スキップしてメイン コンテンツに移動

アワイチラン 去年の挑戦のこと

アワイチ、南淡路ICから明石大橋までの区間、98kmと思い込んでましたが今以前走ったときのガーミンのデータを確認したところ90kmほどでした。このときは道の駅スタートしているので南淡路ICスタート&ゴールなら2kmほど短くなるはずです。 

このときはスタート時点からかなりの雨が降っていて走り始めて10分足らずで靴の中はぐちゃぐちゃになってしまいました。ウェアの上にはカッパ、レインハットをかぶってのランでした。

午前0時スタートということもあって夕方からベッドに入ったのですが、いつもと全く違うリズムの就寝時間なのでほとんど眠ることが出来ませんでした。気持ちも高揚してましたし…。(^^) 

雨の中スタートして30分も走らないうちにすれ違う車は全くいなくなり、ガスった山の峠道を走り続けます。周りには民家や人影もなく聞こえるのはなんかわからない獣が草むらを走る物音のみ。とても不安で神経をすり減らして海沿いの道に出てきたときは安心で眠くなって、雨の降る中真っ暗なバス停のベンチで雨に打たれながら仮眠をとったりしてました。

とにかく眠かったのと心細かったことが印象に残ってます。夜が明けてきてはじめて見つけたコンビニの明かりには涙が出そうになりました。 ラン自体は睡眠不足もあって低調で60km過ぎから脚が痛くなり始め75kmからはほぼ歩き一辺倒でした。
   
この2週間後に今度は淡路SAスタートで南淡路ICまで走っています。

こちらはゴール直前までずっと平坦路中心なので比較的ペースを維持しやすいコースです。40km付近までキロ6分を切るペースで快調に走っています。40kmを過ぎたあたりで疲れで足が止まり始め、それと時を同じくして脚を傷めてしまって残り20kmは歩きがずいぶん入ってしまいました。

   
こちらは約63kmなので合計すると淡路島一周は150kmということになrます。いままでずっと160kmと思い込んでましたが10kmハードルが下がったのでなんかうれしい。

ペース等は地図にある「詳細を表示する」をクリックしていただくと確認できます。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。