スキップしてメイン コンテンツに移動

Runmeter と Nike+GPS

iPhoneアプリのNike+GPSが出ていたので購入してみました。

昨夜はガーミンと併用して走ってみたのですが計測誤差は10m!! ストップボタンを押したタイミングを考えると実質誤差は無いようなものです。アプリのレビューではGPSの測位が悪くて通常のNike+のほうが正確だったという方もいらっしゃいましたが、わたしの環境ではGPSのほうが正確に測定できました。

Nike+GPSと同じようなアプリでRunmeterと言うアプリがあります。値段はNike+GPSが230円、Runmeterが600円とNike+GPSのほうがリーズナブルです。

Nike+GPSは通常のNike+と同じく、WEBサイトと連動して目標設定ができたり、JogNote的なカップ?のようなものに参加できたりといった機能があります。またWEBへのデータのアップロードは今回からiTunesを使わなくてもwifi経由で送ることが出来るようになりました。あとWEB上にアップしたデータはJogNoteのインポートを使ってJogNote側に少ない手順で反映できることもメリットです。

一方Runmeterは、アプリ単体での累計距離データ管理が出来ます。WEB上へのアップ機能としてはTwitter連携、Facebook連携、メール連携、あと変わったところではGoogleカレンダー連携などができます。

連携も、たとえば

  • ランスタート時
  • ランストップ時
  • リスタート時
  • 完了時
  • 時間毎(例:10分ごと)
  • 距離毎(例:10kmごと)
など、そのデータを送信するタイミングも自由にカスタマイズできます。たとえばTwitterで10kmごとにスプリットタイムを自動でつぶやかせるなんてことも可能です。

あとわたしはGoogleカレンダーを使っているので、ランデータが自動でカレンダーに記録されるのもけっこうツカエル機能です。

どちらもコストパフォーマンスの高いアプリですが、こうやって比較してみるとわたしにはRunmeterのほうがぴったりな気がします。

ということは昨日ポチッたのは無駄金…。(-_-;)

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。