スキップしてメイン コンテンツに移動

ジョグの25分ルール

ランニングは楽しいし好きなのだけれどあまり時間をかけられない事情があって、「ジョグの25分ルール」というものを考えてみた。これはジョグで走り、25分経過すれば折り返す、というルールだ。

以前はランに出かけると10km~16km、時には20kmと距離が伸びていた。練習としては悪くないのだけれどいかんせん時間がかかってしまう。そこで25分ルール、だ。

まず25分間ジョグる。ペースは特に決めてない。ジョグなのでその日の体調に合わせて走ればよい。わたしの場合、だいたい普段の体調であればキロ5分ジャストくらいのペースになる。25分で折り返して同じペースで走って帰ってくれば50分。距離はちょうど10kmとなり、ふだんの練習としては不足のない距離となる。しかも時間は50分。さっとシャワーを浴びれば1時間で全てを終わらせることが出来る。

また最初の25分間を速いペースで突っ込んだ場合、6kmちょい走ることになる。最初にトバしたぶん帰りをゆっくりと35分かけて帰ってきても1時間で帰ってくることが出来る。そのときの距離は12km走ったことになる。これもよい練習。さらに帰りも同じペースですっ飛んで帰ってこられたならば12kmを45分で終了。これならお風呂もちょびっとだけゆったり入って1時間。これもナイスだ。

あと25分をキロ5分ペースもしくはそれ以上で走り、折り返し後も同じペースで帰ってくれば50分で、1時間まで残り10分もある。シャワーに当て込んだこの時間を、たまにはWSに当ててしゃきっとスピード練習をするのもよいかもしれない。

とまぁ、いろんなケースをムリヤリこじつけてみたけれどこの25分折り返しを日々のジョグのベースにしようと考えている。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。