スキップしてメイン コンテンツに移動

ランとバイク

ほっんとに追い込まれないとなんにもしねーんだなコイツ…と自分で思いながら、やっとこさ昨日走った。約10kmのコースを自分なりに目一杯走ったつもりでキロ4分50秒でした。遅っ!

心拍数を上げて走ったのはいつ以来だろう? あぁ多分海部川風流マラソンの時以来だ。最近はずっとHR150までのランしかやってなかったので(というかそもそも走ってもないのだけれど)、HR160を超えるランはきつかった。最後ビルドアップしようとしてHR180まで上げたときは悪寒がしてブラックアウトしそうなくらいだった。…そのわりには全然速くないけれど。(--;)

当面は有酸素運動慣れをしながら脂肪を削り、徐々にペースアップを図ってみよう。現状、時間的都合でランに多くの時間を使えないので自転車+ランの2種目で脂肪を削り取る予定だ。

で、さっそく自転車通勤。

ペダリングをスムーズにラクにするにはどうしたらいいか、なんてことを考えながら踏んでみた。

素人考えで合っているのかどうか判らないけれど、気が付いたのは以下の内容。


  • ペダルが一番上に来たときにペダルの上に脚をのっけるようにして脚の重さを預ければラクに回せる。
  • 重さで回せるのは上死点を過ぎたところから下死点の手前まで。時計の針でいうと1時くらいから4時半くらいまで。
  • 反対側の脚は抵抗にならないようにペダルから抜重する。時計の針でいうと7時から10時半くらい。
  • 10時半から1時までの間はペダルを前に送ってあげるとスムーズに回せる
このペダリングが正しいのかどうかはわからないけど、このやり方で回すとあまり重さを感じずに回すことが出来た。いつも通勤で27km自転車に乗った後は脚に疲れを感じるのだけれど今日は疲れを全く感じることがなかったので、、少なくとも今までのペダリングよりも自分に合っているんじゃないだろうか。

ちょっと自転車が楽しくなってきた、かもしんない。(^^)

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。