スキップしてメイン コンテンツに移動

佐那河内ラン



ひさびさの佐那河内ラン。



こんな風に書くと、わりと佐那河内を走りに行っているように聞こえるけどジツは佐那河内通算3回目のバリバリビギナーなのだ。







この日はサブ4を目指すランナーさん達3人と一緒、合計4人のパーティでラン開始。スタートは7:30。外気温は1℃だったのでかなり寒い。







ウェアをどうしようか迷ったけど、35kmなので後半は気温が上がって暑く感じるだろうとちょっと薄めのものを重ね着。下はCW-Xと短パン。上はTシャツにベスト、アームウォーマーとウィンドブレーカー。あと帽子と手袋。







とくにマラソン前に調整が必要になるほど立派な脚でもないけれど、滅多に走らない35km、張り切りすぎて脚を傷めちゃったりするのも困るし、歳なので疲れが抜けなくなるのもイヤなので往路17kmはキロ6分~6分半でじっくり脚を使って、復路だけフルの想定ペースで走ってくる作戦。シューズは久々にゲルフェザー。(写真左)







で、往路。







だいたいキロ4分25秒~4分30秒ぐらい。ただし心拍数は予定より上がりすぎてて160~165の間。苦しさはなかったけれどあのペースだと本番は30kmくらいでガタッと来そうなかんじ。海部の心拍数目標は150~155まででゆったりキモチヨク完走しようと考えてたけれど、いざ「走る」モードになるとどうしても勝手にペースが上がってしまう。これは性なのかもしれない。







八万に戻ってきて最後の橋の登りでピキッちゃいました右足のふくらはぎ。あんなに突然に一気にピキッたのが初めてでちょっとびっくり。でも後遺症はないです、ハイ。







今回走ってみて思ったのは、やはりちょっと体重が重いかな、と。(^_^;)







ランニング以外にも運動はずいぶんとしているつもりなので、やはり食べ過ぎ…。



5月のアワイチ、6月のしまなみ海道までには落とします、体重。







佐那河内ランの感触として、怪我さえなければ海部川は3時間30分では走れそうかな、と。



まずはひと安心です。



このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。