スキップしてメイン コンテンツに移動

Runmeterアプリ

数あるランニング系測定アプリの中でもRunmeterは頭一つ抜けたアプリだと断言します。(^^)
どこが素晴らしいかというと、ランニング中の(というかランニングを始めたときも)情報を一定間隔でTwitterなどに送信してくれます。

この送信間隔は任意で設定することが出来、例えば10分間隔とか1km毎とかで設定できます。送信する情報も現在のペースや走行距離、また現在地情報(googleマップのURL)等と様々な情報を送ることが出来ます。

送信先はTwitter,Facebook,Emailと設定することが出来、たとえばEmailにしておけばEmailの送信先をブログの投稿アドレスにしておけば、自動でブログ上に走行データを投稿することが出来ますし、またアドレスを家族の携帯Emailアドレスにしておけば、ロングランに出かけたときに途中経過を自動で送ることが出来ます。Emailは複数登録することができますのでブログへの投稿と家族への途中経過投稿を同時にすることが出来ます。もちろんTwitterとの併用もできます。

さららに走行記録はGoogleカレンダー上に記録することも出来るなどまさに至れり尽くせりの内容です。

iPhone4ではマルチタスクで動作させることが出来るので、給電環境さえ確保しておけばUstreamでLive中継をしながらTwitterでつぶやき、さらにラン途中の写真を撮影したりiPodで音楽を聴きながらランデータを記録&自動送信することも可能です。iPhoneの電源を切っていてもしっかり動作していますからバッテリーの消耗を押さえることも可能です。

まさにわたしにとっては神アプリなんですが、ひとつ残念なことがあってBloggerを使っているわたしのブログでは文字コードの問題で文字化けが発生してしっまうことです。これはRunmeter側の問題でなくBloggerの受け入れ側の問題なんですが…。

ガーミンもランニング時には装着しているのですが、これは心拍数チェックと手元でペースや走行距離を確認するために使っているのみで、実際のランニング記録は今はRunmeterで管理するようにしています。

おすすめなのでiPhoneを使っている方はぜひ試してみてください。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。