スキップしてメイン コンテンツに移動

ウルトラマラソンごっこ

マラソン大会とは呼べないけれど、自分たちでウルトラマラソンっぽいことを実施するときに使えるんじゃないかと考えているのがGoogle Latitude。

これはGoogleマップ上で友達と自分の位置情報を共有できるサービスでiPhoneやAndroidのモバイル端末で利用可能…らしい。一応アプリは入れてみたけど、他の誰かと共有したことないからわからないのだ。


参加ランナーがスマートフォンを持っていることが前提のハナシ。

  • 参加者がお互い全員分の共有をしておく。
  • バックグラウンドでアプリを動作させてスタート
  • ランナーはお互いが今どこを走っているか知ることが出来る
これを使うと少人数でも、トラブルがあったときにそのランナーの一を把握しやすい。そして前後のランナーの位置関係がわかるので励みになる。なによりも繋がっている感が強い。


ランの場合、一緒に走るのは楽しいんだけれど、人数が多くなればなるほどトイレ休憩だったり、体の疲れだったり、ペースそのものだったりで、全員で一緒に走り続けることが難しくなってくる。自分のペースで気持ちよく走りたいものね。でもランナー同士、絆で繋がって共有していたい。


公的な大会と違って少人数での長距離はどうしてもランナーの人影もまばらになってさみしかったりするからこれはいいんじゃないかな。


ウルトラマラソンごっこのルールとしては

  • このアプリを起動して位置情報を共有すること
  • コースの中にいくつかの写真撮影チェックポイントを設けて通過を確認すること
  • ランアプリも一緒に起動して5kmごとの通過タイムをWEB上にメールで自動アップすること
  • それらの情報をwebサイトで確認できるようにすること
  • あとは各自ツイッターで#をつけてtweetしまくる
  • Ustreamで遊びながら走る
とこんな風にして走れば楽しめるんじゃないだろうか。


あ、PCからはiGoogleのガジェットとして見ることが出来るみたい。公開したページ上で誰でも見ることが出来るのではなく、自分のお友達(共有した)だけ見ることが出来る仕様やね。


でもこのアプリ使用してなにかやってみたいなぁ。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。