スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2012の投稿を表示しています

車に撥ねられそうになりました。

今日は強風だったのでランをサボりました。先週末からサボりが続いていて4日で1回しか走ってません。でも昨夜のランで1月のランが300kmに達したのでよしとします。

ところで昨夜ランに出かけた際にあやうく車に撥ねられそうになりました。そこはとある会社の駐車場で少し奥まった位置に駐車場出口のゲートがありゲートが開いてから10m?ほど走ったところで歩道となります。車側から見れば車道に出る際に歩道を横切る必要のある場所で、通常は歩道を横切る前に一旦停止をしなければなりません。

ボクは昨夜リフレクターズベストを着てギンギンギラギラ状態で走ってました。問題の場所に差し掛かったとき、駐車場ゲートのあたりからヘッドライトの明かりが伸びていたので車がいることに気がついていましたが、光源は少し遠目でゲートのあたりと感じられましたので停止状態からの発進では自分のほうが先に道を横切ることになると判断してそのまま走りました。ところが車はとても急いでいたようで想像した以上の加速で車道(手前の歩道でもある)に向かって突進してきて走っているボクと車の右前面が衝突しそうになりました。

車にぶつかるのを避けるため車のボンネットに手をついてカラダが接触することを間一髪止めたのですが、驚いたことに運転者はボクがまだボンネットに手を付いているにもかかわらずそのまま振り切るように発進して通り去っていきました。幸い接触は避けられたので怪我はなかったのですがその状態でなにもいわず走り去った車に衝撃を受けてしまいました。いやちょっと信じられない…。

ボクの着ていたリフレクターズベストは全方位からギラギラに反射するタイプで夜間のランニングではとにかく目立ちます。交通量の少ない道ならば対向車、後方からの車ともはるか彼方から反対側車線に寄ってボクを避けてくれるほどの視認性です。あのベストを着ている限り夜のランは安全だと思っていましたが、それはあくまで運転者がしっかり見ていてくれればの話。過信は禁物ですね。夜ランは十分注意することにします。

パワーメッシュグローブはいい!

毎日寒いです。フェデラーvsナダル戦を見てから夜ランにでかけました。おそらく0℃。上半身は例の4層の重ね着、下半身は2枚履き、帽子に、冬用ラン手袋です。

いつも愛用している手袋は以前ランネットで購入したもので大変暖かく重宝しています。ただ汗を掻いてくると中が濡れてしまって不快になるのが欠点です。1時間ほどのランであれば不快に感じ始めた頃にランニングが終了するので問題ないのですが、長距離走になるとキビシイ。なのでファイントラックのパワーメッシュグローブと重ねて使用してみました。

使用した感想は、汗は感じるものの手袋内の濡れたイヤな触感はまるで感じることなく最後まで快適に走ることが出来ました。ラン終了後、手袋を確認してみたところ、いつもどおり濡れています。ただ濡れた手袋内に直接手が触れてないので不快感を感じないのだと思われます。ちなみにパワーメッシュをした手自体も表面は全体的に薄く濡れていました。でも汗冷えによる濡れ、寒さを感じずに走ることが出来ました。いいですね、これ。

昨日はかかとの骨棘の痛みと前頸骨筋の筋肉痛があるのでゆっくり走るつもりで出かけたのですが、途中でペースが上がりキロ4分半程度まで上げて走りました。一度ペースが上がると途中で落とすのってむつかしいですよね。なんなんでしょう、あれ。(^^;)

海部川まであと3週間あまり。今の走力でキロ4分半でフルを走りきれそうな気がしません。もうちょっと高負荷に身体を慣らさないといけませんね。

体重が減りません。

体重が落ちないです。いやまったく節制せずに好きなものを好きなだけ食べているので仕方ないのですけれど。現在の体重はおおよそ65kg。海部川風流マラソンまでに62kgにするという目標はまたも計画倒れに終わりそうです。

唯一の光明は先月に引き続き月間300kmを越えそうなこと。2ヶ月続けて300km走ったのははじめてかもしれません。以前は距離を踏むと足の故障やトラブルが多かったのですが、最近はペースがゆっくりで負荷が少ないのかケガをすることもなくなりました。月間走行距離自体を目標にすることはありませんが、食べる量を減らすことなく消費カロリーのみで体重を減らすためにはもっと多くの距離を走り込みしないといけないかもしれません。

