スキップしてメイン コンテンツに移動

丹後100kmウルトラマラソン完走のためのペース設定

ウルトラマラソンの時に意識していることがあります。
それは完走するために必要なペースです。

当然ランナーの方はみんなペースを意識していると思うのですが、走力のないわたしが意識するペースというのは、スタート地点からどのくらいの平均ペースで何km走れば、あとは歩いてしまっても完走ゴールできるか、というペースです。

たとえば

キロ5分ペースだと
35km走れば残り65kmを
時速6kmで歩いてもギリギリ完走ゴールできます。
丹後1年目はまさにこれでした。

キロ6分ペースだと
45km走れば残り55kmを
時速6kmで歩いても大丈夫。

キロ6分30秒ペースだと
50km走れば残り50kmを
時速6kmで歩いても大丈夫。

もちろん、後半の歩き時速6kmにはエイド休憩も上り坂も含まれているので実際はこれよりも速いペースで進む必要があります。けれど走れなくなるといっても完全100%走れない状態というのは稀なので、この歩いた場合のペース、キロ10分(時速6km)を目安にしとけば多少の調整はなんとかなります。

あとは自分のトレーニングの仕上がり具合とその日のコンディションです。今回はエイド休憩も含めるとおおむねキロ6分ペースだったのでとにかく45kmの浅茂川漁港までしっかり走ること(というか今回に限らずいつもここを目安に走ってます)を完走のキーポイントだと思って走りました。

まずは自分自身にとってある程度セーフティなペースで完走圏内まで駒を進めて、そこから先にタイムのことを考えるという作戦で走っています。

こんなんだからいつまで経っても速くなれないのかもしれませんが。(^^;)

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。