スキップしてメイン コンテンツに移動

ひとり40km走

高知に帰省してたので本日は高知でRUN。今日は朝の8時頃出発して4時間走る予定。

シューズは吉野川リバーサイドハーフに合わせて購入したゲルフェザー。背中にグレゴリーのトレイルパックを背負って、中にはパンがひとつとタオル、ビデオカメラにiPhoneなど1.5kgくらいの荷物。

上限の心拍数を150と定めてスタートするが10分も立たないうちに160近くになってしまった。思ったよりも足取りが軽く、心肺もラクなかんじなのであえて押さえることもせず自然と出る足にまかせて走る。ずっと悩まされていた腱鞘炎の痛みも今日はなぜか全く不安を感じることなく足が出て気持ちがいい。

走り始めて1時間10分を過ぎたあたりで若干足が重くなってきたのと、アーチ部分が疲れてきたかんじ。でもまだまだ。2時間の折り返しを目指してペースを刻む。2時間の時点で24kmくらい。いったん個々で休憩してパンを食べることにする。お遍路さんのお接待(休憩所というかベンチ)に腰掛けてパンを食べていると、そのベンチをおいてくださっている建物から男性が出てきて、「中に入ってコーヒーでも飲んでいきなさい」と何度もすすめてくださるのでお言葉に甘えて中でコーヒーとシフォンケーキをいただいた。見ず知らずの自分にこうやってお接待をしてくださる、こんな懐の深いところが高知の大好きなところなんだよな。

お接待で30分ほどロスしてから、復路のスタート。足の重さや疲れはそれほど気にならないが、ゲルフェザーの靴先に親指の爪が当たって詰んで痛い。かなり我慢して走っていたのだが、どうにもちょっとヤバいかんじ。うちの妻がハーフを走るたびに爪を痛めてひどいときは剥がしてしまうのだが、たぶん同じような状態なんだろう。本当は50km近くまで走りたかったのだが、お接待で時間を使ってしまったことと、このまま走って爪を痛めてしまったのではとくしまマラソンでまた満足に走れなくなってしまうので40kmでストップして、車で迎えにきてもらった。

38km付近から迎えの車がくるまでの2kmちょいを歩いたので、最終的には5'12"/kmくらいのペース。足の疲労は思ったよりも少ない。これだと明日もラントレできそう。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。