スキップしてメイン コンテンツに移動

レインウェアと防寒ウェア

気温が一気に下がってきたのでキャノンボールランのウェアをどうすべきか迷っています。

気になっているのは防寒と防水。スタートは昼の12時ですし最初は走っていけるのでカラダが寒くなることはないのですが、時間が経つにつれ疲れが出て歩いてしまったり、座り込んで休むようになるはずです。

スタートから12時間経過で午前0時、この時間帯から朝の7時くらいまでは一番冷え込む時間ですし、おそらく0時頃は山間部を通過しているはずですのでなおさら冷え込みます。

もしかすると気温5℃以下になってしまうような真夜中の山間部を冷え切ったカラダで歩くのか、と考えるだけでゾッとします。(^^;) やはり防寒性のあるアウターが上下とも必要な気がしてきました。まして途中でポツリポツリと小雨でも落ちてこようものなら…(>_<)

防寒とレインウェアを別々に装備として持って行くわけにはいかないので、そうなればレインウェアを購入し防寒替わりに使えばいいのかな?などと思い、昨日オープンしたばかりのモンベル徳島にさっそく出かけてきました。

でもレインウェア、けっこう生地がガサガサと固いんですね。あの固い服を長時間着込んだまま走っているとどこか擦れてしまいそうです。またしっかりしたメーカーのレインウェアはどれも防水かつ透湿性も高い(特にゴアテックスは)との宣伝文句を謳っていますが、自分の感覚としてはその2つは二律背反する課題で防水を完璧にすればするほど透湿性が落ちるんじゃないかと思ってしまいます。たとえ高性能なゴアテックスでもレインウェアを着たまま走ればウェアの中は汗で濡れてしまうんじゃないでしょうか、きっと。思い込みかもしれませんが…。でも、やはりレインウェアで走るというのは無理がある気がしてきました。

キャノンボールランはもともとスタート時点から雨ならば延期のつもりなのでレインウェアは切り離して防寒についてのみ考えればよいのかもしれません。ウルトラライトシェルジャケット&パンツがコンパクトでジャマにならずにいいんですが、これだと夜中歩いたりするときは寒いかも…。

うーん、もう少し悩んでみます。

facebookの「愉悦のランナー's」 ページはこちら

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。