スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月, 2009の投稿を表示しています

14.6km

5月最終日。踊り練習のあと14.6km。結局今月は321.67kmで終了。来月は400kmは越えておきたいところ。

ペースは5'08"/km HR133。ただしHRに関しては正しく計測できてないかもしれない。タイム的なこと距離的なことはともかく、今日は脚の使い方に気づきがあった。股関節が動いているのを意識できたのは収穫。でもこの感覚、すぐにフッと消えてしまってわからなくなったり。あーでもないこーでもないとやっているうちに14.6kmがあっという間に過ぎてしまった。まぁ、また明日、引き続き課題とすることにする。

自転車を買った

6月から阿波踊りの練習が本格的に始まる。いつもなら月極の駐車場を3ヶ月間借りるのだが今年は料金が値上がりしたこともあって自転車で通うことにした。

現在家にある自転車は3台。

自分の オルベアのロードレーサー
ヨメの クロスバイク
ムスメのチャリ

ムスメのチャリ以外はかごがない。阿波踊りの練習は女踊りの下駄や足袋、タオルや水筒などなどジツはけっこう荷物がいる。まして家族3人分となればとてもじゃないがムスメのチャリのかごには入らない。

また虎の子のロードレーサーを練習場に放置するのも盗難、傷なんかがちと心配だったりする。なのでいっそのこと安い折り畳み自転車でも買ってしまえ!ということでポチッと注文してしまった。



ま、ウルトラに克ちたいならば走っていけ! といわれそうだが。(^_^;)

なんとか月間300km突破

月末ギリギリになったけれどなんとか月間300kmを突破できた。水曜木曜を休息したうえ今日も怪しい空模様。ひょっとしたら夜は走れないかもしれないと思い、トレッドミルを利用して最低限のノルマは越えておくことにした。

6kmを27分で。それにしてもいつも外を走っているとトレッドミルの上はやはり味気ない。とてもじゃないがゆっくりと時間をかけて走る気になれないので5分ほどのウォーミングアップのあとに時速15kmまで上げてさっさと距離を稼ぐことにした。

家に帰ってくると一昨日にウェブでオーダーしていた撥水ソックスが届いていた。雨の日を少しでも快適に走れるように秘密兵器として購入してみた。さっそく今日から使用するつもりだったが夜ランに出かけようとしたときには雨も上がっており今日のところは出番なし。いつもの格好でランに出かけた。時間も遅かったし天気も変わりやすそうなのでさっさと切り上げるつもりで出かけた。ペース自体はあまり上げる気はなかったのだが短い距離をただダラダラと走るのも意味がないような気がしてとりあえずももを高く上げること、ストライドを伸ばすことを意識して走る。10分ほど走っているとパラパラと雨。もう少し先、2.5kmで折り返そうとペースを少し上げる。折り返して復路。雨が少し強くなる。さらにペースアップ。4km手前で心拍数を確認するとすでに160オーバー。それならばいっそのこと最大心拍数を測ってしまえとさらにさらにペースを上げる。最大心拍数を計測するならウォーミングアップ7,8分で上げていくべきだろうがまぁそこそこは測れるはず。暗くて足下が見えないので不安をかんじなら我のスピードアップ。178,179,181,...182。HR182まで上がったところで信号に引っかかってしまった。でもけっこう目一杯だったのでもし上げられてもHR185あたりまでか?

とりあえず今日の2部練で月間走行距離は

307km

となった。先月に引き続きの300km越え。
来月はもう1段階レベルアップが目標だな。

秘密兵器

ちょうどいいタイミングで届いた秘密兵器。自転車用だが撥水の靴下だ。ウェブ上の説明では雨の中でも足は濡れずに快適となっていたので楽しみ。早速今日から試してみようと思う。


-- iPhoneから

神鍋と四万十エントリー

本日は休息日。最近立てたラントレ計画では基本的に3走1休で行こうと考えている。とはいっても毎週の勤務パターンによってLSDやペース走が出来る日も限られてくるので単純に3走1休でいくと日がずれ込んでしまうことがある。そういった場合は日曜日のランで調整するか、もしくは3走1休その次を2走1休にするとかであわせ込むつもり。

