スキップしてメイン コンテンツに移動

トラのトレ

フルマラソンでサブ3を狙う人が行うトレーニング料の目安として月間300kmというのがある。もちろん300km走ったからといってサブ3を必ず達成できるわけでもないし、また逆にサブ3を達成している人でも月間走行距離が短い人もいる。ただサブ3を達成している人の月間走行距離はおおむね300kmを突破していることが多いといいうものだ。

300km超=サブ3 の確証はともかく、これだけの距離を走っているランナーのタイムが総じて高いレベルにあるのは事実であながち的外れな練習量ではないと思う。

ところでトライアスロンで入賞を狙う人たちの練習量はどれほどなんだろう。ブログを書かれている有力なトライアスリートたちの練習日記を覗いてみると、
  • スイム 40~60km
  • バイク 1000~1500km
  • ラン 250~400km
という練習量だった。そんなに多くの方の練習量を参考にしたわけじゃないけれど…。(^^;)
わかりやすくスイム×4 バイク×0.4 としてラン換算してみると…
  • スイム 160~240km
  • バイク 400~600km
  • ラン 250~400km
!!!!
となる。全部合計すると810~1240km。いやちょっとマジで怖い。なんでそんなに動けるのか、なんでそんなに時間がとれるのか…。ホント鉄人ッスね。(^^;)

また上記各種目の練習量の比率に焦点を当ててみると、

スイム 2 : バイク 6 : ラン 3

の割合に近く、これはトライアスロンの競技における各種目にかかる所要時間の割合に近い。なるほどバランスを考えてトレーニングしてるんだなぁ、さすが!

練習内容のレベル・密度はともかく、もし自分が上記トレーニングに近い時間を確保しようとするならば自転車通勤を日々行いながら可能な日は早朝スイムを実施するという方法が一番無理がない気がする。
  • 自転車通勤(往復54km)×25日
  • 早朝スイム(2km)×20日
  • ラン(10km)×20日
さらに火水の遅番の日いずれかに、OWS&ブリックラン(つまり勝手トラ、だ)、さらにそのどちらかの日にLSD走で距離を稼ぐ、といった感じだろうか。

いや書くのは簡単。でも気持ちと体がもたないような…。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。