スキップしてメイン コンテンツに移動

ロング走の位置づけ

昨夜、21時過ぎに雨が止みそうだったので走りに出かけた。まだ不安定な空模様だったので一応レインウェアを着込んでのラン。

最近はLSDばかりだったので、少し変化を持たせてロング走とすることにした。もっともロング走とってもペースを大きく変えるわけでもなくほんのちょっぴり速いイメージ。ただ、その「ほんのちょっぴり」具合を、心拍数を基準にするのかペースを基準にするのか決めてなかったので、なんだかうすぼんやりとしたラントレになってしまった。

自分の中の位置づけでは、ロング走は身体に負担がかからない範囲を見極めつつペースのステップアップを行うことが目的。6'00"/kmペース、20kmくらいでしばらくトレーニングして、距離を徐々に伸ばしつつ片道26km強の通勤距離が苦にならなくなった時点でペースをアップしていこうというプラン。

ただ、LSDが心配負荷をかけずに筋持久力の向上を目的としていることに対して、ロング走は「負担がかからない範囲でのペースのステップアップ」というざっくりとした目標はあるものの、なんとなく目的としてのフォーカスが甘いような気もしたり。いっそそれならば乳酸除去能力の向上を目的として運動強度65%〜70%、心拍数130〜140の範囲と設定した方が位置づけがはっきりする気もする。

そんなことをうすらぼんやり考えながら走り始めたものだから結局どっちもつかずのランになってしまった。

Nike+の計測では21km強となっているが実測では20kmなのではないかと思う。今のペースにあわせてキャリブレーションしてないのでけっこうズレが大きいのだろう。結果としてはキロ6分弱、HR128 くらいで走ったようだ。まぁ、結果オーライというところ。

ラントレの位置づけ、ちゃんとしとかないかんな。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。