スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

ロング走、終了

ロングを走ってきました。今日は寒そうだったので下は2枚、上は4枚のレイヤード、さらに手袋をパワーメッシュと合わせて2枚、帽子と完全防寒です。実際はそこまでの寒さではなく朝3℃、昼から5℃くらいの気温でしたのでちょっと着込みすぎで汗びっしょり掻いてしまいました。

距離は36km、時間は3:15:53、ペースは5'23"/km、平均心拍数143でした。キロ5分半、心拍数140をイメージして走ってたのですがちょっと速くなりすぎたようです。25kmから脚に疲れを感じてきましたが走れないような疲れではなくちょっとだるく他人の脚になったような感じ。でもこのくらいのペースならフルの距離ならダメージを残すことなく走れそうです。

補給水とジェルはポカリ500mlとザバスのリキッド?ジェル?を2本持って行きました。ポカリは全部飲んだんですがザバスは1本分しか使わなかったです。ジェルの効果は正直わからなかったですが後半エネルギー不足を感じなかったということは効果があったのかもしれません。100kmのウルトラならばエイドでの食事補給もできるので3本分くらい持っとけば十分な気がします。

これから4月まではウルトラ対策の練習を中心に行うつもりなので今日みたいなロングの回数を増やしていくつもりです。

ロング走にザバスを持っていきます。

明日、というか今日ですがコンディションがよければロング走をしてみるつもりです。
30km、キロ5分半が一応の目標ですが、仕事前のランなので十分余力を残して終われるよう体力と相談しながらペースを調整します。
いつも練習で走るときはエネルギージェルのような補給食は持ってはいかないのですが、明日は距離が長いので買ってきました。

海部川の後半はエネルギー不足でヘロヘロでした。ザバスがどれほど効果があるか試してみるつもりです。
下の青い容器には2本しか入らないようですが、この容器に詰め替えて持って行くつもりです。

それにしてもランニングって意外と金食い虫です。

四国横断キャノンボールランは延期です。(>_<)

3月24日~25日にかけて四国横断キャノンボールランに再挑戦するつもりだったのですが、義父の四十九日と重なってしまったので実行は日を改めて行うことにします。

4月22日の「チャレンジ富士五湖100km」を皮切りに5月に「とくしま100kmウルトラマラソンごっこ2」と「えびすだいこく100km」、6月上旬に「しまなみ海道ウルトラ遠足」と大会にエントリーしているのでスケジュール的にかなりタイトです。6月中旬以降だと暑すぎるので涼しくなる秋まで待ってチャレンジするか、「チャレンジ富士五湖100kmの前」に走ってしまうか迷ってます。

3月は予定が詰まっているので前倒しで走るとすれば4月1日。気温的にはちょうどよい季節ですし、エイプリルフールにバカをするのもいいかもしれません。

ただ今の走力ではとても完走できそうになく、がんばって走り込みをする必要がありそうです。

たとえばウルトラ100kmを完走することが目的であれば特別なことをしなくても今の走力、練習量、練習方法でも12時間くらいで完走は出来ると思います。でも180~200kmを走る脚を作るためやサブ10で走る脚づくりとなると今の練習方法や練習量ではキビシイ。やはりある程度まとまった距離を踏む練習を繰り返して距離脚をつくる必要がありそうです。

距離脚をつくるために25km超のロングペース走と翌日の3時間LSD走を組み合わせた練習を行ってみるつもりです。ロングペース走は走り終わったときにまだ余力が残っている程度のペースを想定。最初はキロ5分半あたりから入ってみます。翌日のLSD走はキロ6分~6分半。2日続けて行うことで疲労の残った状態から距離を踏む練習です。これが正しいのかどうか判りませんが春先のウルトラマラソンシーズンに突入するまではこの練習方法を取り入れてやってみるつもりです。

