スキップしてメイン コンテンツに移動

淡路島ウルトラマラニックの装備予定

淡路島ウルトラマラニックまであと一週間。そろそろ持ち物等のチェックをしなければ。

ハイドレーションだけど、やはりバックパックタイプで行くことにする。先日引っ張り出してきたウエストバッグタイプのものはやはり擦れる。

かなり高めの位置(ヘソか、ヘソのちょい上)あたりに留めるのだけれど重量があるので(水だけで900gほど)ベルトのような留め方だと重さでバッグ自体が多少上下してしまう。その上下したベルト部分が腰骨の上あたりに擦れてくるので10kmほどのランで赤くなってしまった。おそらくあれで60kmも走ったら腰骨のあたりの皮膚がズリ剥けてしまうだろう。

というわけでハイドレーションパックはグレゴリーのルーファスでいくことにする。バックの背中のポケットにエネループを入れ、ハイドレーションのチューブを通すガイドに充電用ケーブルを通してiPhoneをサイドのポケットに入れる予定。

iPhoneにはEdyのシール。コンビニでの支払い時に財布を出さなくてすむので手間が軽減される。あとiPhoneまわりではgoogleマップ上に撮影した写真を読み込ませるために写真を位置情報を付けて撮影する。runmeterアプリによるツイートは5km毎に設定。こちらはBLOG上への投稿はせずにツイートのみにする予定。

当日走るコースについてだけど、秋にひとりで走ったときと南の方の一部で違うコース取りにしているのでそのあたりのコースが判らない。なのでガーミン310XTにマップデータを読み込ませてナビ代わりに使う予定。

ウェアは長袖のコンプレッションウェアの上にがんばれ東北Tシャツ(仕上がっていればフロントマークバージョン)、下は短パン、シューズはサロマレーサーの予定。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。