いつになったら腹筋が割れてくれることやら…です。

ファイントラック ウェアの使用感

LSD走をするつもりだったのですが、朝からテニス中継にどっぷりハマってしまって走りに出かけたのは午後3時。夕方から所用があったので結局走ることが出来たのは15kmのみです。

15kmのラン、とりあえず新しいウェアのテストを兼ねてレイヤードで4枚重ねて走ってきました。まず一番下にパワーメッシュのTシャツ、2層目のレイヤーにノーブランドの機能性ロングスリーブシャツ(ピタピタのヤツ) 、3層目はドラウトセンサージップネック、4層目はEXジャケットです。下はやはりノーブランドのロングアンダー(ピタピタ)にプーマのウィンドブレーカーパンツ。ま、下半身はあまり重要出ないのでこの際いいです。(^^;)

さて昨日の気温は1℃。風速は5~6mほどで、途中から雪が降ってくるようなコンディションでした。ペースはキロ5分半からはじめて5分10秒あたりまで。

いつもは走り出しの時点ではやや寒さを感じるのですがドラウトセンサージップネックの保温性が高く最初からほどよく暖かい印象。3kmほど走って身体が温かくなってきたあたりでちょうど追い風になったこともあって少し汗を感じ始めます。このときにEXジャケットの脇腹付近にあるリンクベントを開けて熱を逃がします。ベントを開けると熱が出ていくのがはっきり分かるほどの効果で熱のこもりがなくなりました。ドラウトセンサーにもベントはあるのですが、3層目も開けてしまうと逆に寒くなりそうなのでアウターのみベントを開けた状態で折り返しまで走ります。

折り返すと今度は逆風になるので冷え防止のためベントを閉めました。ベントのファスナーは位置的にもファスナー自体も大変使いやすく、手袋をした手でも問題なくすぐに開閉できます。ここらでペースはキロ5分近く。汗を掻いてはいるのですが至って快適。いつもなら向かい風になると身体の前面…胸から腹にかけて風が当たり冷えを感じるのですがそういった兆候はありません。汗も身体がべったり濡れているという感じではなく、パワーメッシュの表面が汗で少しだけ濡れている感じ。パワーメッシュでひんやり感じるのは唯一肩胛骨の間で、腕を振ったときにこの部分だけが肌に密着せずに離れてしまうのでそこだけ少しだけひんやりした印象。その他の部分には寒さを感じません。

一度止まって汗冷えをした状態で再度走り始めたときにどう感じるかテストしてみようと思い、途中で本屋で時間をつぶ…

今日は完全休養です。

昨日の夜から予定変更を決めてたので今朝は気抜けモード。二度寝三度寝を繰り返し昼まで寝てました。

あいかわらず風は強いようです。自宅の窓から見えるケンタッキーのノボリがちぎれんばかりにはためいてます。走らなくって正解だったかな。

今日は両かかとに痛みもあるので完全休養にします。気がかりなのは摂取カロリー。一応走ること前提で昨日の夜からがっつりと焼肉を食べまくってたので…。体重計が怖い。

明日の予定は延期します。

予定してたスパルタツーキン用に購入した秘密兵器、finetrackのEXジャケットとドラウトセンサージップネックが手元に届きました。

が、とにかく寒波が半端ないっ! Yahoo!天気予報では21時の時点で4℃となっていますが、実際の道路に設置されている外気温計はすでに1℃です。しかも風速は10mの西風。外に出るとわずか30秒ほどで熱を奪われて寒さに我慢できなくなってきてしまいます。

こんな天候の中、早朝や夜間のロング走をすることは下手をすると大変危険な状況になりかねないので今回は実行を見合わせることにします。さすがに家族も許してはくれませんでしたし…。(^_^;)

明日は天候と相談しながら近場でチョロチョロと距離を踏むことにします。あ〜あ、ちょっと気が抜けてしまいました。

佐那河内ランにいってきました。

ひさびさに佐那河内を走ってきました。トンネルと抜けて17.5km折り返しの35kmコースです。今春はじめてマラソンに出場する方3名と一緒にいったのですが、みなさんハーフ以上の距離を走るのは初めてとのこと。といいながらも30kmあたりまではキロ6分をしっかりキープし、みなさん3時間半~45分で走り終えました。みなさん、速い!

