スキップしてメイン コンテンツに移動

故障・痛み状況

年がら年中どっかが痛いといってばかりだけど、とりあえず現在の痛みの状況をまとめてみた。

  • 足裏

右足踵は押すと痛みがある。ただ日常生活・走っている最中でも我慢できないほどではない。踵痛というより足底筋膜炎。

左足は踵のみ痛い。それも押すと痛む程度で普段は気にならない。左右ともにヒールストライク気味になっているのだろうか?最近は(といってもまだ1週間くらいだけど)ランはいつもLSDだし、走り方もできるだけ膝から上げてフラット着地を心がけているつもりだけど、ちゃんと出来ていないのかもしれない。


左膝の外側部分が若干痛む。1年ほど前に外側側副靱帯を傷めたことがあったけれどあのときは足が出来ていなかった。いや、それよりも腰が落ちていたのが原因だったか?ということは今のこの痛みも、腰が落ちていることが原因なんだろうか?痛みを感じ始めたのはとくしまマラソンの直前に気配ほどの痛みがあって、それ以後LSDを繰り返すたびに少しずつ強くなってきているような気がする。今はまだ走った直後に筋疲労の延長線上にある痛みのような感じだが、このまま放置すれば状態が悪くなりそうな予感。ひょっとしてLSDのフォームが間違っているのかもしれない。

  • 足指

いつも右足の小指が薬指に踏んづけられて水ぶくれが出来たりタコになったりして痛みが出ていたけれど、先日ヤスリでタコ化した部分を削ってから右足の痛みはなくなった。けれど今度は左足に同じ症状。今はまだタコ化はしておらず水ぶくれ状態。やはり横着せず走るときは必ず5本指ソックスを着用しないといけないな。


数年前に傷めて以来、半ば持病のように数ヶ月に1度は痛みが出てくる。たいていの場合、数十キロの重たいものを持った後にでてくるのだが、今回も例に漏れずそのパターン。ただそれ以前から走った後に腰に怠さを感じていたから、これもフォームからきているのかもしれない。


とよくよく思い出してみると足指以外はフォームに関連のあることばかりなのに気がついた。着地をフラットにして重心を足裏の3点に分散させるようにすること、足の中心にまっすぐ重心をかけること、骨盤を立てることを意識して走らないとダメだな。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。