スキップしてメイン コンテンツに移動

海部川風流の反省点と次への課題

今日は有休をいただいていたので、回復走のつもりで小松海岸までのいつものジョグコースを散歩ジョグしてきました。

海のすぐそばで育ったせいか、山、川、海ならば海が一番落ち着くのでコース取りはどうしても海の見える方向に走りたくなります。

破れた防砂ネット腰に見える海と空は蒼く、とても気持ちよい風景でした。並は低かったようでサーファーは誰もいませんでしたね。

脚の疲れは前頸骨筋とハムストリングスが筋肉痛になっています。走っている時は足の裏が若干痛かったんですがその痛みは消えていました。昨日は道具に頼ってみようと履きなれないターサーを履いて走ったので足裏が痛かったんだと思います。地面の反発を推進力に変えるシューズよりクッションがある程度効いていてダメージが少なくてすむシューズのほうが自分には合っているようです。

昨日の反省点ですが、下剤を飲んでしまった失敗はともかくとしてやはり3時間をしっかり走る練習が足りなかったですね。ロングを走っても誰かと一緒にLSD走をするだけでレースペースで走っていなかったので実際のレースで自分の力に見合ったペースを刻むことができなくなってしまったところがあります。何度か3時完走を試してみて3時間多くズレすることなく走りきれるペースをしっかりとみにつけておく必要があるのでしょうね。次回フルマラソンを走るときはその点に注意してトレーニングするつもりです。

さて次は(一応、ハーフマラソンもエントリーはしているのですが)チャレンジ富士五湖100km。ここが春の最大の目標レースです。フルマラソンのタイムの3倍がウルトラのタイムだとすると現状の走力では11時間となります。目標は10時間30分切り必達…やはりサブ10で走るほどの走力がないと必達できるとは思えません。10時間の3分の1は3時間20分。せめてフルを常にこのタイムで走りきれるようにならないといけませんね。

富士五湖まであと2ヶ月。次は失敗しないようにしっかり走りこみをしていきます。

このブログの人気の投稿

フォアフットランの練習には厚底シューズがオススメ

今年の故障の始まりはminimusでフォアフットをはじめたことだった。

今年の前半チャレンジ富士五湖までは大きな故障なく順調に走ることができていた。チャレンジ富士五湖完走後、次の課題としてスピードアップに取り組もうと考えた。

買ったのはニューバランスのminimusMR00。かかとにほとんどクッションのないこのシューズを使えば必然的に前足部だけを用いて走るようになり自然とフォアフットランが身につく…はずだった。

ミニベロが遅いなんて誰が言った!快適で最高な通勤自転車Bruno Minivelo 20 Road

諸事情があって通勤用のミニベロを購入しました。えぇ、たまたまタイミング的に購入事案が続いてしまっただけで宝くじが当たったわけではありません。

[徳島]本格派マフィンならココで決まり! 川内町のMUFFIN&SWEETS CIRU

あいかわらずドーナツをバクバク食べてるのですが今日はドーナツのお話じゃありません。マフィン!です。川内町にあるCIRUさんをご紹介。

マフィンってカップケーキとパウンドケーキあたりとの違いもよくわからないし、ケーキやドーナツみたいにひとつのジャンルとして確立していないイメージがあります。マフィン専門のお店ってあんまりないじゃないですか。