スキップしてメイン コンテンツに移動

丹後のペース設定

いよいよ来週は丹後です。

阿波踊り終了までろくに走り込んでなかったですが、それからとにかく足慣らしだけでもと距離を踏んでいます。本番直前の4週間で250km程度走っていればなんとか完走できるんじゃないかと践んでいます、いやまったく根拠はないですが。(^^;)

走り込み事態の絶対量が足りないのはここ2年ほどお約束のパターンなので仕方ないとして、今年が去年までと違うのはHR160台でのランを全くしてないこと。キロ4分半くらいで走った記憶がほとんど無いですから。そのせいかHR150近辺でも相当息が苦しく感じます。以前HR165あたりでのラントレを繰り返していた頃はHR150だとすごく息がラクだったのですが、今だとゼィゼィハァハァいいながら走っています。レッドゾーンの低いエンジンなのでHR150回転で回すと途中で壊れやしないかといささか心配だったり…。

ただキロ5分ペース時の心拍数という点で見ると3年前も今もそれほど変化はなくこの時期、この季節だとHR150~155くらい。

1年目は設定心拍数をHR160にしてアップダウンも含めてキロ5分で押していって35km地点あたりでツブれました。ツブれた直接の原因は傷めていた足の痛みでしたけど。2年目は4時間16分で50km。やはりキロ5分で50km押していきました。一番走り込んでいた時期なので持久力はあったのですが尿意切迫感が出て後半は歩き。3年目の去年は今年並みの走り込みしか出来てなくってキロ5分半くらいのペース。45kmくらいからタレてしまって50km通過は4時間56分台とほぼキロ6分ペース。そのときの50kmまでの平均心拍数は140ほど。去年までの失敗を素に考えると、平地でキロ5分半程度を、心拍数で145あたりまでを目安にして走り、登り下りは決してペースに固執することなく心拍数を平均化すること、足に負担をかけないことを優先して走るべきかもしれません。

とにかく走り込みが出来ていない今年は細く、長く、です。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。