わたしもおなじペースで一緒に走っていたのですが、トンネルからの下りやちょっとした登りが新鮮だったのでその区間だけ目一杯のスピードでトバしたりしながら遊んでいたのですが、しっかり今日になってダメージがでています。かかとの骨棘が痛いのと下半身の倦怠感です。これはマズイかも…。

明日は気温が低くなりそうです。最低気温0℃、最高気温5℃、そして西風10mです。寒いのと強風は大嫌いなので明日のスパルタツーキンは見合わせるかもしれません。向かい風のなか、12時間半以内に100km走ってくる自信がありません。(^^;)  天候次第ではチャレンジはまたの機会にしてただのロング走に切り替えるつもりです。


finetrackのニュウモラップEXジャケット購入

先日購入した冬用ランニングウェア2セット大変重宝しています。今までよりずっと軽くて動きやすくまた熱のこもりも少なくて快適に走ることができます。

ただあくまでもラントレ用で、そこそこのペースで数時間走る用途にはぴったりなのですが、100km超のロング走になるとペースが遅い分カラダが温まらず寒かったり、また汗を掻いたあと汗冷えして寒くなったりと普段のランとは違う問題が出てくるのでこれらのウェアでは求める機能を満たすことができそうにありません。

次回長距離を走ろうと思っている日…つまり来週の火曜水曜ですが…現在の予想では雪マークです。汗をべっとり掻いた末にカラダが動かなくなり、真夜中氷点下の中を歩くハメになることを考えると放湿性、保温性に強いウェアがどうしても必要です。これは今春にリベンジを予定している四国横断キャノンボールランでも必ず必要になる機能なので思いきってウェアを購入することにしました。

ただけっこういいお値段しますし、ただでさえ今月はウェアに多くの出費をしているのでなにかを削らないととても購入を正当化できない…。なので泣く泣くテニスクラブを1年間休会してその年会費を購入に充てることにしました。(T_T)

購入したのはfinetrackのニュウモラップEXジャケットとドラウトセンサージップネック。機能性の高いウェアでミッドレイヤーを充実させることによって汗冷えによる体温低下を防ぐ作戦です。

それにしても出費しすぎです。当分は緊縮でおとなしくしています。

アタマはスパルタツーキン

今までウルトラマラソンはタイムをそれほど意識することなくどちらかというと完走、ファンランを目的に走っていました。完走だけを目的とするならそれほど走力が必要ではありません。ただしタイムを狙うならばやはり筋持久力、心肺持久力どちらも強化する必要があるのは当然です。その点を踏まえしっかりトレーニングをすればおそらく現在のタイムより速く走ることは可能でしょう。

しかしこれが100kmを越える距離ならば…。たとえば前回完走することが出来なかった四国横断キャノンボールランを完走目的でなくタイムを狙って走るとしたら…。これはもう常識的なトレーニングだけでは太刀打ちできない気がします。

あくまでも100kmを速く走るためのトレーニングという土台があった上に、ある種狂気ともいえるトレーニングを加える必要があるかもしれません。肉体とメンタルを限界まで追い込んでその苦痛に負けない強さを身につける、そんな非合理的なトレーニングによってしか得られないものがあるような気がします。

身体を傷めてしまわないことが大前提、そして日常生活との折り合いをつけるということが大前提ですが、限界まで追い込むトレーニングもやってみるつもりです。もっとも狂気的といってもボクにとっての狂気であって、それをアタリマエにこなしている超人はいくらでもいるのかもしれませんが。(^^;)

次回、四国横断キャノンボールランをリベンジするためにも心と身体を追い込むトレーニングの必要性を感じています。

現在計画しているスパルタツーキンもその一環です。スパルタツーキンではランの間に6時間の業務(カットして普段より業務を短めにさせてもらってます。)を挟んでの36時間。200kmを30時間で走る計算になります。本家本元のスパルタスロンは距離、獲得標高、過酷さは全く別次元のレースですが36時間で250kmを走破します。これを単純に200kmに縮めたとすると28.8時間。時間だけを見ればスパルタツーキンと同距離で制限時間が70分ちょいの違いです。

