スキップしてメイン コンテンツに移動

四国横断キャノンボールラン

思いついてからというものそのあまりの魅力に頭から離れなくなったキャノンボールラン。

コースのイメージとしては徳島市鷲の門広場から松山城、あるいは道後温泉までの約200km。制限時間は24時間。計算上はキロ7分でいけば辿り着く計算だ。
キロ7分でキャノンボールを名乗るはどうかというのはおいといて、24時間というのはけっこうギリギリのラインなんじゃないだろうか。

キャノンボールなので、装備は自由。コースも自由…といってもランの場合最短コースでしか誰も走らないだろうけれど。映画の場合は交通ルール無視でかっ飛ばすんだけども、一応そこはかっ飛ばして走るのはいいけれど交通ルールに関しては紳士的に守るが原則。
夕方4時、参加者みんなで時計を合わせ一斉にスタート。次の日の夕方4時までにゴールを目指す。とてもきびしいランなので参加を決意することだけでも大変。参加した者は結果にあわせて各称号が贈られる。

★    参加した者         チャレンジャー
★★   ゴールした者        フィニッシャー
★★★  制限時間以内にゴールした者 キャノンボーラー
★★★★ 一番でゴールした者     ウィナー

ゴール地点が道後温泉なら、そのままひとっ風呂浴びることが出来る。もちろん夜は参加者が集ってひと飲み。でもたぶん眠くてすぐ潰れるんだろうな、きっと。(^_^;)

ぜひみなさんの予定を聞きながら実現可能な日程を決めたいですね。昼夜走るので寒暖がきびしくない時期がいいな。

コースをざっと拾ってみた。スタート地点が鷲の門じゃないので7kmくらい短めかな。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。