スキップしてメイン コンテンツに移動

GARMIN 310XT 修理から帰って来ました。

やっと、本当にやっとGARMIN 310XTが修理から帰って来ました。

修理に時間がかかったのにはワケがあって修理申込書に記載するクレジットカードの情報で行き違い(というか必要項目の違い)があってそのやり取りに時間がかかってしまったから。

いや、そういった記載情報の漏れがあり、その確認をメールでやりとりしてたから遅くなったのは事実だけど、なんせGARMIN台湾からメールが帰ってくるのが…遅い。(^_^;) 1通送ったら1週間くらいは返信がなかったりするんだもの。そりゃなかなか前に進みません。

ま、なにはともあれ無事修理が終了して戻ってきました。これで12月の四国横断キャノンボールランには装備していけます。もっともバッテリーが公称20時間、実質14時間ほどしかもたないので途中で充電する必要がありそうです。動作させて計測しながら、それと同時に充電可能か試しておく必要がありそうです。

今日はmacのGARMIN ANT Agentとのペアリングや、各種設定を行った後、前から試してみたかったとこをやってみました。それは…

micoachとの併用。

micoach付属のフットポッドと心拍センサーはANT+。310XTもANT+なはずなのでmicoachのフットポッドと心拍センサーを310XTで認識するかどうか、また認識するならば同時使用可能かどうかを確かめてみました。

結論からいうと同時使用可能でした。逆にGARMIN 310XT付属の心拍センサーはmicoachでは認識しませんでした。認識できたのはmicoach付属の心拍センサーです。

同時使用をするとmicoachと310XT 両方で心拍数とピッチ数を拾うことができます。なぜ2つ使う必要があるかというと(いや別に必要はないのですが…)、310XT は手元でペースは心拍数を確認できるというメリットと走行ログを事細かにとってくれて後でガーミンコネクト上で確認できるというメリットがあります。micoachも後で走行データを見ることができますがガーミンコネクトほど細かい情報を見ることは出来ません。micoachの長所はデータ化の管理よりもトレーニングプログラムの提供です。非常によく考えられたトレーニングメニューを提供してくれ、そしてそれを実際のラントレ時に音声で指示を出してくれます。その指示の判断材料になっているのが心拍データとフットポッドデータから算出されるベースなのです。

これら2つを同時に使うことで、トレーニングの指示やカリキュラムはmicoachから、そして走行時の状態確認は手元の310XTで行い、ラン後のデータ確認も310XTから吸い上げたログで行うことができます。

この2つを同時に作動させた時、心拍数はほぼ同じ数字でしたが、ペースに関してはmicoachのほうが10秒/kmほど遅く表示されていました。(micoachの場合は表示と言うか音声です)これはフットポッド内の加速度センサーから計算されたペースなので歩幅等の個人差によってずれが発生するためだと思います。310XTはGPS測定なので基本的にずれはないはずです。同じようにフットポッドで測定するものにNike+がありますが、Nike+の場合はキャリブレーションといって、実際の距離とNike+が測定した結果を補正する昨日がありますがmicoachにはそういった機能はありません。そこはちょっと残念なところです。

ただラントレ時にはそれほど正確なペース指示は必要無いですし(わたしはペースでなく心拍数ベースでのトレーニングを選択しています)micoachにおまかせでラントレをしてみるつもりです。

なにはともあれGARMIN 310XTおかえりなさい。(^^)

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。