スキップしてメイン コンテンツに移動

キャメルバック アルテッラ バックパック

ずいぶん前に購入したキャメルバッグを引っ張り出してきた。ウエストポーチスタイルのもので容量は0.8リットル、ランニングというようりどちらかと言えばウォーキング用だと思っている。

なぜウォーキング用と判断してるかといえば、ウエスト部分にベルトのように横一本の支えで1kg近い重さを支えたまま走ると、どうしても上下に揺れてしまうからだ。ある程度の重さになってくるとショルダーから止めて背負わないとバッグが上下することによって皮膚が擦れてしまうからだ。ウォーキングだと上下動が少ないので用途的に大丈夫かな、と。

以前買ったばかりの頃、これを使って40km走をしたとことがあったけれど見事に腰骨のあたりの川が擦りむけてしまった。もっともあのころはウエストで止めるということを知らずにファッション用のヒップバッグのように腰骨のあたりで止めていたので擦れるのも無理も無いかもしれない。

容量的には先日のとくしま100kmウルトラマラソンごっこ的な使い方にはぴったりだと思うので一度普段のランニング時にウエストでしっかり止めてもう一度どれだけ擦れるか試してみようと思う。もし「擦れ」が装着位置の問題であって、ウエスト留めで擦れない場合はこれで淡路島ウルトラマラニックに参加してもいいかな。

ハイドレーションパックの両サイドに浅いポケットが2つある。ここになんとか片方ずつiPhoneとエネループを押しこみ、ベルトの前部分に小銭入れと鍵を収納できるのでその他の余分な手荷物さえなければこれでもなんとかなりそう。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。