ロング走に備えて大きめのウエストポーチを購入しました。これでボトルとiPhoneを無理なく収納できそうです。

ウルトラのタイムはフルマラソン×3

ウルトラのタイムはフルマラソン×3

今春のウルトラの目標タイムはこの式を基準に考えていました。

ボクのフルマラソンのベストタイムは3時間17分台。このタイムを式に当てはめると9時間51分となりサブ10で走りきれる計算となります。しかし実際のウルトラマラソンのベストタイムは11時間40分台。逆にこのタイムからフルマラソンのタイムを逆算してみると3時間53分となります。知り合いのランナーのタイムをみてみるとこの式に近いタイムの方が多いので、どちらかというと式に当てはまらないボクのタイムが例外のようです。

フルのベストよりあきらかにウルトラのタイムが遅いということはオーバーペースで走っているということなんでしょう。途中でペースを維持できなくなってツブれてしまっているんです。思い当たることがありまくりです。

ウルトラに限らずフルマラソンでも傾向は一緒で、今回の海部川風流マラソンでもその傾向はありました。突っ込みすぎることを抑えたつもりですがそれでもまだまだ速いペース…自分の実力でフルを走りきれるペースではなかったのでしょう…途中できっちりツブれてしまいました。

海部川風流マラソンは目標としていたタイムを達成できず宿題が残ってしまいました。

3時間10分切り…
これが海部での目標タイムでした。

このタイム設定はウルトラの最終目標タイムを3分の1にしたタイムです。つまりウルトラの目標タイムは9時間30分。このタイムが目標タイムです。これとは別に春に必達としているタイムがあって、それは10時間30分。このタイムの3分の1で考えるならばフルマラソンは3時間30分で走る必要があります。

今回の海部川風流マラソン、3時間30分~3時間10分でフルを走りきる走力の確認をしておきたかったのですが、このどちらのタイムも達成することが出来ませんでした。

宿題を残してしまったのでせめて3月中に自分自身でフルマラソンの距離を走り、宿題を済ませようと思います。

海部川風流の反省点と次への課題

今日は有休をいただいていたので、回復走のつもりで小松海岸までのいつものジョグコースを散歩ジョグしてきました。

海のすぐそばで育ったせいか、山、川、海ならば海が一番落ち着くのでコース取りはどうしても海の見える方向に走りたくなります。

破れた防砂ネット腰に見える海と空は蒼く、とても気持ちよい風景でした。並は低かったようでサーファーは誰もいませんでしたね。

脚の疲れは前頸骨筋とハムストリングスが筋肉痛になっています。走っている時は足の裏が若干痛かったんですがその痛みは消えていました。昨日は道具に頼ってみようと履きなれないターサーを履いて走ったので足裏が痛かったんだと思います。地面の反発を推進力に変えるシューズよりクッションがある程度効いていてダメージが少なくてすむシューズのほうが自分には合っているようです。

昨日の反省点ですが、下剤を飲んでしまった失敗はともかくとしてやはり3時間をしっかり走る練習が足りなかったですね。ロングを走っても誰かと一緒にLSD走をするだけでレースペースで走っていなかったので実際のレースで自分の力に見合ったペースを刻むことができなくなってしまったところがあります。何度か3時完走を試してみて3時間多くズレすることなく走りきれるペースをしっかりとみにつけておく必要があるのでしょうね。次回フルマラソンを走るときはその点に注意してトレーニングするつもりです。

さて次は(一応、ハーフマラソンもエントリーはしているのですが)チャレンジ富士五湖100km。ここが春の最大の目標レースです。フルマラソンのタイムの3倍がウルトラのタイムだとすると現状の走力では11時間となります。目標は10時間30分切り必達…やはりサブ10で走るほどの走力がないと必達できるとは思えません。10時間の3分の1は3時間20分。せめてフルを常にこのタイムで走りきれるようにならないといけませんね。

