スキップしてメイン コンテンツに移動

なんとか完走できそうです。

いよいよ2011歴史街道丹後100kmウルトラマラソンまであと一週間です。走り込みは消して満足な量とはいえませんが、直近4週間で208kmになりました。本番までには250kmには到達できそうです。

毎月コンスタントに200~300kmを走ってきたわけではないので走力アップは全く期待していないのですが、どうにか完走できる目安はついてきました。

目標タイムは一応10時間半。過去のベストタイムが11時間38分なので、走力アップもしていないのに目標としては高すぎる気もしますが、とにかく筋肉に負担をかけないフォーム、負荷をあげすぎない心拍コントロール、無駄な休憩を省くなど、自分の今の走力を出来るだけ細く長く効率的に使えるように試行錯誤してみるつもりです。

今回の目標は上記のタイムと合わせてもう一つあって「100kmをゴールした時点でフルマラソンの中間地点のように感じられるほど余裕を残しておくこと」。10月のアワイチラン160kmを念頭に置けば100kmは少なくとも中間点と思えるくらいの余裕は必要です。

とにかくテンション上がって競わないこと。タイムを出そうと気負わないこと。大会に出ると、つい抜かれないよう、置いていかれないようにペースを周りのペースに合わせがちですがマイペースを心がけます。あとどうしてもスプリットを見ながら頭の中で「まだサブ10ペース…」とかやりがちですが、背伸びした目標タイムは狙わない。タイム目標はあくまでも10時間30分。

具体的には心拍数を135~145に保って走っていきます。140付近でのペースはおそらくキロ5分30秒。スタートより時間が経過して暑くなってくるとそれよりも遅いペースになるはずです。スタートの4時30分より3時間半程度はキロ5分半でいけそうな感じ。フルを4時間、50kmを4時間50分程度がイメージする設定ペース。後半の50kmを5時間40分で走ることが出来れば目標達成です。

大事なのは筋疲労を極力抑えるフォーム。今日からの数日間、あまり長い距離を践むことはもうしませんがフォームを意識して走ります。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。