スキップしてメイン コンテンツに移動

iPod nano、なんでまた?

つい最近、新しいiPod shuffleをウルトラ用にと思って買ったばかりなのに、今日発表されたiPod nanoをポチッてしまった。(-_-;)

shuffleは超小型なのでランキャップにクリップしとけば便利かなと思って買ったのだ。1世代前のshuffleも一応持っているのだが、ちょっとクリップ部分を引っかけてしまい曲がっているのでクリップの止まりが悪いことと、新型はプレイリストの切り替えが可能だったこともあって買い換えたのだ。ただこの新型、ヘッドフォン部分のコントローラー部分が弱いようで、すぐにコントロール不能になってしまう。走っているときにちょうど首筋あたりにあるのでおそらく汗によっておかしくなるのかもしれない。一度Appleに交換してもらったのだが、交換してもらったモノを装着して一度走りに出かけたらすぐに同じ症状になってしまった。再度交換の連絡をするのも面倒で放置したままになっている。

ランの時に欲しい機能としてランニングのログ録り、がある。走行距離、ペースを計測して欲しいのだ。わたしの使用している携帯電話はiPhoneなのでGPS機能を使って正確なログをとるアプリを使用することも可能なのだが、いかんせんGPSを使用すると電池の消耗が激しい。1時間くらいのランならともかく、フルマラソンなみの距離を走るとなると実用性はない。となるとやはりNike+が使えるnanoが実用的な選択になるのだ。

ひとつネックがあってnanoは音楽しか聞けない。いやiPodだから音楽しか聴けないのはアタリマエなのだが。ただ普段のランのとき、手持ちの音楽ばかりだとどうしても飽きがくる。なので最近はFMを聞きながら走ったりしている。使用しているプレーヤーはTranscend T.sonic320。アマゾンで5000円弱で購入したのだがこれはこれで重宝している。しかしFMを聞きながら、ランログも記録したいとなると、nanoとTranscend T.sonic320を2台持って走らないといけなくなってしまう。さらにウルトラでカメラかムービーを持って行きたいと思ったら…。

そんな悩みにnanoはど真ん中のストライクだったのだ。いや正直100kmも走っている間にFMをチューニングし直して局を探しながら走るなんてコトはしないかもしれない。走っている最中にメニューをぐるぐる回しながらムービーを止まって撮るなんてこともしないかもしれない。でも、この1台で全てが叶うかもしれない…という幻想にヤラれてしまった。(^_^;)

あぁ、iPod nanoはやく届かないかな。(^_^)

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。