富士五湖まであと2ヶ月。次は失敗しないようにしっかり走りこみをしていきます。

マラソン前の下剤はNGです。

海部川風流マラソン、タイム的にはメタメタになりましたがとりあえず完走しました。

昨年秋のとくしまマラソンは妻の伴走だったこともあり、タイムを意識して走るフルマラソンとしては1年前の海部川風流マラソン以来です。

直前にデブってしまったこともありタイム的には多くを期待していませんでした。が、一応設定として考えていたのはHR150台からHR160前後まで、もしくはペースはキロ4分半程度で苦しくなければ強度のキツイ方の条件で押していくというものです。

2週間ほど前からお腹の調子があまりよくなくって便秘気味になっていました。先週、義父の葬儀で帰省していた頃からさらに調子が悪くなって体重が激増。それが昨日まで続いていました。あまりにもお腹が気持ち悪いので昨日妻に便秘薬を買ってきてもらって試してみたんです。

1回3錠が目安のようですが昨日飲んだ限りでは効果がなかったので、今朝早めに起床して3時40分に水と便秘薬を再び飲みました。昨夜は便秘薬の効果がなかったので昨日の夕食は栄養分はしっかり吸収されているだろうという予想と、今朝クスリを飲んだ直後に食事をとったとしても朝食で食べたものは胃の中にとどまっているのでクスリの影響で下してしまうことはないだろうという考えです。

しかしこれがアマかった。今日はクスリの効果が出て便秘自体は解消されたのですが今度は逆にお腹が緩く立ちくらみ気味。実際走り始めてお腹を下してしまうのも困るので朝食後はスタートまで水分補給と食事の補給は控えました。

スタート直後はあまりおなかの影響をうけることもなく予定通りのペースで進むことが出来ました。ハーフまでは4分25秒程度のペースです。予定より若干早いペース、若干高い心拍数でしたが、いつものフルマラソン時のように息があがってくることもなく、普段通りの呼吸で走れていたのでこのペースのまま押していきました。

19kmあたりからちょっとお腹がぺこぺこでエネルギーが枯渇した状態になってきて体の動きが止まってきます。20km地点を過ぎたところで最初のストップ。早くも歩き&立ち止まり混じりのランです。なんとか折り返して27kmまで来たのですが目眩がして長い時間ストップ。バイクの救護班の方に指示されて下に座って休みます。あまりにも気分がわるいのでいっそリタイアしようと思い救護班の方にどうすればいいか尋ねましたが、救護車に来て…

早寝早起きはニガテ

起床。

あいかわらず大会のある日は眠れない。今日も午前2時半くらいに目が覚めて布団の中でじたばたしていたが結局二度寝することが出来ず起きだしてきた。

そもそも早寝早起きの習慣がない。いつも午前1時半頃に寝ている人間が午後10時頃から寝ようという方が無理がある。リズムが狂ってしまい眠れないのもある意味当然かもしれない。

今、3時40分。6時に家を出て海部川風流マラソンの会場に向かう予定。今から朝食をとるとスタート前にお腹がすいてしまいそうなので出かける直前にごはんを食べることにしよう。

マンションから見える空き地は薄っすらと雪が積もっているけれど、国道には雪がなくいつもどおりのスピードで車が流れているみたい。とりあえず路面凍結はしてないみたいで一安心。

本日の天気は晴れ。6時で1℃、9時で3℃、12時で6度の予定。風が5mあるので相当寒く感じるはず。今日はウェアリングに悩むなぁ。

あと1時間くらい経てば準備に取り掛かります。さて今日は海部川風流マラソン。出場されるみなさん、よろしくお願いします。

海部川風流はマイペースで

朝イチでトレミで6km走りました。キロ5 分でも強めの運動強度に感じます。スピードを意識して途中キロ4分15秒まで上げましたが一瞬で売り切れてしまいました。ラン後に計った体重は67.75kg…一向にもとに戻る気配はありません。うーむ、やはり脂肪がついちゃったようです。

調整がうんたらかんたらいうレベルのランナーではありませんが、せめてもうちょっと体重は絞りたかったなぁ。

海部川は苦しい思い出しかないので明日は気負うことなくマイペースで楽しんで走ることにします。



元の走力に戻すには、休んだ日数×3倍の日数が必要かも?

