スキップしてメイン コンテンツに移動

キャノンボールラン、DNFの原因

キャノンボールランを途中であきらめた理由として「足の痛み」と「寒さ」2つの原因があるのですが、今振り返ってみると「寒さ」の要素が全ての元凶だった気がします。。骨棘の痛みは走って身体が温まっているときはあまり感じないですし、腱鞘炎も歩きが入り始めてから症状が出始めたので走り続けていればあるいは症状が出なかったかもしれません。

身体が冷えて動けない

動けないから乳酸が溜まる

乳酸で痛くなりますます動けない

動けないから身体が冷える

のスパイラルに入ってしまい、最後は寒さと痛みに耐えられずにDNFとなったのですが、その起点となったのが川之江でのコンビニ休憩です。長めのコンビニ休憩のあと、汗が冷えきってしまい体温を奪われたせいで休憩後の走り出しから身体が急に動かなくなったのです。身体が急に冷えてきた原因は深夜になって気温が急激に下がってきたためだと思ってたのですがどうやら原因は別のところにあったようです。

日曜日、ひさしぶりに阿波踊り練習に参加しました。昨日は寒かったのでTシャツの上にフリースを着込んで踊っていました。そのときひと踊りしたあと、一気に身体が冷えてきたんです。しめっているというより内側が結露しているような感じでフリースを脱いで裏返してみると表面がべったりと濡れていました。でもフリースの服自体は一切汗を吸い込んでる風でなく、表面の汗を拭き取るといつもどおりの着心地です。

このフリースはユニクロで買ったものです。ゆめタウンのモンベルでトレントフライヤーを購入したときに防寒用のインナーも買うべきだったのですが、中に着るものは大差ないだろうとモンベルの隣にあるユニクロで買ったんです。

着ると確かに暖かいのですが、透湿性、吸湿性が全くないんですね。ですから汗を掻くとフリースの内側にへばりついてこれが冷えてきて内側が濡れたままの状態になってしまうようです。

キャノンボールで池田を過ぎて川之江に向かう山越えの途中に、寒さ対策としてトレントフライヤーの中にフリースを着込みました。そこまでは汗で身体が冷えることはなく順調だったのですが、100kmに近づいてきたので疲れで歩きが入ってしまうことや夜間の気温低下に備えてフリースを着込んだのです。幸いその時点で脚はまだまだ元気で走れる状態だったので、山越えの登り、下りともに気持ちよく前進汗ばむほどのペースで走りました。この汗と湿気が中で結露し身体を冷やしてしまったのですね。

一応レイヤードとして汗戻りのないメッシュシャツを着込んでいたのですが、まったく放湿しないフリースを着込んでしまったせいで汗対策が機能しなくなってしまった…これが体温低下の原因です。

問題点は明らかになったので防寒用のインナーをあらたに購入して試走してみることにします。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。