スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2009の投稿を表示しています

ギブアップ

朝の9時過ぎから走りに出かけた。多分外気温はすでに30℃を超えているかんじ。湿度も高くかなり厳しいコンディション。

脱臼カ所と足底に痛みが出ないように慎重に走る。キロ5分弱で4kmほど走ったがあまりの暑さにたまりかねてギブアップしてしまった。心拍も160近くまで上がっておりペースからすると上がり過ぎ。この時期の昼間は距離を短く切り上げるかペースを落とすかするのが適当なのかもしれない。

ところで死にかかっていた親指の爪を引っ掛けてしまい、半分剥がれてしまった。中途半端にくっついているのでとりあえずカットバンで止めてはいるもののまた引っ掛けそうでなんだか気持ち悪い。さてさてどうしたものだろうか。


-- iPhoneから

足底筋膜の状況

ブログの表示がおかしいようだ。最終更新が7月22日で止まっている。病院に行ったときにアップした内容だ。あれから後はそれほど書いてはないけれど、それでも2,3回は更新したはずだ。ま、とくに重要なことを書いているわけではないから困りはしないのだけれど。

それはさておき、足底筋膜炎だが今回は少々長い。ブログを振り返ってみると痛みが出始めたのはとくしまマラソンの前、海部川風流のあたりなのでかれこれ 4ヶ月ほどになる。6月からはけっこう走らない期間が長く続いているにもかかわらず足を捻るようにするとわりと強めの痛みがある。つまり全然直っていない ワケだ。今までもちょこちょこ足底に痛みが出たことはあったけれどこれほど長く痛みが続いたことはなかった。ただ膝などと違い常に痛みがあったりするわけ でないので病院に行って注射を打ってもらうまでではない気もする。

2ヶ月間走らないでいても痛みは消えない。
つまり安静にしていてもそれほど改善しない。
日常で我慢できなくなるほど痛くなることはないし、痛みを感じても一時的である。
走ったところで痛みはそれほどひどくはならない。

ということは逆に気にせず走った方がいいんじゃないか? 仮に走って我慢できないほどの痛みが発生した場合に病院に行って注射なりしてもらえばよいんじゃなかろうか?との結論に達した。あくまでも自己解釈だけど。

MR966、ゲルカヤノ、ウェーブライダーとクッションの効いたシューズを持っているが以前痛かったときはウェーブライダーが一番痛みを感じなかったように思う。なのでしばらくはウェーブライダーで走ってみようと思う。


トラブル発生

日和佐で転倒してしまった際に打ち込んだ肩が3日経ってもかなり痛むのでしぶしぶ病院に行ってきた。

結果、脱臼。

関節が緩んだり腱を傷めたりする可能性があるので3週間ほど腕を肩より上に上げたりしないように、とのこと。バイク、自転車禁止、スイム、阿波踊り禁止令がでてしまった。

さらに足底も診てもらったところ予想通り筋膜炎で、こちらも当面の間ランニング禁止令。

さて、困った。なにもすることがない。

日和佐をふりかえって

日和佐うみがめトライアスロンで転倒したときに打った左肩と右の二の腕がまだ痛む。右の二の腕は幾分腫れが引いてきたようだが左肩をまだけっこう腫れている。しかし、下りのコーナーを全速で突っ込んで転倒してよくこのくらいの怪我ですんだものだ。骨の1本や2本、あるいはどっか縫わなければいけないほどの裂傷を負っていても不思議でないところなのに…ほんとラッキーだった、と思う。

レースについてだが、おそらくスイムは36分台だったのかもしれない。とにかくかなり遅かったし苦しかった。参加した他の方の話を聞くとプールでの1500mの持ちタイムとあまり変わらないタイムで上がってきているようなので、わたしの場合1500mは30分程度だから36分はかかりすぎている。