で、本日は日月火と走り込んだので基本的にレスト。ただ必ず全休するというわけではなく場合によってはアクティブレストでちょこっとランを入れたりも可の方針。けれど今日は昨日の疲れ(帰りの自転車が効いたのかもしれない)がかなり残っていたので休息とすることにした。

走らないぶん午前中に時間が空いたので友人に誘われていた神鍋ハーフをエントリー。この大会は去年出てボロボロだった苦い思い出があるのだが果たして今年はどうなるだろうか。ヨメと二人でエントリーしたので場合によってはヨメと一緒に走るかもしれない。

あと四万十ウルトラに仮エントリー。丹後の後なのでどこか故障していないか不安ではあるのだが今から先のことで悩んでも仕方ない。とりあえず仮エントリーだけはしておいた。

さぁ、脚づくり、と。

MR966の紐

最近、再びMR966をよく履いている。このシューズ2月頃はお気に入りでよく履いていたのだが、海部マラソン後にkのシューズを履いているときに左足甲部分に腱鞘炎が発生してそれ以来履かなくなっていた。

このシューズの紐はデコボコがつけてあって緩むのを防止してくれる。とてもよい機能でそこがこのシューズを気に入っていたポイントの一つだった。ただ購入時、シューズの紐がホールの上から下に通されていた(オーバーラップシューレーシング)のでそのまま使っていたのだが、この紐の通しかたは緩みづらいのがメリットなのだが紐につけられたデコボコと相まって逆にゆるめづらいというデメリットが発生していた。

海部川マラソン後、むくんだ足の状態のままランを再開したのだが、あまりにも紐が緩めづらかったためそのままの状態で適当に履いて走ったのが原因で、紐が足の甲部分を圧迫し続けて腱鞘炎になってしまったのだった。なのでもちろんMR966のシューズ自体に原因があるわけではないし、当然悪いシューズというわけではない。

一昨日、この紐の通し方をホールの下から上に通すアンダーラップシューレーシングに改めてみた。結果、ものすごく快適。このシューズにはこの通し方があっているように思う。というか長距離用のシューズはすべてこれでよいと思うのだけれど。

そんなワケで、もしMR966の紐部分に悩んでいる方がいれば一度試してみても損はないと思う。

出勤ラン27km

今日も走り出す前は身体が重くさあ行こうという気になれない。昨夕に同じ距離を走ったばかりだから無理もないか。それに布団を夏布団に変えたため寒くて眠りが浅かったせいで疲れが抜けきってないのもあったかもしれない。

なにはともあれ出勤ラン開始。昨日は心拍数が144くらいまで上がっていたので今日は抑えめではいるつもり。一応LSDとして走るつもりだけれどHR140以内であればとくに自分のLSDの設定ペース6'30"/kmにはこだわらないつもり。

吉野川大橋を渡った4.2kmあたりではざっとキロ6分のペース。心拍数は140以内とまずまず。7kmすぎ、県庁あたりでは同じペースで走っているにもかかわらずときおり心拍数が140台半ばまで上がり始める。原因としては気温の高さ、そして発汗による体水分の減少が考えられるが、昨夕の帰宅ラン時にもそこそこの気温であったことを考えると、原因は温度よりも水分補給にあるようだ。

県庁を過ぎて500mlのアクエリアスを1本購入。あまりいっぺんに飲んでも吸収しないので4kmほど走る毎に二口ほど飲むようにする。ほぼ中間点の小松島のルピアまでは順調に進んできた。前回はここで体調を崩してしまったが今回は大丈夫。ルピアを過ぎてすぐのマクドナルドで昼食。20分後に再び走り始める。ペース走、LSDを厳密に考えれば途中で昼飯休憩なんてナンセンスなんだろうが、ウルトラでは途中で栄養補給は絶対に必要なわけで、食後胃の中に食べ物が残ったまま走るのもまた練習といえなくもない。食後のペースもHR140を意識した。幸い横腹も痛くならずに快調に走ることが出来た。

