スキップしてメイン コンテンツに移動

初眉山トレラン


水曜日、トレイルの試走をしてみたくなりちょっとだけ眉山に行ってきました。

トレイルランをしようと思い立ったもののいったいどこからコースに入っていいかも判りません。この日は出勤前…というか出勤途中で寄り道してのランだったので、イチバン通勤コースに近いところからとりあえず眉山の山頂を目指して登ってみようということで阿波踊り会館横のロープウェイ下から登りはじめることにしました。

ところがこの登りがキツイノナンノ…。 
最初の階段もかなりキてましたが、途中からの路のガレた檄坂に一瞬でふくらはぎがパンパンになってしまいました。

トレランというよりは山登りという感じで走れるような路じゃないですが、あれはアシを鍛えるにはもってこいのコースです。この路を15分ほどかけて鉄塔下に到着です。

さてコースですが、以前蔵本側から眉山を登ってきたときに途中に縦走路入り口と書かれた場所があったことを思い出しそこに向かいます。

頂上から1.5kmほど下ったところに入り口を発見。どんなところかわからないけれどとりあえず行ってみることに。

縦走路入り口の階段を抜けるとすぐに鉄塔下に到着。そこからはファーストラックというのでしょうか、人ひとり分ほどの幅のコースが続いています。

軟らかい土の上に落ち葉が重なってとても柔らかくふわふわした走り心地。決してロードでは味わえないような起伏に富んだコース。まるでジェットコースターに乗っているようです。

これは…
愉しい。(^^)

ホントは麓までずっと走り続けたかったのですが、仕事に間に合わなくなりそうなのでやむなく途中で引っ返してきました。もう少しゆったりと時間を確保して早いうちにもう一度行ってみたいです。

コースもいくつかあるようですのでいろいろ試してみるつもりです。


このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。