スキップしてメイン コンテンツに移動

いよいよ今週末はキャノンボールラン

地平線までの距離はおおよそ4.5kmほどの距離なのだそうです。

一見するととても自分の脚で辿り着けるとは思えない地平線ですが、その見渡す限りの風景の彼方まで、ランナーであれば30~60分で辿り着いてしまうのです。

小学生の頃、自転車に乗ってはじめて遠くの町まで出かけたとき自分の領地が広がったような感覚がありました。見知らぬところまで自分の力のみで辿り着く達成感…それこそがロングランの醍醐味です。

知らない町を走る高揚感、いやたとえ車で通ったことがあった道であっても、自分の脚で走っていけばその場所の匂いや温度、小さな路面の起伏など今まで目に入ってこなかったさまざまな発見があるはずです。

もちろん愉しいと思える時間だけでなく、時間の経過とともに心身ともに疲れ果て走ること自体が苦痛に感じる時間もあるはずですが、多くの苦しさを乗り越えて辿り着くゴールだからこそその達成に感動できるのだと思います。

四国横断キャノンボールランは180kmを超える距離です。辿り着いた地平線のそのまた先の地平線に向かって…を繰り返し、20回先の地平線の地を目指します。

今週はキャノンボールランに向けての装備の最終チェックをしていく予定です。


facebookの「愉悦のランナー's」 ページはこちら

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。