スキップしてメイン コンテンツに移動

とくしまマラソンレポート 4

俗にいう35kmの壁。本来はグリコーゲンが枯渇して体が動かなくなることを指してそういうのだろうが、自分レベルではエネルギー云々よりも筋持久力、スタミナの問題。過去2回のフルマラソン、そして昨年の丹後ウルトラの35km地点でも同様にこのあたりで失速してきた。


しっかりと40km走等、長い距離を走り込むことが出来てなかったせいなのだろう。やはり今回も32km付近から失速してしまった。脚が攣ったのは筋持久力の問題以外にも、途中の給水、また塩分の摂取が足りなかったせいもあるかもしれない。もうすこししっかりと水分補給をすればよかった。ただし、横腹の痛みやペースの乱れとバーターにはなってしまう。これは今後の課題。

33km   4'33"/km HR148 181bpm
34km   5'07"/km HR144 180bpm
35km   5'40"/km HR142 175bpm

とりあえず35kmまで粘ろう、と思いながらだましだまし走る。35km付近では脚を攣る回数がだんだんと多くなってきて200mほど走ったら止まってストレッチをするような状態。気持ちの中に「脚がこんな状態なら歩いても仕方ない」と弱気の心が芽生えもしたが今回は心は折れなかった。今日、走りきらないともうしばらくフルマラソンを走る機会はないし、とにかく競技場で待っている家族のもとへ走って帰りたかった。ペースはがた落ちで何度もストレッチのために立ち止まったりしたけど、自分の中では歩いてないつもり。

35kmを走れば残りは7kmちょい。いつものランニングコースに置き換えて「吉野川の河口から家に帰るくらいしか残っていない」とかなんとかポジティブに考えながら走る。

36km   5'12"/km HR138 179bpm
37km   5'01"/km HR142 179bpm
38,39km  10'08"/km HR144 175bpm

ペースはキロ5分をずっと超えてしまっているが、脚筋力的には全然問題なかった。心肺もラク。HRが140台だったりするのは途中ストレッチで度々止まるからで走っているときはおそらく4'30"/kmペース、HR150〜155くらいだったはず。前回の海部川でも攣りそうになったけど、脚も疲れて前に出ないような状況だったし、心肺的にもいっぱいいっぱいだった。もっともあのときは前半からHR167くらいで突っ込んでしまったから当然かもしれないが。

今回の心拍数上限163、なるべく160イーブンで走るというペース設定は正解だったように思う。このペースなら脚も持つし、心肺ももつ。ただし課題は攣ることだな。

40km   4'58"/km HR146 174bpm
41,GOAL  11'16"/km HR146 174bpm

田宮街道に戻ってきて、また沿道に知人が多くなりハイタッチをしながら元気を分けてもらった。ゴールまでは本当に気持ちよく、脚が攣るのを別にすれば苦しさもなく走ることが出来た。昨年はゴール直後、芝生にへたり込んでしばらく動く気力もなかったけれど、今回はゴール後そのまま歩いて家族のもとに向かいジョグ後のように談笑することが出来た。逆にいえばもっと追い込む余地が残っているともいえるのだが。

GOAL TIME 3:17'42"  HR154 180bpm

心拍数はストレッチのため立ち止まることが多かったので予定より若干低くなっているが、ピッチは最終的には180bpm。もっともこれも前半の向かい風の中では185近辺と設定より多め、つまり坂道を上るようにストライドを落として小走りになって走っていたことと、後半立ち止まったりするときに落ちてしまったピッチ、これらを平均すると結果として180になったに過ぎない。

本当は180bpmの音楽を聴きながら走る予定だったが、今回に限っていえば強風の中ピッチ数を増やして走ったのは正解だったように思うし、あれほどの向かい風にさらされるとヘッドフォンが外れそうになってちゃんと聴けなかったかもしれないので結果オーライだったようにも思う。

タイムとしては3時間15分が最低目標、あわよくば3時間ひと桁台と思っていたのだが狙ったタイムには届かなかった。もちろん強風の影響もあったとは思うけれど、向い風があれば追い風もあったワケだから天候のせいにはすべきでない。やはりまだ、目標どおりのタイムでフルを走りきるだけの走力が備わってなかったのだろう。

今後の課題としてみえてきたもの。

  • 登りに強くなること。坂道走で鍛える。
  • 4'16"/kmのペースで計画しても絶対に3時間では走れない。最後までのイーブンペースは難しい。もっと速いペースでトレーニングする必要あり。
  • 今の自分のピッチ、ストライドでは4'16"/kmにしかならないのでもっと早く走れるフォームに治す必要がある。
  • 32km以降のスタミナが課題。40km超の距離の走り込みが足りない。
  • ストライドを広げるためストレッチもやったほうがいいかもしれない。
  • 今回はなぜか体重が重すぎた。60kgくらいまで絞る。
このあたりを課題に次回丹後100kmに向けてラントレを行おうと思う。


ちなみになんとか郷土文化会館の阿波踊り公演、間に合いました。


このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。