マクドナルドを出てすぐのダイレックスで7,8分買い物。時計を止めるのを忘れていたのでこの時間も走行時間に含まれてしまう。

トンネルを抜けて羽ノ浦前まで。ここで徐々にHRが上がってきた。ペースは変わらないのに心拍数が上がるということはやはり水分が足りてないのか。1時間の発汗量がどれくらいになるかは正確には知らないが出勤ランでヘタをすると体重が2.5kg近く減ることを考えると1時間あたり1リットル近くの汗をかいている計算。それに対して水分補給した量はマクドナルドのMサイズコーラとペットボトル約半分のアクエリアス。羽ノ浦まで約2時間走っているわけだから、おそらく1.5リットル程度の体水分が減少しているはず。そう考えると通…

帰宅ラン26.8km

昨日は大塚美術館手前1kmのあたりからなるとスカイラインを通ってウチノ海総合公園までの20kmを友人、ヨメと一緒にLSD。このコースは景色も気持ちよいし、思ったほど坂道もきつくないのでLSDにはピッタリだった。ゴール地点のウチノ海総合公園では友人の奥さんが先回りしてバーベキューの道具を持ち込んでくれていた。一汗かいて、さらに腹ぺこになったあとのバーベキュー&ビールが激ウマッ!

夕方からはみっちり阿波踊り練習を2時間。そのあとなんだかんだと雑用に追われて結局寝たのが午前2時頃。起きたのが6時なので睡眠時間は4時間。やたらと眠かった。カラダの疲れが抜けてないのでバイク出勤に使用かとも思ったけれど、なんとか気持ちを奮い立たせて自転車で出勤。27km(実測で26.8km)の通勤を65分で走った。疲れていても漕ぎ始めたら何とかなるもんだ。しかし出勤後は疲れがどっと出てとにかく眠かった。

帰りもあまりにもカラダが重たいので自転車でそのまま帰ろうかとも思ったけど、なんとか踏ん張ってきたクランを実施。これも走り始めたらなんとかいけるもんなんだよな。途中、友人とばったりあって5分ほど話し込んだのと携帯の着信をとって3分ほど話したのと、あと信号遵守でわりと止まった区間があったわりにはトータルで5'48"/kmペースとまずまず。平均心拍数は144だったが途中パス流布ラフの調子が悪くペースはゆっくりにもかかわらずHR167とかで計測されていた区間が何カ所かあったりしたので実際はもう少し心拍数は低かったかもしれない。

今までも何度か帰宅ランをしたけれど最後は脚が売り切れて力が入らず惰性でたどり着いていたのだが、今日は走る前は疲れがあったけれど脚は最後までしっかりと生きていた。ただ22km付近からは乳酸が若干溜まってきたかんじで重たさも出てきていたのでペース走のペース設定としては若干速すぎたのかもしれない。今度はHR140くらいに抑えて走ってみることにしよう。

自転車を職場に置いてきているので必然的に明日は出勤ラン。帰宅ラン翌日の出勤ランのほうがキツいんだよな。熱いし疲れは抜けてないし…。明日はLSDで出勤することにしよう。

危機感を感じる。

月、火、水、とランを休んだので今日こそ走らねばと思っていたのだが、雨。

仕事終わりに、少しだけトレッドミルでキロ5分で20分、4kmだけ走ったのだがこれは阿波踊り練習のウォーミングアップのため。ランは家に帰ってからじっくりと20kmのLSDを予定していた。ところが夜21時過ぎに外に出た途端、



これにはヘコんだ。これでほぼ4日間まともに走ってないことになる。こんなヌルい心構えでウルトラに克つことはできない…きっと。土曜日には職場行事が入っていて夜は走れないので、金曜の夜、土曜の朝、そして日曜、と巻き返すしかない。

今はとにかく距離だ、距離!

