スキップしてメイン コンテンツに移動

ラン換算すると…

スイムとバイクをラン換算する場合に係数をどうするかには諸説あるようだけど渡しの場合は、

スイム × 4
バイク × 0.4

で考えている。

つまりスイムで1000m泳げばランで4km走ったと同じ運動量、バイクで10km走ればランで4km走ったと同じ運動量というわけだ。

この係数は運動量というか消費カロリーの目安にするものなんだろうけれど、たとえばランのキロ5分ペースを基準に考えてみると

ラン1km 5分
スイム1km 20分(50mを60秒)
バイク1km 2分(時速30km)

となる。もともとランニングからスタートしたのでランが一番馴染みがあるけれど、スイムの50m/1分ペースもそれほどキツくなく感覚的にはキロ5分のランと同じくらいの強度に感じることもある。バイクは正直平均時速30kmで1時間走る自信がないのだけれどバイク畑の人にとってみればキロ5分ランと同じくらいの心地よいペースなんじゃないかと思う。

単純にトライアスロンの51.5kmをこのペースで計算してみると、

スイム 1500m 30分
バイク 40km 1時間20分
ラン 10km 50分
合計 2時間40分

これにトランジッションタイムがあるので実際はもっとタイムは落ちるだろうし、スイムでは蛇行して1500m以上泳ぐことになるだろうし、日和佐の場合アップダウンが厳しいのでバイクのタイムは落ちてしまうはず。

もろもろを考えるとトランジッションタイム5分、スイムとバイクでのプラス時間10分として2時間55分くらいがキロ5分ペースで気持よく?レースを楽しんだ時のゴールタイムの目安だろうか。

あぁ、バイクの時速30kmがランのキロ5分に感じられるように早くなりたい。^^;

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。