スパルタツーキンの最大の関門は往路100kmの17:00。この時間から仕事なので必ず到着する必要があります。朝4:30スタートなら12時間30分ありますからトラブルさえなければなんとかギリギリ辿り着ける時間です。ちなみに12月のキャノンボールランでは100kmは12時間23分でした。(^^;) 今回は…

来週火・水は一番の冷え込みらしい

昨日突発的に計画されたスパルタツーキンですが、イキナリ大きな問題に直面しています。それは来週火曜水曜の気温。

天気予報では今のところ、

火曜日  0℃ 5℃
水曜日 -1℃ 6℃
降水確率は両日とも40%

となっています。毎日Yahoo!気予報を利用しているのですが、おおむね最低気温の実温度は2℃ほど低いので余計に心配です。

氷点下になると路面の凍結がまず心配です。滑って転びそうになるのも怖いですが、早朝や夜間、凍結路を滑ってしまった車に突っ込まれる恐怖と戦いながら走るのは勘弁です。

なにより汗を掻いたままこの低気温の中、いいコンディションのまま走れる気がしません。12月のキャノンボールランで汗冷えしてしまい寒さで動けなくなった悪夢がよみがえります。雪国の方とか、LSD走をするときってどんなウェアを着てるんでしょう? ぜひ教えていただきたいものです。

このままの天候だと万全の寒さ対策をとれる方法(ウェア)を探して購入するか、天候の回復がないかぎり 来週火曜日の実施はむつかしそうです。

だめな場合に備えて代替日も検討しておくことにします。

写真はいつものランニングコースの近くに置かれていたテトラポッド。テトラの上に誰かが置いた一本の木があって、「一人」と読めてなんかおもしろかったので。(^^)


スパルタツーキン~史上最長の通勤ラン~

おバカな計画を思いついてしまった。思いついてしまったらあたまから離れない離れない。うーん、困った。

その計画は

スパルタツーキン~史上最長の通勤ラン~




出勤前に100km走り、勤務後に100km走って帰ってくるというもの。もともと平日の遅番勤務の時に100kmランができないかと考えていたのだけれど、とくしま100kmウルトラマラソンごっこのコースだとゴールまでに10時間以上、さらにゴール後に出勤時間が必要になる。それならばいっそゴールを職場にした100kmコースをつくってみればいいんじゃ?と考えたのが運の尽き。走ってきたら走って帰るしかありません。(^^)

当日は勤務時間をカットして17:00出勤にする。そして朝の4:30にスタートして制限時間12時間半で職場を目指す。遅番勤務終了の23:00に復路スタート。一応の制限時間はスタートから36時間後の翌日16:30の予定。すでに翌日の有給休暇は申請しました。(^^)

往路を早くゴールすれば少しだけ職場で仮眠することも出来るし、ガーミンやiPhoneの充電も可能。職場に前もってウェアを置いておけば帰りは新しいウェアに着替えてスタートも出来る。これはナイス計画かもしれない。

アホすぎて理解されないだろうけれど…。

またもや血尿…

今日またもや血尿が出てしまいました。スタート直後から若干違和感を感じていたのですが5km走ってトイレに行ったときにロゼワインくらいのうすい色の血尿が出ました。

走っているときのペースはキロ4分40秒くらい、心拍数は145あたりです。前日の30km走の疲れは若干ありますが、それほど追い込んだペースでもなく運動強度が問題とは考えづらいです。

また水分補給は朝食時に紅茶を1杯、走るまでに冷たいウーロン茶を350mlほど飲んでいます。直前の水分補給でなく就寝時に寝汗をかいて体水分が減っていたのかとも考えましたが、家に帰ってきた後に体重を計ると66.2kgありました。前回血尿が出たときは64kg台まで体重が落ちていたことを考えると脱水が原因ではないかもしれません。

血尿が出たのはその一度っきりで、家に帰ってきてからは普通の状態に戻っています。ただ尿意切迫感の症状と同じようなかんじでにぶく神経が刺激されているような感覚があります。