2日連続でサボり

日曜日にかなり頑張ったペースで走ったので昨日は足がお疲れモード。夜、阿波踊り会館に踊りを見に行って遅くもなったのでランはお休みということで。

そのぶん本日はロング走…のはずがなぜだか読書にはまってしまい2日連続のサボり。
意志の弱いオトコじゃ。(--;)

未計測の20km

昨夜は踊り練習とかあって夕食が遅くなってしまい、あまりゆっくりしていると走り出しの時間も遅くなってしまいそうなので食べた直後にRUNに出かけた。

調子がよければちょっとペースアップして走ってみようと思い、GPSで正確な距離の計測できるiPhoneをもって出かけた。食後すぐに走り出したせいだろうが走り始めから1.5kmほどは横腹が痛い。あまりペースを上げられないがそれでも感覚的にはキロ5分あたりか。iPhoneを持って出ることに気がいってしまってたのかパルスグラフを装着してくることを忘れてしまった。iPhoneはウエストポーチの中なのでタイムを随時みることが出来ないし心拍数もわからない。10分ほどすると横腹の痛みがとれてきたのでペースアップ。腿、膝でしっかりとリードするように走っていく。ひさしくペースを上げて走ってなかったせいなのかかなり速く感じる。いや、これはキロ4分ヒト桁台のペースのはず。意外と苦しさもなくいいペースでいけるのでこれなら20kmくらい走って現在の走力を確かめてみようと頑張ってみる。

コースは以前ハーフのタイム測定に使っていたコースを選択。吉野川の河川敷を沖ノ州に向かってひた走る。汗は出るけど苦しくない。景色がおもしろいように流れていく。これは速い、きっと!

折り返し10kmをすぎても苦しくない。折り返し後は向かい風。でも風が重たくない。ひょっとしたら走力が上がっているんじゃないか?そんな期待がふくらむ。感覚的には心拍数は163くらいか。吉野川大橋が近づいてきた。少しだけ息が上がってきた。しっかり酸素を吸えてない感じ。呼吸のリズムを変えて3回掃いて3回吸うようにした。少し楽になる。いける。吉野川大橋。風向きが変わったのかさらにストライドが伸びる。橋の手すりがおもしろいように流れていく。北岸。今度は下り。さらに加速。ぐんぐんぐんぐん。下り終わりの信号。突っ切れるか? 点滅。赤。車が動き出す。立ち止まることを余儀なくされたのでウエストバッグからiPhoneを取り出してタイムを見る。

見る。見る。見る?
・・・止まっている、iPhone。(--;)

しかもスタートしてわずか5分で・・・。
誰かが電話をかけてきたらしい。着信があるとアプリが止まるiPhoneの仕様。
これはヘコむわ。




ミドルペース走

昨日はミドルペース走。心拍の目安130、ペース5'45"/kmあたりが目標。すこし肌寒さを感じるような強風の中16.67kmを90分ほどで走りきった。

なぜか左膝の皿部分が痛かった(リビングで膝歩きをしているときになにかを膝でゴリッと踏んづけてしまった記憶あり)が、90分走り終わった頃にはそんなことすっかり忘れてしまっていた。

Nike+では5'32"/kmとなっているが最近計測がかなり甘いので、たぶんほぼ予定通りのペース、もしくはそれよりもうよっと遅いペースで走ったように思う。いずれにせよ、今はペースはそれほど気にすることもないのでじっくりと、だ。

自転車、快走

ひさびさに自転車出勤。自転車がよくなったせいか、あるいは自分の体力がアップしたせいか?
去年なら片道28kmの距離を1時間で走るとめちゃくちゃ疲れてたのだが、今は楽々で心地よい。いや、風が追い風だっただけなのかも、だ。


腰が痛い

どうにも我慢できないというほどではないけれど、腰が痛い。普段20km程度のランをしても格別痛くなるようなことはないのだが、デイパックを背負って走ると痛みがでているように思う。特に荷物をたくさん詰めた縛を背負うとより痛みが出やすく思うので、ひょっとしたらパックを背負うことによって普段と背骨の曲がり方が変わってしまい重心の位置がずれてしまっているのかもしれない。

