スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2010の投稿を表示しています

足の甲の痛み

情けないことに、今月の走行距離は未だに100kmに届かない。なのに左足甲部分に痛みが出てきた。。これはランナーによくある中足骨疲労骨折ではなくて、おそらくただの炎症なんだろうと思う。ずっと走ってなかったくせに、ムスメにつきあってキロ4分ペースでインターバル(といってもたったの2本だが)をやったりしたものだから、炎症をおこしてしまったんだろう。あまりの不甲斐なさに苦笑いするしかない。(-_-;)

運動強度のレベル

おそらくだけれど自分の最大心拍数は185くらいじゃないかと思う。パルスグラフで測定しているときは計測値が175を越えることはあまりなかったのだが、ガーミンで計るようになって目一杯追い込んだ状態でなくとも(90%くらい)177~9とか表示されるようになった。このガーミンを基準に考えるとHR-maxは185くらいだろう、たぶん。そして安静時心拍数はよく走り込んでいたときで40くらい。今だとたぶん45くらいじゃないだろうか。

こんなかんじでざっくりとだけど、自分の心拍ゾーンを設定してトレーニングの強度毎の適正心拍数を求めてみた。
     運動強度   HR            トレ内容
LV1  ~70%    ~ 143   LSD
LV2  70~85%  143~164  ロングペース
LV3  85~92%  164~173  ペース走
LV4  92%  ~  173~     スピード系トレ

トレ内容は自分なりのメニューなので他の人は違った内容かもしれない。各HRは今の自分の走力ではちょっと高めに感じるので、ひと桁目を切り捨てた数値を設定値として臨みたい。

つまり、

       HR            トレ内容
LV1  ~ 140   LSD
LV2  140~160  ロングペース
LV3  160~170  ペース走
LV4  170~     スピード系トレ

と、こんな具合。
さぁ、設定は出来た。あとは走るだけだ、走るだけ。
もっともそれが問題なのだが。(^_^;)

休息日が多すぎる

怠け癖はあいかわらずで日曜日の佐那河内ラン以降まったく走ってない。さすがにマズいとはおもっているのだけれど、なかなか。今日はムスメの駅伝(といってもわずか1.5kmだが)練習につきあって、スピ練だけでもしようかと思っている。

今日の予定は
500m/2min × 4(インターバル60min)
くらい。少ないよなー。(^_^;)

肩鎖関節脱臼の跡

年末から…正確には9月頃から痛みが出ていた右肩だが、痛みの製で眠りから覚めてしまうことがたびたび続くようになり、また先日の佐那河内ランの後半に腕を上げておくことすら苦痛になり、下にダラーンと下げたまま走らざるを得ない状態にまでなってしまったので意を決して整形外科で診てもらうことにした。

結果は、肩鎖関節脱臼時に周辺の筋が炎症を起こしてそれがずっと続いているのではないかとの所見。7月のトライアスロン転倒時、左肩に強い痛みを感じていたのだが、おそらくそのときに右肩もやはり痛めていたのだろう。めんどくさいのでそのまま放っておいたのだがここにきてツケが回ってきてしまった。

といっても当面治療としてなにかできるわけでもなく、あまり無理に使わないこと、痛みが和らいできたらインナーマッスルトレーニングをして筋を鍛えることくらいしかやりようがない。2月の海部川風流マラソンは、どうやら肩の痛みとの戦いとなりそうだ。

ひさびさのロング走。

ひさびさのロング走。ここ15kmを越える距離を走るのは丹後ウルトラ以来4ヶ月ぶり。丹後以降の走行距離も月間平均100kmにすらとても届かない状況だったので今回のロング走は地獄を覚悟していく。

朝7時に集合。本日は3人でのラン予定。外気温は2℃くらいだと思ってたのだが、あくまでもこれは徳島市内の国道沿いでの気温なので、佐那河内ランのコースでは0℃、場所によっては氷点下だったかもしれない。あまりにも寒いので着ぶくれた状態でモコモコのまま走る。LSDのつもりだったのでキロ6分半で入ったけれど身体が温まらず指先の感覚がなくなってきたのでちょっとあげて6分ジャストくらいで22km。折り返し地点でうどんローディングをして復路。

往路は3人で一緒に走ってきたけれど復路は各自のペースで自由に走る。といっても走り込み量不足のカラダではとてもペースを上げていく気にならず、キロ5分半くらいでダラダラ。同じコースを走られていたランナーさんに声をかけて、話をさせていただきながら40kmまで。40kmあたりでは脚が終わってしまって前に出ないもどかしさ。あぁ、フルマラソンって確かこんな感覚あったなー、と思い出す。(笑)

結局44kmを4時間2分。ペースは別にきつさを感じないけれど、距離がきつかった。走り込み不足がありあり。さて海部川風流マラソンまであと1ヶ月。ちょっとはマジメに走らないとマズイかもしれない。

まんのう公園リレーマラソンの担当周回タイム

担当したところだけ抜粋

2周目 00:07:52 03:54/km

10周目 00:07:59 03:58/km
11周目 00:08:25 04:06/km

16周目 00:08:20 04:10/km
17周目 00:08:15 04:09/km

21周目 00:08:05 04:05/km

こうしてみると大部分の担当でキロ4分より落としてます。
スピ練不足かな、やっぱり。

まんのう公園リレーマラソン

メンバーは小学二年生の女の子、五年生、六年生の女の子、そして奥さん2人組に男二人。

パンフレットを読んでなく、制限時間4時間ということを知って焦った。このメンバーでサブ4なんて…。

でも結果は3時間32分台。リレーマラソンって早く走れるものなんだ、びっくり。

自分は1周、2周、2周、1周と合計6周を担当。1回あたりの距離が短いこともあってだいたいキロ4分平均くらいではいけた。

いいスピ練になりました。


-- iPhoneから

まったりとしたスタート

年越しランはしたものの、正月気分を満喫してそれ以降走ってない。12月の走行距離は103km。なんとか3桁にはなったけれどこの距離では走力の維持すら難しい。海部川のことを考えればそろそろ距離を踏んでおかないとマズいんだけれど…。

今年はとくしまマラソンも3回目。自分と同じく、第1回の申込みを期にランニング走り始めたランナーの方で、そろそろサブスリーをターゲットにという方がけっこうまわりに多い。わたしもサブスリーを意識しないといえば嘘になるけれど、でも今年はサブスリーを達成するために走り込みを増やしたりはしないつもり。ランニングは週に4回、多くても5回。時間も1回あたり50分以内が目安でいく。

大会でタイムを縮めることはとても達成感があるけれど結果を出そうとするとどうしても生活の中に占めるランニングの割合が多くなってしまう。元々ランニングを始めたのは健康維持のため。だから今年は原点に返って健康維持、ストレス解消のためのランニングに止めるつもり。

イメージとしては週のうち3、4回は50分ジョグ、1回だけ長めに時間をとって20kmほどのロング走を行うといったかんじで行こうと思う。距離にして月間150km~200kmくらい。このくらい走っておけばとりあえず現在の走力は維持できるんじゃないかと思う。

大会での目標は一応人並みにサブスリー。(^_^;)
この走り込み量では当然達成できないだろうとは思うけど、とりあえずとくしまマラソンではサブスリーペースで突っ込んでみようと考えている。突っ込んでツブれてしまってもなんとか3時間30分で走れていればオッケー…そんなゆるい目標で行ってみようと思う、今年は。

とにかく今年はランニングに偏重しない、ランニングを愉しむ、大会を楽しむ、ことが目標です。