どこか傷がついて一時的に出血したのならいいのですが…。症状が続くようならドクターに相談してみます。

ひさびさの昼ラン。

2日間ランをサボっていたので、まとめて3日分30kmほど走ってきました。ペースはキロ5分ちょいです。心拍は150以内を目安に走りましたが、発汗して体水分量が減ってくるとじゃっかん心拍数が高くなるなる気がします。ドリフト現象の原因は隊水分量の増減なんでしょうかね。

心拍は最初はキロ5分でHR145以内、ちょっとピッチ、ペースを上げるとキロ4分45秒でHR152あたりです。汗を掻いてくるとキロ5分10秒でHR150くらい。もっともこれには風の向きなども関係していると思うのであくまでも参考程度です。

ちょっとだけ痛みが発生

少しだけ足底と腸脛靭帯、肺が痛むので日曜日はランを休みました。土曜日にひさしぶりにペースを上げて走ってみようとチャレンジしたのですが平均HR160も超えられずにあっというまにボロボロになってしまいました。息も絶え絶えでアゴも上がってしまいフォームもぐちゃぐちゃです。もっとも普段正しいフォームで走っているかどうかも疑わしいのですが…。

購入したウィンドブレーカーの上下セット、どちらも快適です。 いずれもインナーにロングTシャツ、下はハーフのタイツを履いて走っていますが、 ティゴラは裏地がないので5℃くらいまで、プーマは裏にメッシュ記事がついているので若干暖かく0℃でも大丈夫です。

今月はまじめに走っているので15日の時点で月間走行距離160kmを超えました。これだけコンスタントに走るのは走り始めて1~2年目以来です。

ロング走、走る前からヘタれました。

せっかく楽しみにしていたロング走ですがスタートから500mも走らないうちに雨がポツポツと降ってきてしまいました。雨と風と寒さがめっぽう嫌いなので一瞬で気力が萎えてしまい戻ってきてしまいました。だってロングで遠くに行ってから降られたらイヤですもん。夕方、天気の様子を見ながら近場をチョロチョロ走ることにします。

今日はロングを走るつもりだったので朝からガツガツ食べてます。パンだけでも4枚切りのトーストにはちみつとバターで2枚、バナナにハムサラダ、蒸しじゃがいも1個、目玉焼き、ヨーグルト、さらにお昼もイキオイ止まらずラーメン大に卵入り、さらに卵ごはん…。これは走らないと収支が合いません。(> <)

ブログのレイアウト、以前のものに戻しました。ここのところ使ってたレイアウトは写真が見やすくて気に入ってたのですが、ルートラボのマップが貼り付けられないのが不便だったんです。ルートラボ大好きですから。(^^)

結局プーマを買っちゃいました。

スポーツ・デポにウィンドブレーカーの上下を買いに行ったのですがお目当てのアンダーアーマーはサイズの合うものがなく取り寄せになるとのことだったので、プーマのものを購入することにしました。特に急いで必要だったわけではなく、プーマのほうが裏地がメッシュ生地になっているのでサラっとして気持ちよさそうだったので移り気しただけなんですが…。

明日はこれを着て50km超を目標にロングを走ってみます。気温は低そうですが9時ぐらいから走る予定にしています。

少し体重が落ちました。

年末から走る回数と距離を増やしてきた効果が出てきたのか、お腹のぜい肉がちょっぴり減ってきたような気がします。

体重を量る時間帯によって差は出るのですが、夕食後に夜ランをして風呂に入る前に測ることが一番多いです。今は65kg台の前半です。11月までは67kg台ありましたから2kgほど落としたことになります。

体重のことを考えていてふと思い出したのですが、先日生まれて初めての血尿が出たときは64.3kgだったように記憶しています。走る前に水分をしっかり補給してからランにいったのですが、直前の水分補給以前にそれに至るまでの数日の間に徐々に脱水状態に近づいていたのだと思います。目先の体重を追いかけたわけではないのですが体重の急激な変化に無頓着すぎたと反省してます。

最終目標は62kgですが、あまりはやく脂肪を落としてしまうと皮膚の新陳代謝が追いつかなくなって皮だけがベロンと余ってしまいそうなので、炭水化物を控えることはせずにしっかり食べながらランの距離を増やす方向で減量を目指します。

