スキップしてメイン コンテンツに移動

がんばれ東北Tシャツ再販します。

希望者を募って製作したがんばれ東北Tシャツですが、受付終了後も非常に多くのお問い合わせを頂いていました。

なんとかご希望する方にお届けする方法は無いものかと検討していましたが、今回製作業者さんにご協力頂けることになりました。細かな詰めをして正式にご案内できるのは来週になりそうですが、まずは現状までのご報告。

Tシャツの代金ですが前回作成したときの費用が1枚あたり1,041円でした。今回、料金の収納、荷造り発送を業者さんにお願いするのですがそれらすべて含めて1,100円程の価格でご提供できそうです。

上記金額には振込手数料と送料は含まれていません。このあたりも現在調整いただいているところです。

わたし自身、会社員で勤務している身ですから副業をしていると誤解されてしまうような金銭の窓口となることは避けたいと思っていました。それとやはり発送作業等は思いの外時間を取られてしまうので、自分ひとりで長く活動を続けるには限界があります。このあたりの問題点が業者さんが受け持ってくれることによって解消しました。

あと、今回のがんばれ東北Tシャツで新たな点を2つ。


  • フロントプリントバージョンも作成します。
  • ノースリーブシャツバージョンも作成します。


どちらもご希望の多かったものだけに対応できてうれしいです。

それともうひとつ、
まだ確定した返答は頂いてないのですが…

Tシャツ20枚のオーダーにつき1枚を
無償でいただけるようお願いしています。

本来がんばれ東北Tシャツは、がんばれ!のメッセージを被災地の皆さんに届けたいと思って作成しました。多くのランナーの方の賛同を得てみなさんに着ていただいています。それ自体大きなメッセージ効果があると思うのですが、それとは別にこのいただいたTシャツを使ってメッセージを送りたいと考えています。

具体的には


  • 大きめのTシャツをいただいて、これにみんなで寄せ書きしたものをメッセージとして被災地に送る。
  • 政治家やスポーツ選手など著名な方に送る。
著名な方に送ることに付いては賛否両論あるかもしれません。着ていただけるかどうかわかりませんが、そういったメディア露出が多い方にお送りすることによって被災地の方にメッセージとして届くかもしれないという点と、この人にメッセージを発してもらいたい、このひとにもっと頑張ってもらいたい、そんな叱咤激励の意味も込めてお送りすることができたらと思ってます。

衣類としてのTシャツでなく、そこに書かれたメッセージ、またみんなの思いを伝えるための手段として使えたらいいな、と考えています。

言葉足らずで上手く説明できてないかもしれませんが、
今自分が考えていることを書いてみました。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。