スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2009の投稿を表示しています

そろそろ海部川の準備を、

海部川風流マラソンまでちょうど2ヶ月。
そろそろ走り始めておかないと完走はともかく、サブ4すら危うい。

今月の走行距離は今現在で75km。

11月は93km
10月は11km

もともと当面ランニングはほどほどにするつもりだったから距離が伸びてないのは仕方ないけれど、それにしてもやはりフルを走るには心許ない。やはり月間で200kmくらいは走っておきたいところ。今月は残り10日。なんとか150kmくらいまでは伸ばさないと。あと来月と2月中旬までは月間200kmペースで行こうと思っている。

10月11月とランは開店休業状態だったけれど、それのおかげでよかったことがひとつ。半年以上にわたって悩まされてきた足底の痛みだけれど痛みが全くなくなってしまった。やはり足底筋膜炎を治すには走らないことが一番のようだ。足底に関しては使い傷めのように思うので、これからは気をつけたい…といってもそれほど熱心に走っていたわけでもなく、またこれからもガンガンと距離を走る予定はないわけだけれども。(^_^;)

海部川風流マラソン、目標はというと…。最低目標は3時間半。今年のとくしまマラソンよりは遅いけれど昨年の海部川風流マラソンよりは速い、と。つまり走力がほぼ現状維持できてればオッケーが最低目標です。ペーストしては3時間ひと桁台をイメージしながら走るつもりです。スピードはキロ4分15秒から25秒くらい? 全然走り込みが出来てないのでこのペースでどこまで持つかわからないけれど、とりあえずはひと桁台ねらいのペースで行ってみて、後半つぶれてしまってもなんとか3時間半まででまとめたい、というのがプランですかね。グダグダなプランですが。

とりあえず練習プランを考えてみます。




駅伝と、これから

日曜日、ラン仲間のKTさんの紹介で「自分越えランニングクラブ」の一因として美郷一周駅伝に参加させてもらいました。

任していただいた区間は2区、2.6km。
距離も短く、しかも下りなので練習不足の自分にはぴったり…と考えていたのですが、よくよく考えれば駅伝なんて酔狂なランニング狂しかでません。そんなラクに走ってどうにかなるような甘い区間なんかあるはずもありません。

端折っちゃいますが、結果は8分46秒で区間13位、上出来だと思います、あの練習量で。(^_^;)
走り終わった後は2時間ほど咳が止まらなくなりました。走っている途中も肺が破れそうなほど苦しく、駅伝は自分には向いてないな、と正直思います。

この駅伝の後は、まんのう公園リレーマラソンを予定しているとはいえ、これは小学生3人を含めたエンジョイイベントとしての参加なので、実質は海部川風流マラソンまでなにもありません。なのでのんびり行こうと思います。

とりあえず12月は150~200kmを目標に。

ジョグの25分ルール

ランニングは楽しいし好きなのだけれどあまり時間をかけられない事情があって、「ジョグの25分ルール」というものを考えてみた。これはジョグで走り、25分経過すれば折り返す、というルールだ。

以前はランに出かけると10km~16km、時には20kmと距離が伸びていた。練習としては悪くないのだけれどいかんせん時間がかかってしまう。そこで25分ルール、だ。

まず25分間ジョグる。ペースは特に決めてない。ジョグなのでその日の体調に合わせて走ればよい。わたしの場合、だいたい普段の体調であればキロ5分ジャストくらいのペースになる。25分で折り返して同じペースで走って帰ってくれば50分。距離はちょうど10kmとなり、ふだんの練習としては不足のない距離となる。しかも時間は50分。さっとシャワーを浴びれば1時間で全てを終わらせることが出来る。

また最初の25分間を速いペースで突っ込んだ場合、6kmちょい走ることになる。最初にトバしたぶん帰りをゆっくりと35分かけて帰ってきても1時間で帰ってくることが出来る。そのときの距離は12km走ったことになる。これもよい練習。さらに帰りも同じペースですっ飛んで帰ってこられたならば12kmを45分で終了。これならお風呂もちょびっとだけゆったり入って1時間。これもナイスだ。

あと25分をキロ5分ペースもしくはそれ以上で走り、折り返し後も同じペースで帰ってくれば50分で、1時間まで残り10分もある。シャワーに当て込んだこの時間を、たまにはWSに当ててしゃきっとスピード練習をするのもよいかもしれない。

とまぁ、いろんなケースをムリヤリこじつけてみたけれどこの25分折り返しを日々のジョグのベースにしようと考えている。