明日はロングラン予定。寒い日になりそうなので少しでも気温が上がるのを待って走るつもりです。

アンダーアーマーのウィンドジャケット

一生懸命ラントレをするぞ!と誓っても根っこがファンランナーなので風が強い日と気温が低い日は走る気力がなくなってしまいます。だって楽しくないだもの。

寒いのだけならガマンできるのですが、一汗かいたあとに逆風にさらされて汗冷えしてしまうときの不快がキライなんですね。身体の芯は熱いのに、皮膚表面や手先指先だけが寒いようなあの感覚がキライなんです。

汗をしっかり吸収してくれて汗戻りしないウェアがあれば欲しいです。そんな素材であればちょっと高くても奮発して購入するんですけど…。そんな思いもあって先日ティゴラのウェアをポチッたばかりですけど、思い切ってもう一着、アンダーアーマーのウェアを購入することにします。

4年前に購入したアンダーアーマーのランニングTシャツがとても着心地がよくてもう何年も経っているのに未だにここ一番ではそのシャツを着ています。そんなアンダーアーマーの機能性に期待して購入することにしました。出費した分、元を取るつもりで一生懸命走ります。

金曜日はロング走予定

金曜日、休暇を取ることが出来たのでひさびさにちょっと長めに走ってみるつもりです。距離はとりあえず50km、体力的にいけそうなら100kmいってみます。ペースはキロ5分10秒~5分半を維持できるところまでそのペースで押していく予定。心拍数は140~145といったところでしょうか。

コースはとくしま100kmウルトラマラソンごっこのコースですが、スタート&ゴールを家の前に変更して走ります。ハイドレーションや自動ツイート用のiPhone&エネループなどは持たずウエストポーチのみの身軽な装備のみにしておきます。

目的は距離を踏むこと。そして現在の走力を確認すること。ラントレの一環なので気軽に走ってきます。といいつつもメチャ寒かったり、天気が悪かったりしたら中止するかもしれません。ヘタレなので。

ティゴラのウェアをポチりました。

この季節のランはウェアに困ります。

いつもは裏起毛になった上下のジャージでの中にTシャツ、グローブに耳まですっぽりと帽子を被って出かけるのですが、3kmも走れば汗を掻き始めてしまい、前のファスナーを開けて温度調整をするようになります。いつも走っているコースは折り返すと向かい風になってしまうのですが、帰りは向かい風で汗冷えしてしまい身体は寒い、濡れて不快、とテンションが下がってしまいます。

他のウェアで走ることもあるのですが、ランニング専用のものでないためかどれを着て走っても似たり寄ったりな状況です。で、昨日ランニング用のウェアを買いに行ったのですがこれがけっこう高い!ちゃんとしたメーカー製のものはジャージの上下で1万円オーバーです。キャノンボール再挑戦のためのしっかりした防寒ウェアも欲しいので、今回はケチってお財布に優しいもスポーツデポの自社ブランド、ティゴラのものを購入することにしました。ただし店舗になかったのでWEBからの購入です。

しまなみのホテルを確保しました。

チャレンジ富士五湖の宿を押さえようとしたのですが、すでに近場はどこもいっぱいのようで確保できませんでした。富士五湖に申し込んだあとからわかったのですが、徳島から参加するには非常に交通の便が悪いところで、神戸、大阪に高速バスで移動し、その後JRを乗り換えながら向かうか、飛行機で羽田まで行き、そこからJRを乗り換えながら行く必要があり、いずれもかなりの時間と費用を要します。

宿も確保できていないことですし、いっそ車で行き車中泊をすれば時間も費用もかからないですね。富士五湖は車で行くことにします。

しまなみ海道ウルトラ遠足はホテルを確保しました。ただ金曜発で向かうことになるので仕事を丸々休むことが出来ないので半休をとって午後から出発するつもりです。しまなみ海道ウルトラ遠足はワンウェイなので車を取りに戻るのが面倒なのでJRを利用する予定です。

