スキップしてメイン コンテンツに移動

ピッチを意識してみた。

ジョグ、ひさびさに完走。

久々にパルスグラフを装着して走ったのだけれどこれがけっこういい感じ。ガーミンは画面を4分割できるのでペース、スタートからのタイム、走行距離、心拍数を表示しているのだけれど、ペースが見えるだけに心拍を意識するつもりでもペースが気になってしまう。なのでついつい許容範囲の中でできるだけ高めの心拍を維持しようとしてしまう。けれどパルスグラフにはペースを図る機能はないので純粋に心拍だけを意識することが出来る。

ガーミンが壊れてからは心拍も把握できないままなんとなく走っていたけれど今日久々にパルスグラフで心拍をチェックしながら走ると自分の体感と実際の心拍のすり合わせができてイメージが近づいてきた。

今日はHR150で走るつもりでランに出かけたけれど帰ってきてみたらアベレージで151。ほぼイメージ通りの強度をコントロールすることができた。

あと目からウロコだったのがピッチ数。ガーミンでもフットボッドを取り付けて一応計れるようにはしているのだけれど、ポッドがシューズの紐のところでチャカチャカと小音がするのが気になるので付けてない。あとガーミンの4分割画面にピッチ数が入りきら無いので2画面目になってしまうのでいちいち切り替えてみるのが面倒なのもあるけれど。

で、パルスグラフで確認してみたらどうやら自分の今の走り方はピッチがすごく落ちていて160代後半くらいで走っていた。以前はウルトラに合わせて…というかそれがいいんじゃないかと自分でかってに思っているだけなのだけれど…ピッチを195くらいを目安に走っていた。ただ195あたりだとかなりペースも上がってしまい必然的に心拍数も上がってしまうのでキロ5分半くらいでいくならば180~190くらいまでじゃないかと勝手に思ってる。

今日はピッチが落ちているのが判ったのでピッチを上げて走ってみた。だいたい180~185くらい。ピッチを上げると体の上下動が減って足の負担が減ってきたように思う。丹後まではピッチ中心を意識して走っていくつもり。


このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。