これはいくつか思い当たる原因があって、まず第一に事前に聞かされていたバトルなるものを強く意識してしまったこと。このためとにかくスタートダッシュで駆け出し、海に入ったら巻き込まれない距離をとれるところまで全力で泳いでいこうという作戦をとってしまった。実際いざ飛び出したまではよかったものの、もともとそれほどスイムを練習してなかったこともありすぐに腕が終わってしまいカラダがずーんと重くなってしまった。マラソンでも最初を飛び出してしまい、乳酸をためるととあとがガタガタになるのは当然分かり切っているはずなのだが、バトルの影におびえてつい先走ってしまった。わずか150mほどでぼろぼろになり手が思うように出ない。それにくわえてウェットスーツが窮屈で息をしっかり吸い込めないように感じてとても苦しい。これは1000mを越えたあたりで解消するまでずっと違和感があった。ウェットの浮力に助けられて沈む心配はないものの、いつものプールのスイムとカラダ納期加減が違うようで泳ぎづらかったし、とにかく最初の奪取のせいでいっぱい酸素を取り込んで回復したいにもかかわらずウェットが締め付けて杯がいっぱいにふくらまないように感じてウェットなんか着るんじゃなかったと後悔しながら泳いでいた。

バトルから逃れるためにスタートダッシュをしたせいで第2Wの前に出た時点でバテてしまい、200mすぎから第2Wの集団に飲み込まれ結局バトルの洗礼を受けることになった。ヘロヘロの状態で受けるバトルの洗礼はなかなか厳しいもので巻き込まれそうになるとつい引いてしまう。当然ペースもぼろぼろでそうこうす…

想定外の結末

日和佐うみがめトライアスロン、想定外の、結果となってしまった。

リタイア…。

スイムは手元の時計で36分と出遅れ。挽回するためにバイクを頑張った。往路はスイムの疲れからかなり苦戦したものの折り返しまで42分で到達。ずいぶん体が楽になって来た復路でさらなるペースアップを狙って攻め込んでいった。復路も半ばの第3展望台付近の下り左ブラインドコーナーで曲がりきれずに転倒してしまった。対向車線を滑り抜けパイロンをなぎ倒し側溝に打ち付けられて体は斜面に放り出されて止まった。幸い何カ所かの擦り傷と打ち身が数カ所ですんだ。しかし自転車は転倒の時にパンクしてしまい、代えのチューブを積んでなかったのでリタイアすることになってしまった。

時間が経つにつれ悔しさが募る。


-- iPhoneから

スイムの位置取り

日和佐うみがめトライアスロン。

スイムの申請タイムは28分で出していたのだが、スタートは第2Wということになった。トライアスロン自体初めてでウェーブにわけてスイムスタートするということ自体知らなかったのだが、これは第4Wまであるうちの2番目スタートということらしい。

タイム自体はプールのスイムで1500mを30分なら心拍数をそれほど上げることなくなんとかクリアできる。ウェットを一度だけ試してみたけれど100mあたり10秒強は速く泳げる。レース時のテンションの上がり方、オープンウォーターでの勝手の違い、などを一緒くたにしてみてもなんとか目標タイムの28分近くで泳げるのではないかと思っている。

ところで昨年の大会結果を見てみると、スイム150位の方のタイムが29:41.96。ということは30分弱までが本来は第1Wにいるはずである。申請タイム28分で第2Wということは、全体的に申請タイムが速めで出されているということになる。もちろん第2Wにも申請タイムどおり、もしくはそれ以上のタイムで泳がれる方も多数いらっしゃるはずだが、かなりの選手が30分を超えてしまうはず。目標どおりのタイムで泳ぐためには第2Wの先頭あたりでスタートしなければいけない。

トライアスロンは初めてなので、スイムでバトルをしながら抜いていくというのが想像つかない。たとえばプールの1つのコースに並んで2人が泳いでいる間に割り込んで追い抜くというのはちょっと無理っぽいし、とても自分の泳ぎなんてできそうにない。