昨晩は寝ている間に腰に鈍痛を感じてそのせいで2度ほど目が覚めてしまった。それ以外にも側臥位で寝ているときに左膝外側部分に痛みを感じてこちらも2度目が覚めてしまった。

どちらも日中に痛みを感じて日常生活に支障を来すというところまで入っていないので心配はないけれど、オーバーユース気味なのは間違いない。連続で30km近いロング走を走ることの出来る筋持久力がまだ備わっていないということだ。

今日は一旦休足日にしておく。じっくりと足を作っていこう。

23kmでリタイヤ

昨日職場にバイクを置いて帰宅ランをしたので、今日は必然的に出勤ラン。

体力があれば、遠回りをして眉山越えの38kmでLSDをしようと考えていたのだが、朝みょうに早めに起きてしまいめちゃくちゃ寝不足。疲れも抜けていないようで足がずぅーんと重たい。二度寝をもくろむも、ただいまマンションの修繕工事中で壁をドリルで穴を開ける音が響いてとても寝られそうもない。結局、睡眠時間4時間、身体めちゃダルの状態で出勤ランスタート。とても28kmすら走りきれそうな気がしないので、当然眉山はパス。

スタート直後は重たかったが、5kmほど走ると身体が慣れてきてしまった。それほど苦しさはない。足もしっかり出るのでこのぶんなら走り切れそうだ。

県庁前から沖浜まではやはらと信号が多く止められることが多かったのでリズムは崩れがち。ただ足の疲れを感じることはなかった。心拍数もだいたい135くらいまで。身体的には余裕があったけど、目に入る汗、というか塩がめちゃくちゃ痛い。汗対策は考えておかなければ。

小松島ルピア付近。ペースはストップ&ゴーが多かったため若干遅くなっているが、相変わらず足には余裕がある。身体を冷やすものを食べたかったので一旦ルピアに寄ってアイスクリームを買うことにした。

トイレ休憩後、ルピア内でアイスクリームを食べてから再出発。ここで異変が発生。トイレに行って走り始めたのに100mも走れば、再びおしっこに行きたくなる。我慢して走ろうにもけっこうキツいので仕方なく用を足すことに。で、用を足そうとしてもかんじんのおしっこが出ない。再び走り始める。また100mほどで尿意。この後ずっとそれの繰り返し。

歩くか、ペースをかなり上げると尿意は収まるのだがゆったり走っていると我慢できなくなる。だましだまし走り続けたが結局阿南共栄病院前であきらめてバスを待つことにした。

原因はちょっと思い当たらないのだが、なんなのだろう? 走っていない今は収まっているのだが・・・。もしこの状態が続くようなら一度診てもらおう。

今日の走行距離、約23km。

ロング走で帰宅

職場にバイクを置いて走って帰ってきた。Nike+による距離計測では28.68km。実際は28kmくらいだと思う。

設定ペースとしてはキロ6分でいくつもりだったが、結局5'40"/kmと20秒ほど早め。キロ6分設定にしていたのはこのペースでまず最後まで走りきれること、走りきってなお、疲れや痛みがひどくなければ次のステップとして10秒〜15秒ペースを上げていく作戦だったのだが、今日は5'40"/kmペースでも途中苦しくなることもなかったし、どこかが強く痛むこともなかった。さすがに2時間を過ぎると若干のつかれとむくみ?による痛みのようなものは出てきていたが、それとて筋疲労による痛みや故障による痛みではないのでとくに気にする必要はないと思う。

とりあえずこのペースは合格として次回より若干ペースアップしてもよいのだが、念のためもう一回同じペースで走って見ようと考えている。

さて、明日もバイクを職場に置いてきた以上当然ランでの出勤。LSDで眉山越えで出勤しようと目論んでいる。

とにかく走り込め、だ。

各ラントレの定義(自分なりの)

