スキップしてメイン コンテンツに移動

とくしま100kmウルトラマラソンごっこ(作成中 5/28更新)



もし徳島でウルトラマラソンを開催するとしたら…
県外から参加するランナーに徳島のいいところを見てもらいたい。
そんなことを考えながら考えたオリジナルのルート。


コースは駐車スペースに困らないマリンピア沖洲のターミナルがスタート地点。徳島で開かれるマラソン大会のコースや徳島の名所を通りながら100kmを走る。主な名所やコースは次のようなもの。







  • 吉野川河口堤防(吉野川マラソン)
  • 吉野川大橋(とくしまマラソン)
  • ウチノ海総合公園
  • ウチノ海海沿いの道(瀬戸内海国立公園)
  • 鳴門わかめ水揚場
  • 大鳴門橋
  • 大塚美術館
  • 鳴門の渦(観潮船乗り場近く)
  • 鳴門スカイライン
  • 星越峠(ジングルベルマラソンのコース)
  • 大谷焼
  • 霊山寺(八十八ヶ所巡り一番札所)
  • 大麻比古神社
  • ドイツ館
  • 吉野川沿いの道(とくしまマラソン復路コース)
  • 高瀬橋(潜水橋)
  • 吉野川第十堰
  • 眉山
  • 阿波おどり会館
  • 新町川水際公園
  • ケンチョピア






コース安全上の注意点

コースで注意するべき点は3つ。

まず10km付近にかかる加賀須野大橋だが橋の途中で松茂方面から車の合流ポイントがあるが橋に設けられた防音壁?でブラインドとなってしまっていて非常に見通しが悪い。横断する際は対抗方面からの車の往来を確認して、車が来ていないときに一旦車道に膨らんですこしでも見通せるようにして安全を確認の上横断することを勧める。

次に20km地点付近にあるコンビニから46km付近のスーパーマーケットまで、コース沿いに食料品を購入できる店はない。とくに39km付近からの星越峠越えまでには自販機の設置も少ないのでこの区間に入る前に補充しておく必要がある。

また高瀬橋を越えてからの吉野川北岸(とくしまマラソン復路ルート)では71km付近から81kmを超えるまで自販機、公園もない。とくにこのあたりを走行する時間帯は日中になり頻繁な水分補給が必要となる時間帯となるだけに補給水の確保は事前にしておきたい。

コースマップ





このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。