スキップしてメイン コンテンツに移動

再掲:「がんばれ東北」Tシャツを着てとくしまマラソンを走ろう!

現時点で32名の方にお申し込みいただきました。ありがとうございます。

このTシャツは義捐金集めを目的としたものではありません。義捐金の受付はとくしまマラソン会場の各所で行ってくれるようです。義捐金を集めたり送ったりすることは行政にお任せしたほうがいいと個人的には思っています。

「がんばれ東北」Tシャツは同じメッセージを書いたTシャツをみんなが着ることで注目され誰かの目に止まれば、と思って企画しました。注目されることで撮っていただいた写真が一枚でもネットを通じて、あるいは新聞や雑誌の一コマを通じて、被災地のみなさんにメッセージとして届いてくれれば…そんな思いがきっかけです。
被災地の方々が大変な状況にあるなか、はたしてマラソン大会などに出場して楽しんでいていいのだろうか…震災の日からずっと葛藤がありました。おそらく出場されるランナーのみなさん 、きっと同じ思いだったでしょう。

今われわれのような一般人には現地に行ってなにかを手伝うことはできません。行っても足手まといになるだけです。今できることは義捐金を送ること、献血等で協力することなどの支援です。自分たちが健やかに活力を持って生活し、しっかりと日本の経済を支えることがなによりの後方支援だと思うのです。

マラソン大会に出場することは不謹慎なことではない。
日々を充実して過ごすことこそが命を粗末にしないことだと思っています。

とくしまマラソンを楽しみながら被災地のみなさんに「みんなでバックアップするからがんばって!」の気持ちを送りたいんです。

被災地のみなさんが一日も早く心穏やかな日々を過ごすことができるようになることを心から願っています。


ここからの内容は昨日に投稿した内容です。一部申込時の記載内容を書き足しています。受け渡し場所や時刻、サイズ表はこの記事以前にアップしていますので恐れ入りますがトップページより該当記事をご確認ください。

東北太平洋沖地震 への応援メッセージをプリントしたTシャツを着てみんなで一緒に走りませんか?デザインを考える時間がないのでバックプリントに左のデザインをプリントする予定です。前面はゼッケンを付けることもあって無地のままです。

枚数は21枚以上の発注で1300円程度のようです。TシャツはドライTシャツの白です。20枚以上集まらなければ若干費用が高くなるようですがご容赦ください。

現在SS〜LLまで合わせて1000枚ほどであればプリント可能とのことです。

納期がぎりぎりのようなので受付は明日の午前中までの受け付けとさせてください。

ご希望の方はulkatsu@gmail.comまで

お名前
ご住所
ご連絡先電話番号
希望サイズ
受け渡し場所(前日アスティ or 当日鷲の門)

をご記入の上ご連絡ください。

なお、当日の受け渡しとなりますが鷲の門前に6時半〜7時半までいますのでその間に受取可能な方のみお願いいたします。料金は当日お願いします。(※前日受付会場のアスティでも午後3時以降受け渡し可能となりました。)

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。