スキップしてメイン コンテンツに移動

朝練

急遽うみがめトライアスロン参戦を決定したため、完走できるだけの泳力、踏力、走力をあと1ヶ月で身につけなければいけない。一応ランナーの端くれなので走力は走りきるくらいならば今のままでも十分だと思うのだが、問題は泳力と踏力。

本来であればある程度力が備わってからエントリーというのが常識と節度あるオトナの手順だろうが、今回は泥縄式で申し訳ないがなんとかあと1ヶ月で1.5kmを泳ぎ切れる泳力とヒルクライムを含む40kmを漕ぎ抜ける踏力を身につけねばいけない。でも実際一人ではどんなトレを取り入れるべきかポイントはどこかわからないので、自転車ロードレースにどっぷりな友人に朝練に連れて行ってもらった。

いくつかもらったアドバイスと自分が気がついた点を列挙すると

  • ケイデンスは90から100で
  • ペダルは踏むのでなく回す
  • 拇指球で踏む、踵を下げない
  • 登りは上ハンドルで腰位置を高め
  • 平地、下りは空気抵抗を減らせ
  • 踏み込み7、引き脚3
1ヶ月の間に上記全てをうまく身につけることは無理かもしれないが、とにかくバイクに乗る時間を増やして踏み倒すしかない。

ちなみに友人には軽々とちぎられた。平地の巡航でもMAXでも登りでも。さすがに本職は違う。彼がうみがめトライアスロンのコースを走ればどれほど上位に食い込めるかはわからない。しかし真ん中より上位で走りきることは間違いないだろう。とにかく1ヶ月後にどこまで彼に食い下がれるか、今日教えてもらったことを繰り返し練習しながら踏み倒すのみだ。

今日のバイク、自宅~鳴門方面、星越峠ヒルクライムを2本、合計で30kmちょい。その後、ランに出かけるも5kmちょっとで脚が終わってしまった。しかし本番を考えると自転車で追い込んだ後のラントレはしっかりと行っておく必要がある。

脚は終わってしまっているけど、とりあえず通勤も自転車で。
あとはスイムをどうするか早急に対策を立てないといけない。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。