遠くの大会はできるだけ早くエントリーして同時に宿を確保しないとダメですね。勉強になりました。

サブ3並の走力が欲しい

いつも夜に走ってます。あまり街灯のないところを走っているので必ずリフレクターベストを着るようにしています。

ところで、とくしまマラソンのエントリー今年も大混雑でした。野次馬根性で申込み画面を見に行きましたが、ただいま大変混み合っています云々…の表示とともに4000人を越える人数と400秒ほどの待ち時間が表示されました。

意外と早いな、と思っているうちに勝手にリロードがかかり、いきなりランネットのトップページに飛ばされるという仕打ち。(^^;) 気を取り直して再度申込み画面に戻るとすでに5000台後半の人数と3500秒を超える待ち時間に変わっていました。なんかランネットのシステム不安定ですね。

もっともボク自身はチャレンジ富士五湖にすでにエントリーしているのでとくしまマラソンにエントリーする予定はありません。なのでさっさと寝てしまいました。
とくしまマラソンは第1回から4回連続で出場してたのですが今回連続出場が途切れることになりました。今年はコースも一部変更があるので走ってみたかったのですが、出場したい大会と日が重なってしまったので仕方ありません。

今年はとにかくウルトラの100km。海部川風流マラソンでは一応自己ベストを目指すつもりですが、実際のところ記録として残されるものには興味なくて欲しいのは実質の走力とスピードです。サブ3の記録にはこだわらないけどサブ3並の走力は欲しい。あ、海部の目標は3時間10分ですけど。(^^;)

ウルトラでタイムを狙うとかウルトラ以上の距離を走るとかを目的とするには心肺機能を鍛えてその強い心肺で余力を持って走りきるしかありません。強い心肺を作るためには強い負荷をかける必要があるので、坂を登るかスピードを上げるかになってきます。近くにいい坂がないので必然的にスピードで負荷をかけるという選択になります。

今年の春のウルトラの最低目標は10.5時間ぎりですが、できれば9時間台前半で走りたいと考えています。ウルトラのタイムはフルの持ちタイム×3.1、そのためにはやはりフルをサブ3ペースで走れる走力が必要になります。

3年前、フルで3時間17分を出したときは体重が64kg台でした。1kgで3分タイムが縮まるといわれているので60kgまでおとせば3時間5分。まずは体重を削るところからはじめています。

海部川でタイムが出なくても気にしませんが、4月のチャレンジ富士…

トレミはじめました。

トレミは景色が変わらないことや、テレビや人の声などの室内音がするので閉塞感を感じてニガテなのですが、雨の日や路面が凍結するような寒い日でも天気に左右されずに走ることが出来るのでやはり便利です。今年から天気の悪い日や距離を踏みたいときに利用することにしました。

今はキロ6分の定速、傾斜なしで1時間を目安に走ってます。身体がある程度絞れてきたら7%程度の傾斜をつけて走ってみるつもりです。

今週中は距離を踏むことに身体を慣らして、来週からいろいろと変化をつけて走ります。筋負荷をかけて筋力向上と、心拍ゾーンの変化をつけながら心肺持久力の向上を目的としたメニューをこなす予定です。スピードで追い込むのはニガテなのでそっち系のトレーニングは気が向いたときだけになりそうです。

今月の目標は月間300km

ウルトラマラソンのタイムはフルマラソン×3〜3.1くらいなのだそうです。

わたしのフルの持ちタイムは3時間18分をちょいきれたところなので、それを基準にするとサブ10で走れることになります。けれど実際のウルトラの持ちタイムは11時間40分ほど。2時間近くオーバーしています。

いつもオーバーペースで突っ込みすぎて50〜60kmを過ぎたあたりから心肺がきつくなって走れなくなるというパターンを繰り返しています。走りこみができていないこと、ペース設定が高すぎることが原因と判っているのですがレースが始まるとついテンションが上がってイケイケになってしまうんですよね。

今年はそのイケイケで突っ込んでも最後まで持つ心肺を作ることが目標。冬は道路が凍結してブラックバーンになっていたり、雪や寒さで外を走ることがきびしい日も多いのでトレッドミル走も取り入れながら距離を稼ぐつもりです。今月目標は月間300km。といいつつ、すでに元旦から3日連続走ってないというありさまですが…。(^_^;)

