スキップしてメイン コンテンツに移動

ウルトラのタイムはフルマラソン×3

ウルトラのタイムはフルマラソン×3

今春のウルトラの目標タイムはこの式を基準に考えていました。

ボクのフルマラソンのベストタイムは3時間17分台。このタイムを式に当てはめると9時間51分となりサブ10で走りきれる計算となります。しかし実際のウルトラマラソンのベストタイムは11時間40分台。逆にこのタイムからフルマラソンのタイムを逆算してみると3時間53分となります。知り合いのランナーのタイムをみてみるとこの式に近いタイムの方が多いので、どちらかというと式に当てはまらないボクのタイムが例外のようです。

フルのベストよりあきらかにウルトラのタイムが遅いということはオーバーペースで走っているということなんでしょう。途中でペースを維持できなくなってツブれてしまっているんです。思い当たることがありまくりです。

ウルトラに限らずフルマラソンでも傾向は一緒で、今回の海部川風流マラソンでもその傾向はありました。突っ込みすぎることを抑えたつもりですがそれでもまだまだ速いペース…自分の実力でフルを走りきれるペースではなかったのでしょう…途中できっちりツブれてしまいました。

海部川風流マラソンは目標としていたタイムを達成できず宿題が残ってしまいました。

3時間10分切り…
これが海部での目標タイムでした。

このタイム設定はウルトラの最終目標タイムを3分の1にしたタイムです。つまりウルトラの目標タイムは9時間30分。このタイムが目標タイムです。これとは別に春に必達としているタイムがあって、それは10時間30分。このタイムの3分の1で考えるならばフルマラソンは3時間30分で走る必要があります。

今回の海部川風流マラソン、3時間30分~3時間10分でフルを走りきる走力の確認をしておきたかったのですが、このどちらのタイムも達成することが出来ませんでした。

宿題を残してしまったのでせめて3月中に自分自身でフルマラソンの距離を走り、宿題を済ませようと思います。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。