ひさびさのランに出かけてきました。先週はいろいろあったので全く走ることが出来ず2週間弱ランを休んでしまいました。走ったコースはいつものコースで10.6kmです。ペースはキロ5分10秒、平均心拍155。

とにかくカラダが重たい。休む前と較べて体重が3kg増えてしまっています。すべてが体脂肪に変わったとは思えないのですが、体重が高止まりをしていることを考えると楽観視出来ません。またひさびさのランだったので5kmも走ると太ももの筋肉が筋肉痛になりそうな気配がしてきました。やはり2週間全くカラダを使わないと筋肉も衰えてきますね。心拍も相当きつかった。

やはり休むとせっかく作ってきたコンディションも逆戻りしてしまいますね。以前から思っていたのですが、1週間休むと3週間の逆戻り、10日休むと1ヶ月の逆戻り、と元の状態に戻すには休んだ期間の3倍ほどの時間を要する気がします。今回は2週間弱なので40日分の逆戻りでしょうか。

そんな状態でも週末は待ったなしでやって来ます。
週末はいよいよ海部川風流マラソン。

一応自己ベスト更新を目標にしていたのですがこの状況ではとても狙えそうにありません。キロ4分半もしくはHR150〜160の範囲のいずれかをペース設定にして、その時のコンディションと相談しながら走ってみます。

目標はとりあえずサブ3.5にしておきます。

激肥りです。(><)

義父が先週火曜日朝に亡くなり急遽高知に帰省していました。おかげさまで葬儀も滞り無く終了し金曜夜に徳島に戻ってきました。葬儀の打ち合わせや手配でとても走るどころではなく、またとにかく食べることだけは休むまもなく食べ続けていたので体重は激増です。体重は65.6kgから68.6kgと過去最高体重レベルに一気に増えてしましました。もちろん全てが脂肪として見に付いてしまったわけではないと思いますがなんとなくおなか周りにお肉がついた実感もありますしなにより+3kgのインパクトはデカすぎてショックです。



高知から夜中に帰ってきた次の日には早朝から所属している踊り連の企画でカニツアーがあり、昨日は飲み続け食い続けの一日を過ごしてしまいました。 もう怖くて体重計は乗れません。(> <) バタバタしていたせいでランも一週間空いてしまいました。これはもう海部川風流で自己ベスト狙いなんていえるようなコンディションじゃありません。とにかく3時間半を切ることを目標に走ることにします。



うまくいかないもんだな…。

えびすだいこく、エントリーします。

えびすだいこく100km、エントリー予定です。

これで

4月22日 チャレンジ富士五湖100km
5月13日 とくしま100kmウルトラマラソンごっこ2
5月27日 えびすだいこく100km
6月02日 しまなみ海道ウルトラ遠足

とウルトラ三昧。とくに5月13日からは20日間で3回の100kmとなるので体力的にもおサイフ的にももつのかとっても心配ですが…。

話は変わりますが、阿波踊り練習で暴れ踊りをしたあとはかかとに出来ている骨棘が痛みます。腰を下げて踊ったり、跳ねて着地するときの衝撃がよくないみたいです。去年の春先に痛みにずいぶん悩まされたのでちょっとコワイです。

昨日練習があったので今日はかかとが痛いです。歳をとるとダメなとこばっかりです。(>_<)

ハーフマラソン気分で…

今日は丸亀ハーフと愛媛マラソンがあった日。どちらも出場はしないけれどキモチだけでもレース気分で、というわけでハーフ…21kmを走ってきました。

レース気分といっても全開で走るわけじゃなくペースの設定は心拍数ベースでHR150を目安に。最初の1kmはウォーミングアップでゆっくりとスタートし徐々にペースを上げていきました。心拍数は風の影響のない時はキロ4分40秒でHR149、キロ4分30秒でHR154といったところ。

