スキップしてメイン コンテンツに移動

ペースがわからない病

そんな名前の病気はありませんが「ペースがわからない病」にかかってしまいました。たしか前回発症したのは昨年の1月頃。去年の丸亀ハーフ前にかかってしまいました。症状としては目標とする距離を走りきるためのペースがわからない、というもの。つまり10km走りきりたいのにもかかわらず、3kmぐらいでいっぱいいっぱいになってダウン。結果、歩いてしまうというものです。

ジョグで出かけているのでペース走のように一定ペースを保とうとしているわけではないのですが、キロ5分半くらいでスタートしたのに1kmもいかないうちにキロ4分10秒くらいになっているような有様で体内のペース間隔がズレまくっている感じです。ガーミンをつけて走っているのでそのペースを見ればよさそうなものですが、ガーミン自体、スタート時や一旦信号待ちで停止した後の再スタートからの1kmの測定が終わるまでペース表示が遅めに出るように思います。あくまでも体感的にですけど。そういったこともあって走り初めのペースはあまり信用してなく感覚を優先するのですが、この感覚がいまめちゃくちゃでアテにならない状態です。今日も吉野川大橋を走り終えたあたりで潰れてしまいました。あそこまでたったの4kmなのに…。

とくしまマラソン、不安ですねー。(--;

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。