり20秒落ちくらいか。

会場で友人と待ち合わせをして8時20分くらいに荷物を預けた。それまで寒かったので上下ともウィンドブレーカーを着ていたのだがこれも脱いで預ける。

スタートは登録選手のすぐ後ろの並びだったのでスタート時の混雑に巻き込まれることはなさそうだ。ただ周りの選手が速そうな人ばかりなので逆に置いていかれそうで抜かれるときに邪魔になってしまわないかと気になってしまった。なんせ今日はスタートから2kmをゆっくり入ってそのあとはHR
160で完全にイーブンで走る作戦。まわりはきっとサブスリーペースで突っ走っていくだろうからなんかお邪魔っぽい。

スタート5分前になって、忘れ物に気づいてしまった。iPodShuffleのイヤフォン。今日はiPodに180bpmの音楽を入れてそれを聞きながらペースを合わせるつもりだったのでけっこうショック。どうやら脱いだウィンドブレーカーのポケットに入れたまま荷物に預けてしまったようだ。それともう一つ忘れ物。例の「鼻栓」というか鼻の穴を広げるヤツ。なんのことはない秘密兵器も最終兵器も両方とも忘れてきてしまった。

そうこうするうちに9時になりスタート。案の定、スタートと同時に周りはバンバン飛び出していく。普段ならもっと後ろに並んでいるので自分も飛び出していくほうだが今日は抜かれ役。でもイーブンが頭にあるからじっと我慢する。

1kmのラップは4'18"/km。それほど突っ込んだつもりはないけれどやはり回りに引っ張られていたのかもしれない。ピッチは184。やはりiPodがないから計画どおりのペースにはなってないようだ。ただスタート直後なのでHR139だったし体感的にも苦しさはなかったので入り方としてはまぁまぁじゃなかっただろうか。

1kmを過ぎて吉野川大橋への登りで市川さんを見つけたので握手をしてもらった。さらにその前方に有森さんもいたのでこちらも握手。橋に駆け上ると横からの風がやはり強い。橋を渡り終えたら向かい風との戦いが始まる。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。