そう考えるとやはり位置取りが大切だな、きっと。
第2Wの前のほうから速い人についていって第1Wを追っかけるというのが理想的な展開なんだろうけど、そんなに甘くはないよな、きっと。

不安だらけのトライアスロン

結局この2ヶ月、ほとんど走らないままトライアスロンを迎えることになってしまった。バイク練習も2週間以上まったく踏んでない。スイムは1500m泳いだのは1度きり。ほんとにこんなんで完走できるのだろうか?とても不安である。

いいわけは山ほどあって…といってもいつもと同じ理由なのだが…踊り練習、足底の痛み、仕事…ま、出来ない理由を探すのは簡単だけれど問題はそれでもなおどれだけエネルギーを注いで来れたか、なワケで…。

そのイミではこの2ヶ月間、走ること(バイク、スイムも含めて)に真摯でなかったな、と。リザルトを期待できるほどがんばってこなかったので結果云々をいう資格はないけれど、とにかく現状でのベストを尽くして精一杯楽しんで走ってみるつもり。

トライアスロンが終われば、いよいよお盆に向けて残り3週間。踊り、そして遅まきながら走り込みをしっかりやるつもり。

トレ報告

昨夜 スイム 400mのみ。
バイク 通勤の復路28kmを60分ジャストで。

あと、ウェットスーツのテストをした。プルブイを挟むよりもっと自然に足が浮く感じ。胴回りはちょっと浮きすぎの感あり。タイム的には50mあたり5秒ほど速くなっているようだ。といっても試泳したのは300mだけなんだけど。

ウェットスーツの「脱ぎ」に関しては思ってたほど手間取ることもなくとてもスムーズだった。これでトランジッションの心配が一つ消えた。

あぁ、しかし今日は寝不足、睡眠時間3時間。このぶんだと夜はまたまた走れそうにない。

付け焼き刃な練習

今さらな感があるが、とりあえずちょっとでも練習。
昨日、スイム900m。 ペースは50mを60秒。これ以上一向にペースが上がらない。どう考えてもスイムは30分をオーバーしてしまうな、これは。

ランは、踊り練習のせいで時間確保がむずかしく、また時間が確保できそうなときに限って雨、と全然走れていない。なので今日はトレッドミルでほんのわずかだが5kmだけ走った。
最初の1kmを12km、そのあと2kmを14km、ラスト2kmを15km。最近走ってないせいか疲れはない。相変わらず右の足底筋膜は痛いけれど。

バイクは、今日は通勤をヨメのチャリで走ってみた。自分のロードは雨が降りそうなので使わず。いや、メンテがめんどくさそうだから。ヨメのチャリ、アビオスは26インチのフラットバーロードだけどそれなりに走る。ただあんまりバイク練習には貢献してない気がする。(^_^;)

6.1km × 2

踊り練習場所までの6.1kmを行きと帰りに走った。

往路 27'57"

食後すぐに走ったので体が重たい。いやそれよりも最近走ってないこと、なによりペースを上げて走ってなかったのでメチャメチャきつい。信号は2カ所ひっかかった。

復路 27'57"

奇しくも往路と全くの同タイム。前半ペースを上げすぎて途中から横腹が痛くなってしまいスローダウン。こちらも信号は2カ所ひっかかった。

どちらもざっとの換算で4'30"/kmペースといったところ。このペースでこれだけきつく感じるのはちょっとサボりすぎ…なんだろうな、きっと。

心を入れかえて走らなあかんな。
ちなみに今朝は筋肉痛…情けない。

今日は走る

ちょっと睡眠不足。
でも気力は充実。
ひさびさに今日は走る。
6.1kmを2本、いけるだけのペースで。


-- iPhoneから

内定通知書きた!

ひわさうみがめトライアスロンの内定通知書が届いた。

レースNo.234
ウェーブ順は、第2W

目標は一応、3時間切り、で。

てか、走ってないし泳いでないし、ほとんどバイクも乗ってないのだが最近。
あと3週間もないのに…。