スキップしてメイン コンテンツに移動

神鍋終了。

タイム 2:25'56" (グロス)
順位  300位

でした。

当日の天候は曇り。時折小雨がパラパラとカラダをしめらせる程度。外気温はおそらく21℃~23℃あたり。8月のマラソン大会としては異例の走りやすいコンディションで、タイムを狙う人にはうってつけだったのではないだろうか。

今回はヨメの伴走と決めていたのでスタート位置も中段より後方でのんびりと構えていた。スタート後いきなり1kmていどの緩い登り坂があるがおしゃべりジョグ程度でゆっくり上っていった。後ろからどんどん抜かされるが気にしない。最初の1周…だいたい10kmくらい?…を1時間4分でクリア。5,6kmまで快調だったヨメも1周が終わる頃にはかなりヘバっている様子で、すでに1周でリタイヤする気満々。作戦では僅かずつペースを上げながらなんとか2時間でヨメをゴールさせるつもりだったがとてもペースアップできそうにない。とりあえずなんとか励ましながら2周目に突入。表情もホントにきつそうで上り坂ではとうとう歩き出してしまった。足の筋肉が限界のようでヘタにペースアップしようとするとたちまち痙ってしまいそうになるらしい。2月の丸亀ハーフに出場してからあと、ジョグすら数えるほどしかしてないのだから無理もない。その後も、トボトボ走りをしたり、歩いたりを繰り返しながらゴールを目指す。これってどこかで見た風景だな、と考えいたら昨年の丹後ウルトラでの自分の走りとオーバーラップすることに気がついた。ヨメのことを笑いどころではない。このままだとっ自分も昨年と同じ轍を踏んでしまう。あと20日、出来るところまでやっておかなければ。

結局、二人揃って上記のタイムでゴール。ゴール後、ヨメは救護所に直行。ふくらはぎの痙りを治してもらいに行ったのだが、ふくらはぎを処置してもらっている間に今度は脛が痙り、脛を治している間にまたふくらはぎが痙り、さらには反対の脚も…とどうにもならない状態で、柔道整復士さん二人がかりで40分近くもマッサージしてもらった。なんとも手のかかる人騒がせなヤツである。

人の振り見て我が振り直せ、丹後では自分が迷惑をかけることのないよう、とにかく残り期間、やるだけのことはやってみよう。これで夏のイベントは全て終わり。あとはウルトラのことだけを考えて走ろう。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。