踊り練習の後、遅い夕食をとってそれからランに出かけた。予定では今週いっぱいはLSD、ロング走のみのつもりだったが10分ほど走っているとなんとなくペースを上げてみたくなり、ちょっとだけペースを上げてみた。といってもHR145くらいまでだけど。

少し霧でかすんでいるような天候で蒸し暑くペースアップすると汗が噴き出してきたけど苦しいほどのペースではないので心地よい。ここのところキロ6分より速く走ったことがなかったので、スピード感があって楽しかった。

翌日26kmの帰宅ランをする予定もあるので吉野川の河口で折り返して15kmの距離で終了。時間は01:16'11"、平均ペースは5'08"/kmくらい。

そういえば、

ロング走はキロ6分、25kmの距離を基本。これを疲れや苦しさを感じることなくこなせれば、
距離をさらに伸ばしていきMax40kmまで伸ばす。ロング走と平行してペース走を取り入れる。こちらは距離は固定してペースをアップしていく。と、だいたいこんな感じで棲み分けをしていくつもりなのだが心拍数ベースで走った場合、これをなんと呼べばわかりやすいのだろう。

ロング走より短い距離の場合、

ペース固定で走る場合、ミドルペース走。(ミドル走より、さらにペースを上げて走る。)ミドル走?ミドル走に関しては、今のところなんにもトレーニングとしての位置づけをしていない。このミドル走を心拍数設定のペース走としてもいいかもしれない。というか、そう呼ぶことにしよう。

LSD走ロング走ペース走ミドルペース走にくわえて、心拍数を指標とした以下のトレーニングも追加。

ミドル走トレーニング強度65〜75%心拍数で130〜145乳酸除去能力向上が目的
LT走トレーング強度75〜83%心拍数で145〜155最大酸素摂取量向上が目的
AT走トレーニング強度83〜90%心拍数で155〜165耐乳酸トレーニング


ロング走の位置づけ

昨夜、21時過ぎに雨が止みそうだったので走りに出かけた。まだ不安定な空模様だったので一応レインウェアを着込んでのラン。

最近はLSDばかりだったので、少し変化を持たせてロング走とすることにした。もっともロング走とってもペースを大きく変えるわけでもなくほんのちょっぴり速いイメージ。ただ、その「ほんのちょっぴり」具合を、心拍数を基準にするのかペースを基準にするのか決めてなかったので、なんだかうすぼんやりとしたラントレになってしまった。

自分の中の位置づけでは、ロング走は身体に負担がかからない範囲を見極めつつペースのステップアップを行うことが目的。6'00"/kmペース、20kmくらいでしばらくトレーニングして、距離を徐々に伸ばしつつ片道26km強の通勤距離が苦にならなくなった時点でペースをアップしていこうというプラン。

ただ、LSDが心配負荷をかけずに筋持久力の向上を目的としていることに対して、ロング走は「負担がかからない範囲でのペースのステップアップ」というざっくりとした目標はあるものの、なんとなく目的としてのフォーカスが甘いような気もしたり。いっそそれならば乳酸除去能力の向上を目的として運動強度65%〜70%、心拍数130〜140の範囲と設定した方が位置づけがはっきりする気もする。

そんなことをうすらぼんやり考えながら走り始めたものだから結局どっちもつかずのランになってしまった。

Nike+の計測では21km強となっているが実測では20kmなのではないかと思う。今のペースにあわせてキャリブレーションしてないのでけっこうズレが大きいのだろう。結果としてはキロ6分弱、HR128 くらいで走ったようだ。まぁ、結果オーライというところ。

ラントレの位置づけ、ちゃんとしとかないかんな。

Twitterに、徳島ラン(tokushima_run)開設

最近Twitterを使い始めた。ジツはまだ余りよく理解してないのだが、基本は今の状態、気持ちをつぶやくためのツールなのだ、と思う。

腹減った。眠い。ビデオ借りてきた。
要するに何でもいい。とりとめもないことをつぶやいてみれば、それを目にしたほかのTwitterユーザーがレスを返してくれる、かもしれない。ブログほど読んでもらうことを前提に書く必要もない(もっともそんなこと気にして書いてなかったりするわけだが)ので、たら〜んと、ありのままの心境を吐露しちゃったり、そんなんでオッケーのようだ。

