スキップしてメイン コンテンツに移動

さよならターサー

今回シューズをずいぶん迷ったけれど最終はターサーで出場した。フルマラソンは今回で5回目の出場で、1回目はなにを履いて出たか忘れたけれどそれ以降は以下の通り。

第1回 海部川風流マラソン ターサー
2009 とくしまマラソン スカイセンサー
第2回 海部川風流マラソン スカイセンサー
2010 とくしまマラソン ターサー

これ以外にも2度のウルトラはいずれもスカイセンサー。ターサーはハーフを走るときがメインでフルでは2回のみ。今回ちょっとでも軽く、と思ってターサーをチョイスしたけれどこれが大失敗。第1回の海部川でも感じたのだけれどターサーはダイレクトに脚に衝撃が来る感じでスカイセンサーのようにショックを吸収してくれないように思う。

もちろんターサーは素晴らしいシューズでとくにレベルの高いランナーから評価の高いシューズだけれど、自分のレベルだとターサーを履きこなす脚が出来てないので後半辛くなってくる。

体調的に走力的に同じでないからあくまでも主観なんだけれど、自分のコンディション的には2月の海部川と同じ程度だったと思う。でも後半の辛さは2月の海部川の比ではなく、その1年前ターサーを履いて出場した海部川の辛さと酷使していた。この差はやはりシューズじゃないかな、と一応モノのせいにしておこう。(^_^;)

とにかくターサーは軽い。ペースも気持ちよく上がる。でも自分の足ではまだターサーでフルを走りきることが出来ない。なのでターサーは封印…というかもう廃棄してしまおうかと考えている。だって置いておくと1年ぐらい経ったときに今回の辛さを忘れてまたターサーを履こうなんて考えそうだから。

これからはシューズのレベル?を一段下げて、フルでスカイセンサー、ウルトラでゲルフェザーあたりにするつもりです。
靴のせい、靴のせい、と。(^_^;)



このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。