牡蠣食べ放題

昼は牡蠣の食べ放題に行ってきました。写真のように鉄板に並べた牡蠣を5回焼いたくらいでギブアップ。3人でスーパーの買い物カゴ山盛りいっぱいくらいを食べました。

味はレモンとオリーブオイル、チーズ、醤油、味ぽんなどで好みの味付けで食べます。

一昨年、広島で牡蠣を食べたときに食あたりしてしまい数日寝込んだトラウマがあったのですが、今回で克服できたようです。

ちなみにこちらは北灘にある漁協食堂うずしおという店で、2500円食べ放題、ごはんと味噌汁おかわり自由に、魚のフライの盛り合わせ付きです。かなりお得で大満足のお昼ごはんでした。

初テニス

初テニスに行ってきました。

近くのテニスクラブの会員になっているのですが去年は数えるほどしか利用できていませんでした。

妻は週に一度レッスンを受けに行っているようですし、娘も部活でソフトテニスをしているので家族で楽しむのにはテニスが一番ぴったりなスポーツなんです。

本当に久しぶりにテニスに行ったのでクラブの会員の方たちにも、もっと利用するように、と沢山声をかけて頂きました。今年はもう少し利用したいですね。

ちなみにわたしの腕前のは超ビギナーで娘のほうが上手です。(^_^;)

ルートラボのマップが表示されなくなりました。

先日からブログのデザインをbloggerのテンプレートページにある動的ビューに変更したのですが、どうやらこれはルートラボのマップなどはブログ上に埋め込めないようです。

以前に埋め込んだページもマップの部分だけブランクになっていますね。デザインをもとに戻すか迷うところですが、現在のテンプレートのままマップ等の紹介はリンクを貼り付けるようにします。

埋め込みをせずに写真だけのシンプルなページのほうが軽くて表示が速いんですよね。

話は変わりますが、最近のジョグはMR966ばかり履いています。以前もスピードを上げないジョグの場合はウェイブライダーやゲルカヤノなどのソールの厚いシューズを履いていたのですが、それらのシューズが古くなって処分したのでその後釜としてジョグ専用として使ってます。

シューも緩めで、靴べらでズボッと履いてそのまま走りに出かけています。最初かかと部が高くて走っているうちに前に詰むような違和感があったのですが、慣れてくるとそれも気にならなくなりました。リフレクターもよく光るので夜ランの多いわたしにはぴったりです。

妻の実家〜德島の自宅200kmコースが気になる。

高知に帰省したときにはいつも夜須のヤ・シィパークからサイクリングロードを通って芸西村、安芸方面へ走ります。

とても整備されたサイクリングロードで海を見ながら走るのが気持ちいいコースです。この時期でも高知は日中は暖かい事が多いので、春先のような気温のなか快適なランを楽しむことができます。

いつもはスタートより15kmほどで折り返すのですが、元旦は安芸までいってみたくなり結局23kmほど走りました。

この道を走っている最中に德島までの距離を書いた看板?をみて気がついたのですが、妻の実家から室戸まわりで德島の自宅まで帰るとちょうど200kmくらいの距離になりそうです。超ウルトラの練習として一度走ってみるつもりです…ツブれて家族に迷惑をかけてしまうかもしれませんけど。(^_^;)

もう一日高知に居ることができれば桂浜までのマラニックもやりたかったけど今回はおあずけです。あ、今日は箱根駅伝を観たせいでランする時間がなくなったのでサボりです。

元旦ラン

新年明けましておめでとうございます、

正月、高知に帰省しているので妻の実家から安芸方面に元旦ランをしてきました。本当は朝の7時から走るつもりでスタンバイしてたのですが気温が0℃。あまりにも寒くでるのをためらって結局出かけたのは昼頃でした。

ペースはキロ5分半程度で寄り道をしながら秋のタイガースタウン、岩崎弥太郎像、野良時計と廻ってきました。帰りは曇って肌寒くなってきたので前から乗ってみたかったJRのごめんなはり線に乗って帰ってきました。マラニックで気ままに往きを走って、帰りはJRってパターンは快適で楽しかったです。

このパターン、またどこかのコースでマラニックするときに使いたいです。