そんなんのどこがいいわけ?と感じる人が多いだろうし、そんなゆるい感じで、構えることなく思ったこと、感じたことををすぐWEBに吐き出すツールとしてはすごくいい。なによりiPhoneとの相性がよく(携帯電話版もあるのでモバイルとの相性がいいというべきか)、ランニング途中でもちょっと一言アップしたりすればリアルにランニング状況を共有できておもしろいんじゃないだろうか。

そんなワケで、情報共有のためにTwitterでの徳島のランナー専用のコミュニティ・アカウントtokushima_runを開設してみた。別にこれに登録したからといってナニが得するわけでもなく、損するわけでもないが、tokushima_runのアカウントをハブとしてランナー同士がつながればうれしい。

Twitter自体がまだあまり解ってないし、細かいメンテナンス等も出来ない(そもそもそんなもの必要もないのかもしれない)けれど、Twitter利用している徳島のランナーの方、ぜひつぶやきあいましょう。(笑)

下記からアクセスできます。Twitterアカウントをまだ作ってない方はリンク先から「今すぐ登録」をクリックすればアカウント作成できます。

徳島ラン(tokushima_run)のコミュニティ

ちなみにわたしのアカウントはulkatsuの名前で取得しています。

Nori(ulkatsu)のアカウント

よろしければこちらもフォローしてやってください。(^^

LSD、試行錯誤、いや思考錯誤

LSDの正しいペースについてけっこう悩んでいる。とにかくゆっくりという説もあれば、普段のペースより1分落ちくらいという説があったり、あるいは運動強度○○%以下という説があったりで、とにかく諸説あって混乱してしまう。

先日Twitterで教えていただいた方は、気持ちよいペースでいいんですよと言ってくださったので、なんだそれなら無理に6'30"/kmまで落とすことないじゃん、と一安心してみたり。なぜなら、ここ最近始めたLSDで6'30"/kmで走るととにかく無理矢理スピードを落としている感があって、どうにも窮屈で走りづらかったのだ。

で、今日はTwitterでナイスなアドバイスをもらったのでさっそく気持ちよいペースで、と張り切って出かけたのだが帰ってきてタイムをみてみると、なんのことはない6'28"/kmとぜんぜん一昨日までのペースと変わってないのだ。なーんで??

このペースに体が慣れてしまったんだろうか?なんかキモチワルイ気もするのだが、あえてLSDのペースをアップするというのもヘンなので、とりあえずこのままのペースで行くことにしよう。

本日、11.5km 1:14'17"
LSDというには短すぎるが雨が降ってきたのでやむを得ない、ということにしておく。

雨が恨めしい

昨夜は雨のためラン中止。別に走ろうと思えば走れる程度の小雨だったのだが、子供の相手をして遅くなったり(一応こどもの日だから、ね)、無理して雨の中走らなければいけないほどラントレモードに入っているわけでもなかったり、なのでもう昨夜はいいか、と。

ただ、このくらいだったら走れるかな?と何度も雨の状態を確認してみたり。けっこうランニング中毒?

とくしまマラソンが終わって2週間目。終わった直後の週は疲労抜き中心でコンディションを戻すことがメイン。今週は痛みがどこにも出ないようにしながら淡々と距離を踏んで足慣らしの予定。いよいよ来週からは長めのLSDとロング走、坂道走を入れる予定。

今週は、来週から始める丹後用ラントレの準備期間という位置づけで行こう。

故障・痛み状況

年がら年中どっかが痛いといってばかりだけど、とりあえず現在の痛みの状況をまとめてみた。

足裏
右足踵は押すと痛みがある。ただ日常生活・走っている最中でも我慢できないほどではない。踵痛というより足底筋膜炎。

左足は踵のみ痛い。それも押すと痛む程度で普段は気にならない。左右ともにヒールストライク気味になっているのだろうか?最近は(といってもまだ1週間くらいだけど)ランはいつもLSDだし、走り方もできるだけ膝から上げてフラット着地を心がけているつもりだけど、ちゃんと出来ていないのかもしれない。


