スキップしてメイン コンテンツに移動

しまなみ海道100kmウルトラ遠足の予定

しまなみ海道100kmウルトラ遠足の準備をそろそろしなくちゃいけない。

当初ラン友の奥さんの運転で福山まで乗せていってもらって車中泊してスタート、ゴールで拾ってもらうという計画だったのだけれど奥さんが行けなくなったようなので予定を変更した。行程としてはこちらを金曜日の夜まで自宅で睡眠後、夜中の11時に出発福山に3時着で車をパーキングに乗り捨てて遠足をスタート、ゴール後今治で1泊して翌日に高速バスで福山に戻ってきて車をとり、そこから徳島に戻る予定。ワンウェイの大会は移動手段に困る。(^_^;)

遠足の目標としては

  1. 愉しんで完走すること
  2. タイムの目安は11時間40分
  3. できがよければ10時間30分
といった順で優先順位づけ。

まず愉しんで走ること。後半苦しくってランが辛くなるような走り方はしたくない。どこか傷めてしまってそうなるのは仕方ないけれど速いペースで入りすぎて潰れてそうなってしまうのは勘弁。なので心拍数の上限は140~145を目安に走ろうと思う。

タイムの目安としては11時間40分でいく。これは坂道や休憩を含めてトータル100kmをキロ7分で走りきるイメージ。秋に予定している四国横断キャノンボールランやアワイチランはこのペースを想定している。なのでこのタイムで走りきった後、まだ心肺、脚に余裕があることが目標。

もし心拍に余裕があり途中でペースアップしたくなれば目標タイムを10時間30分する。このタイムはスパルタスロンの出場要件らしい。スパルタスロンに出場する気が今あるわけじゃないけれどいつかそういった気になったときに要件を満たしていないと話にならない。なので今年はウルトラn目標タイムとして10時間30分を掲げている。このタイムは秋の丹後で狙いたいと考えているけど、もしペースに余裕があれば今回イロケを出してみるつもり。

実際のところ、走り込みの量は不足しているし体重も過去最重量に近いところに留まったままなのであまり過度な目標を掲げ、結果それにツブされて意気消沈して大会そのものを楽しめなくなるのはあまりにも寂しいので、気負うことなく初夏の瀬戸内海の景色を愉しむマラニックのつもりで走ってこようと思う。(^^)

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。