スキップしてメイン コンテンツに移動

Runmeterのインポート機能

ほぉー。

最近よく使っているiPhoneアプリのRunmeterにインポート機能というのがあったんで使ってみた。Runmeterアプリはランニング記録やBikeの走行記録をGPSで測定し記録してくれるアプリなんだけど、イロイロと便利な機能が多いのだ。たとえば、

  • 走ったコースをGoogleマップ上にプロットしてくれる
  • 任意のキロ毎、任意の時間毎に走行データを自動的にTweetやE-mail、facebookのウォールに自動送信してくれる。
  • ラン終了後も同様にTwitter,facebookしてくれる。
  • dailymileにも自動で記録をアップロードしてくれるので累計のランデータ管理が便利
  • Googleカレンダーにも書き込んでくれるのでスケジュール上でランデータが見られる
  • E-mailに家族のアドレスを設定しておくと長距離のランに出かけたときに途中経過を自動送信で伝えることが出来る。
  • E-mailは複数設定でき、そのひとつをBlog投稿アドレスにしておくとブログへの自動投稿も可能。
とまぁ、ほんとにイロイロとアウトプット環境が充実していて便利なアプリなのだ。

このアプリを使うときに走るコースの設定できる。今まで走ったことのあるコースデータに名前を付けて次回以降呼び出すという使い方がメインだけども、ここにインポートしたデータを登録できるらしい。インポートできるファイル形式はTCXとKML形式らしいのだけれど、やってみたところKML形式しか読み込むことは出来なかった。取り込み方法はE-mailでiPhoneアドレスにファイル添付して送信、その後添付ファるをタップすると「Runmeterでひらく」が出てくるので、それを選択すればインポートできる。

とりあえずデータはルートラボでコースを作成したものをファイル形式でダウンロードして添付。コースは淡路島ウルトラマラニックのコースをインポートしてみた。

コースを選択してRunmeterアプリを起動させると過去のそのコースの走行データとタイム比較して自己ベストの管理をしてくれるらしい。普段のランコースでやると楽しそうだな。

あとアプリの機能にライバルの登録というのがあるのだけれど、どう使うのだろう? これがもし同じコースでスタートして、ライバルの現在位置を表示してくれる物だったら楽しいんだけどな。だれか使っている人いないかな?

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。