スキップしてメイン コンテンツに移動

四国横断キャノンボールラン

四国横断200km
阿波徳島鷲の門広場前から
伊予松山道後温泉まで

誰よりも早くゴールできるのか
24時間以内にゴールできるのか
そもそも200kmを走りきることが出来るのか

自らの限界に挑戦し
四国横断の夢を見る



24時間という限られた時間でどこまで遠くへ走っていけるのだろう? ひょっとすればこの広大な四国を横断できるんじゃないか? そんな馬鹿な妄想からスタートしました。 

具体的なコースとして描いたのは200km。徳島市中心部の鷲の門広場をスタートして四国を一直線に横断して松山市の道後温泉を目指します。砲弾のように一直線に最短距離、最速でのゴールを目指すのでキャノンボールランと名付けました。




予定コース


キャノンボールランなので映画と同様コース取りは自由です。迂回路を通っても裏道を通っても問題ありません。唯一の制約はスタートからゴールまでを自らの脚でランすること。










開催日
(スタート): 徳島市鷲の門広場前
        2011年12月3日(土) 16:00


(ゴール):   松山市道後温泉
        2011年12月4日(日) 16:00






装備


キャノンボールなので基本的に装備も自由です。ハイドレーションパック等の装備を使用するかしないかは自身で判断してください。自分自身が24時間200kmを走りきるために必要と思われる装備で臨んでください。

ただし安全のため夜間の前方灯とリフレクターを追加することを義務とします。前方灯は足下照らすためのヘッドライトでなくても構いませんが、最低限前方の車等から視認できる白色灯(LEDのキーライト等でも可能)を装備してください。またリフレクターはリフレクターベストもしくはリュックやウェアにリフレクターを追加で貼り付けたものでも構いません。

推奨装備として走行ログがとれるGPSウォッチ等を挙げておきます。できれば完走後走行データ等を公開してコース攻略のための情報共有が出来ればと考えています。


参加資格

ウルトラマラソン100kmを11時間以内完走経験を持つ者。もしくは参加日までにそれに準ずる走力を有すると思われる者。これは厳密な参加資格ではありません。このキャノンボールラン自体、自己責任でのランニングですのでこのタイムより遅い方で参加していただいても構いません。ただし完走時間は相当時間超過するのではないかと予想します。

各賞

自主開催なので各賞は用意できません。m(__)m
ただしキャノンボールラン専用のホームページを立ち上げて以下の各位に分けてその栄誉をたたえます。(^^)

★    参加した者         チャレンジャー
★★   ゴールした者        フィニッシャー
★★★  制限時間以内にゴールした者 キャノンボーラー
★★★★ 一番でゴールした者     ウィナー


その他備考

スタート地点で一斉に時計スタート。ゴールは各自道後温泉にタッチした時点をゴールとみなして自己計測、自己申告です。ゴール後は道後温泉に浸かった後は16時の終了タイムまで道後温泉の休憩室で休んで他のランナーの到着を待ってください。ゴール時間超過後は未ゴールのランナーには携帯で連絡を取り状況を確認します。

参加人数が複数なら同じ宿を予約して夜は一席設けたいと考えています。(^^)


参加申込みフォーム

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。