左膝の外側部分が若干痛む。1年ほど前に外側側副靱帯を傷めたことがあったけれどあのときは足が出来ていなかった。いや、それよりも腰が落ちていたのが原因だったか?ということは今のこの痛みも、腰が落ちていることが原因なんだろうか?痛みを感じ始めたのはとくしまマラソンの直前に気配ほどの痛みがあって、それ以後LSDを繰り返すたびに少しずつ強くなってきているような気がする。今はまだ走った直後に筋疲労の延長線上にある痛みのような感じだが、このまま放置すれば状態が悪くなりそうな予感。ひょっとしてLSDのフォームが間違っているのかもしれない。

足指
いつも右足の小指が薬指に踏んづけられて水ぶくれが出来たりタコになったりして痛みが出ていたけれど、先日ヤスリでタコ化した部分を削ってから右足の痛みはなくなった。けれど今度は左足に同じ症状。今はまだタコ化はしておらず水ぶくれ状態。やはり横着せず走るときは必ず5本指ソックスを着用しないといけないな。


数年前に傷めて以来、半ば持病のように数ヶ月に1度は痛みが出てくる。たいていの場合、数十キロの重たいものを持った後にでてくるのだが、今回も例に漏れずそのパターン。ただそれ以前から走った後に腰に怠さを感じていたから、これもフォームからきているのかもしれない。


とよくよく思い出してみると足指以外はフォームに関連のあることばかりなのに気がついた。着地をフラットにして重心を足裏の3点に分散させるようにすること、足の中心にまっすぐ重心をかけること、骨盤を立てることを意識して走らないとダメだな。

4月の走行距離

はじめての300km超え!


月間 337.57kmだった。
腱鞘炎の痛みが弱くなってきた3月下旬から、遅れを取り戻そうと頑張って走った結果。その甲斐あってとくしまマラソンも無事完走できたし自分としても納得できる走り込み量だった。

でも次の目標はウルトラマラソン。生半可な走り込み量では通用しない。5月は400kmを越えないといけないな。

2時間LSD

ヨメの実家を起点に2時間のLSD。 心拍数は115。こんなにゆっくりでも走り終わったら膝まわりが疲れでかすかに痛む。

距離は18km。


-- iPhone

低調

ヨメの実家を朝7時前に出発して2時間走るつもりだったが、わずか15分ほど走っただけで目が眩むようになってしまった。こんな症状は飲み過ぎた時しか経験ないな。なんでだろう?

大事をとって今日はウォーキングに切り換えた。また明日走ってみる。

-- iPhoneから

休足日

思いのほか脚に疲れが残っている。昼間、外側側副靭帯のあたりが妙に引っかかったようなかんじになってちょっと痛かったし、バイクに乗っているときは膝のちょこっと下が痛かった。(こっちは神経的な痛みだったのかもしれない)

いずれにしても少し左足回りに痛みが出ているので、疲れている信号だと思って今日は休足日にしておこう。

LSDの最適時間

LSDの疲れなのか今朝は身体が重い。いや、単に睡眠不足なだけかもしれない。

昨日考えたLSDの有用性というか、筋持久力向上するであろうと思われる理由・・・ピッチ数だけど、とくしまマラソンが180でLSD時が160。

ということは、フルマラソンを3時間で完走するつもりならば、


180分 × 180bpm = 32400歩


だから、これをLSDで同じ歩数をこなすためには、


32400歩 ÷ 160bpm = 202分 = 3時間22分


ならばフルマラソン対策でLSDを行う場合は3時間30分までで充分なはず。
基本、LSDは最長3時間30分までで行うことにしよう。

もっともウルトラ対策の場合はもう少し考えないといけないな。