2年前の海部川風流マラソンはHR165以上、その他の大会でもだいたいHR160代前半で走っているのでレースペースまではもう少し余裕あり。でも最近心拍を上げて走る練習をしていないのでHR160まで実際に使えるかどうかは不安。あと2週間のラントレでなるべく上を使って体をならすようにします。

それと体重がやはり重たい。現在66kgです。せめてあと2kgは少なくしておきたいので明日から泣く泣く摂取カロリーのコントロールを始めることにします。(T_T)

今日の結果は

距離 21.84km
時間 1:40:47
ペース 4:37/km
平均心拍数 150

海部川風流は気負わず気持ちよく

日曜日の阿波踊り練習で親指を突き指。水曜日には普段やらないレッグプレスをイキナリ強い負荷でやってしまい膝に違和感、と痛みの発生する箇所がでてきて不安でしたが、ここ3日ばかりのランサボりのおかげでずいぶんよくなりました。

昨夜までの寒さも今夜あたりから緩んできそうなので今日は走るつもりです。海部川風流マラソンも近いので少しペースを上げて走ることを心がけます。3時間一桁台が目標なのでキロ4分30秒がひとつの目安でしょうか。

フルマラソンはいつも気負って最初っからつっこんでしまい、10kmも進まないうちから苦しさでのたうち回りながら走るハメになって、30km過ぎでは出場したことを後悔しながら走るというジツに楽しくないランになってしまうのがいつものパターン。

今回は同じ轍を踏まないように、普段のジョグのように最初ゆっくり、徐々にペースを上げていくようにしてみるつもりです。

海部川風流マラソンのテーマは気負わず気持ちよく走ること。気持ちをおおらかにウルトラのようにラクなペースでスタートしゆっくりとペースアップ、悶えるような苦しさを味わうことなくイーブンペースで刻み、ゴールしたあともへたり込むことなく「まだまだ走れるゾ」と気力が残っていること、これが目標です。

先日購入したランニング用のウィンドブレーカー、ヘッドフォンのコードがバタつかないようコードを止めるゴムがついています。背中にはちょうど先代iPod nanoが入るくらいの細長いポケットもついています。ちょっと気が利いてます。

超ロング走を走りたくなる理由

雪が降ってますねー。今夜は走れるのだろうか…。

いつもおなじ事ばかり書いていますが、とにかく寒いのと風が強いのと雨が降っているときは走りたくない。ここ2日ばかりこの3条件がそろってしまっていたので当然のようにランはサボりです。根性ナシなので…。

毎日のトレーニングを継続する根性はないくせになぜか超ロングなランを企画したがったりするのだから人間って不思議です。

思うに超ロング走って自分にとってムチャなことなんですよね、きっと。小学生の頃、そんな高いところから飛び降りたらケガしちゃうんじゃないかっていうところから飛び降りてみたくなったり、蜂の巣を棒で叩いて怒り狂って襲ってくる蜂の大群を相手にチャンバラしたりしたのと同じでイタい超人願望みたいな。こんなこと出来ちゃうオレってスゴいみたいな。(^^;) まぁただの自己満足です。

あと普段のランのように日常のなかでのつらさは耐えられないけれど、超ロング走…自分にとっての冒険…の中でのつらさは耐えられる。車でドライブに出かけるとき、いつも走っている街なかは走っていても全然楽しくないけど、景色の変わるところまでいくと俄然ドライブが楽しくなるみたいな。日常の中で受けるストレスはと違って、非日常で受けるストレスはそれ自体が新鮮な体験に感じるのかもしれない。

とボクが超ロング走を走りたくなる理由を自分なりに考えてみた。最近よく聞かれるので。(^^)

最近食べてばかりなので体重が元に戻ってしまいました。67kg…海部川までに62kgにするのが目標だったのになぁ。写真の回鍋肉定食美味でした。(^^)